プレスリリース

  • 記事画像1

OPPO Digital Japan株式会社

UDP-203ファームウェアアップデートのご案内

(PR TIMES) 2017年04月11日(火)10時41分配信 PR TIMES

人気のUHD BDプレーヤーが機能強化アップデート。モバイル端末からのリモート操作が可能に。

OPPO Digital Japan 株式会社(本社:東京都港区)は,UHD BDプレーヤーUDP-203につき,さらなる品質向上を目的としてファームウェアのアップデートを実施いたしました。今後とも,当社製品をご愛用賜りますようお願い申し上げます。
[画像: https://prtimes.jp/i/6935/62/resize/d6935-62-425116-0.jpg ]

機能追加の概要


内容は2017年4月10日現在のものであり,変更される場合があります。


今回のファームウェアアップデートについての重要なご案内


本ファームウェアを適用する場合,過去にリリースされた正式版およびベータ版のファームウェアに書き戻すことができなくなります。本ファームウェアを適用しても,将来の正式版およびベータ版のファームウェア適用に支障はありません。通常の利用において,お客様が過去のファームウェアに戻す必要は一切ございませんので,OPPO Digital社製品をお使いの際は常に最新のファームウェアをお使い頂きますようお願い申し上げます。
メジャーバージョンのファームウェアアップデートを適用する場合,ファームウェアアップデート後に工場出荷時にリセットする必要があります。ファームウェアアップデート後にリセットしないでご利用になると,不安定な状態となり正常な動作になりません。
本ファームウェアはJP仕様独自のファームウェアとなります。US仕様/EU仕様のBDプレーヤー製品には搭載されません。


機能追加の内容


UDP-20Xシリーズ用のコントローラーアプリ「MediaControl」に対応しました。本アプリにより,お使いのモバイル端末から当社製4K UHD Blu-rayプレーヤーをリモート操作することが可能です。本アプリは以下のデバイスにてご利用いただけます。

iPhone / iPad / iPod Touch
Android
Android (APK)
Amazon App


オーディオ出力設定に,S/PDIF出力時のDolby DigitalおよびDTS方式でのエンコード・オプションを追加しました。この設定項目はプレーヤー側で異なるオーディオフォーマットをDolby DigitalまたはDTS方式に再エンコードする際にご利用いただけます。
RGB PCレベルの色空間を使用した際の出力品質を向上させました。
HDMI入力からケーブルテレビまたはサテライトボックスを使用した際にフレームの欠落が生じることがある問題を解決しました。
HDMI入力使用時のA/V同期機能の性能を向上させました。
画角が4:3のコンテンツを再生した際にフルズームモードが適切にスクリーンサイズに反映されない問題を解決しました。
SMB方式でサーバーに接続した際の安定性を向上させました。
ディスクトレイを排出する際にプレーヤーが動作を停止してしまうことがある問題を解決しました。
全般的なUHD BDディスクその他のディスクの再生互換性を向上させました。

過去のファームウェアで追加された全ての機能と改善点は本バージョンに搭載済みです。
本件の詳細は以下のWebページからご確認いただけます。
http://www.oppodigital.jp/support/firmware/download-bdp-20x/

以上

<会社概要>
OPPO Digital Japan 株式会社
〒107-0062 東京都港区南青山2 丁目11 番13 号
代表番号:03-6206-4712
FAX 番号:03-6779-5481
Web サイト:http://www.oppodigital.jp/
オンラインショッピングサイト:http://store.oppodigital.jp/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る