プレスリリース

  • 記事画像1

「横浜マリンタワー」運営事業の優先交渉権者に決定

(PR TIMES) 2018年10月16日(火)12時40分配信 PR TIMES

リストグループのリストプロパティーズ株式会社が運営

 グローカル総合不動産企業 リストグループの事業会社、リストプロパティーズ株式会社(代表取締役社長:北見尚之、本社:神奈川県横浜市、以下リストプロパティーズ)は、2018年10月15日に、横浜マリンタワー運営事業の優先交渉権者に決定いたしました。契約期間は2020年4月1日から2030年3月31日までを予定しております。
[画像: https://prtimes.jp/i/11000/62/resize/d11000-62-693867-0.jpg ]

 リストグループは2009年4月1日より、横浜市との定期建物賃貸借契約(10年間)を締結し、横浜マリンタワーの運営を行ってまいりましたが、契約期間の満了を迎えるにあたり、今年度行われた次期運営事業者の公募に応募いたしました。

 リストグループの提案は、今回の選定において、横浜市から「現運営をふまえた堅実な提案でありながら、同時に昨今のトレンドや地域の動きをふまえた提案である」と評価いただきました。以下、具体的な提案内容になります(一部抜粋)。

 まず、横浜マリンタワーの広場と広場からつながる横浜マリンタワー低層部の環境デザインです。「Tower in the Forest Garden」というテーマのもと、公園の広場のように横浜市民の方々が、ゆったりとした日常を過ごしてもらうための緑あふれる空間を創り上げていきます。また、内外から横浜を訪れる観光客の方々にも興味を持っていただくためのインパクトのある緑豊かなビジュアル表現を目指します。

 次に、ハード面だけではなく、ソフト面で横浜マリンタワーを訪れた人を楽しませる新しいコンテンツの提供です。30階の展望フロアには、「変化しつづける展望フロア」というコンセプトのもと、若い世代のメディアアーティストの作品を紹介し、横浜の風景と重ね合わせて楽しむ新しい映像空間を体験できる「メディアアート ギャラリー」を展開します。

 リストグループは、今後も地域貢献として地元エリアのさらなる活性化を目指し、運営事業に取り組んでまいります。

横浜市 文化観光局 発表ウェブサイト
http://www.city.yokohama.lg.jp/bunka/kancon/marine-koubo.html

【横浜マリンタワー】
開業日 :1961年1月15日
所在地 :横浜市中区山下町15番地
全長 :106m
1958年に横浜開港100周年記念事業の一環として、市民からの発意により建設が計画され、民間運営会社が設立。2006年に横浜市が開港150周年に向けて再生することを決定。2009年5月リニューアルオープン。

【リストプロパティーズ株式会社】
本社 :神奈川県横浜市中区尾上町 3-35 横浜第一有楽ビル 9 階
代表取締役社長 :北見 尚之(きたみ ひさし)
業務種目 :不動産賃貸事業等

【リストグループ*/持ち株会社:リスト株式会社】
創業 :1991年5月10日
売上高 :554億円(2017年度)
従業員数 :471名
代表   :北見 尚之(きたみ ひさし)
事業地域 :神奈川・東京・ハワイ・東南アジア・香港
URL :http://www.list.co.jp/
事業説明動画  :https://www.youtube.com/watch?v=04MOhp2zMvU
  1991 年、不動産仲介事業会社として創業し、仲介/販売、開発/分譲、投資、ファンド、各種マネジメントの事業領域を一貫して手掛け、 世界規模の不動産ネットワークと地域密着スタイルを強みとする“グローカル総合不動企業”として、2019 年までに売上 500 億円を目指して参ります。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る