プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

第3回 料理レシピ本大賞 準大賞 受賞作 待望の続編!

(PR TIMES) 2016年11月29日(火)11時01分配信 PR TIMES

クスッと笑えて癒される★ 大人気シリーズ最新刊 『ズボラーさんのたのしい朝ごはん』2016年12月2日(金)発売!


[画像1: http://prtimes.jp/i/3336/62/resize/d3336-62-542077-0.jpg ]



*++*――*++*――*++**++*――*++*

【書籍情報】
書 名:ズボラーさんのたのしい朝ごはん
料 理:小田真規子 文:大野正人
定 価:本体1,280円+税
ISBN:978-4-905073-69-7
判 型:A5 128頁

*++*――*++*――*++**++*――*++*


★ ある夜、「朝ごはん」から手紙が届いて… ★

 この本は、第3回 料理レシピ本大賞準大賞を受賞した 『一日がしあわせになる朝ごはん』の続編。読んでくださった方から、 続編を希望する声がたくさん届き、さらにパワーアップした一冊になりました。
 朝が弱いという人も、気持ちよくパチッと目が覚める方法があります。それは「最高においしい朝ごはん」という目覚ましを用意すること。
 夜に「明日の朝は何食べよう?」と想像する、という新しい習慣を提案するのが本書です。


*++*――*++*――*++**++*――*++*

★ 読者からの声
「本当におもしろかったです!! 最後のページ、感動して泣いてしまいました」(29歳・女性)
「大人の私だけでなく、6歳の息子もすごく興味を持って“コレ食べたい”とリクエストしてくれ、 コミュニケーションもとれて楽しめました」(34歳・女性)
「自由な感じが良い&楽しい!  こういう本を待っていた」(39歳・女性)
「普通の料理本には感じない 絵本を読んでいるようなワクワク感が この本の最大の魅力だと感じました」(34歳・女性)
「ズボラーさんのコメントに吹き出したり、 うんうん、とうなずいたり。 イラストにも癒やされます」(43歳・女性)

*++*――*++*――*++**++*――*++*


 第2弾は、より楽しく、よりおもしろく、 オリジナルメニューを充実させました。
「朝ごはん、食べる時間で、二度寝する」
 こんな方でも、サッとふとんから飛び出したくなる、楽しくて新しい朝ごはんアイデアをたっぷりご紹介します。

夢に出てくるフルーツサンド
なんちゃってコンポート
美肌、お通じ、集中力のおまけつきサラダ
定番から斬新まで、おにぎり55連発
肩の力が抜けていくハーブ雑炊

 これで、いつもの朝ごはんのマンネリから脱出!
 朝からテンションを上げるための「おしゃれな盛り付け方」 「スタイリングのコツ」まで載ってます。


【内容紹介】

[画像2: http://prtimes.jp/i/3336/62/resize/d3336-62-726183-3.jpg ]

「別世界ホットサンド」
 焼く前と焼いた後では、別世界級においしさが違う、ホットサンド特集です。
 美しい断面をつくるポイントは、「半分に切ってから焼く」こと。焼いてから切ると断面が潰れてしまいますが、こうすることで、チーズがとろ〜り、野菜の層がバッチリ見える、見た目もおいしいホットサンドが作れます。

[画像3: http://prtimes.jp/i/3336/62/resize/d3336-62-214421-1.jpg ]


「おにぎり55連発」
 身近な材料なのに、組み合わせを変えるだけでこんなに新しい味に! おすすめは、こしょう+粉チーズ。塩をふたつまみふった白いおにぎりに、こしょうと粉チーズをまぜたものをまぶしつけるだけ。粉チーズの脂肪分とこしょうのスパイシーさがマッチして、具がないのに勢いよく完食してしまうおいしさです。
 ほかにも、たくあん+マヨネーズ+七味、おかかじょうゆ+ナッツ、ねぎ+コンビーフなど、試してみたい組み合わせをたっぷり紹介。

[画像4: http://prtimes.jp/i/3336/62/resize/d3336-62-539780-2.jpg ]

「体の芯からぽかぽかスープ」
 寒い日の朝。がんばってふとんから這い出たあなた。でも、もう1つハードルがありました。そう、玄関です。
 寒すぎて家を出るのがツラい。そんな朝、背中を押してくれるのがこのスープ。豆乳キムチスープなど、1杯飲んでおけば外に出るのも怖くないくらい、カイロいらずのぽかぽか感をキープできます。行ってらっしゃい!


*++*――*++*――*++**++*――*++*

【章構成】
月曜日のスイッチ朝ごはん
片手で食べる朝ごはん
◯◯するだけ朝ごはん
元気が目覚める朝ごはん
おしゃれで可愛い朝ごはん

*++*――*++*――*++**++*――*++*

【著者情報】
小田真規子(おだ まきこ)
料理家、栄養士。スタジオナッツを主宰し、レシピ開発やフードスタイリングの他、中学校技術・家庭教科書(平成28年度)の料理監修などさまざまな食のニーズに携わる。「誰もが作りやすく、健康に配慮した、簡単でおいしい料理」をテーマに著書は100冊に上り、料理の基本とつくりおきおかずの本は、ベストセラーに。雑誌「オレンジページ」「エッセ」や、NHKテレビ「あさイチ」では定期的にコーナーを担当、わかりやすいレシピにファンも多い。著書に『料理のきほん練習帳(1・2)』(高橋書店)、『つくりおきおかずで朝つめるだけ! 弁当(1〜4)』(扶桑社)、『手間をかけずに この「ほめ言葉」が聞こえるレシピ』(文響社)、本書の第1弾『一日がしあわせになる朝ごはん』(文響社)は2016年料理レシピ本大賞in Japan準大賞を受賞。

大野正人(おおの まさと)
文筆家。絵本作家。論理的かつ深い視点から、誰にでもわかりやすく執筆する技術を持ち、携わった書籍の累計売上は300万部を超える。児童書『こころのふしぎ なぜ? どうして?』(高橋書店)を含む「楽しく学べるシリーズ」は累計200万部を突破。著書に『夢はどうしてかなわないの?』『命はどうして大切なの?』(汐文社)など。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る