• トップ
  • リリース
  • ヤオ・ミン氏とイエ・リー夫人、「マジェスティック・プリンセス」の命名大使に就任

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社カーニバル・ジャパン

ヤオ・ミン氏とイエ・リー夫人、「マジェスティック・プリンセス」の命名大使に就任

(PR TIMES) 2017年06月21日(水)16時34分配信 PR TIMES

母港への入港を祝い、7月9日に上海で開催する就航記念式典にて公式に命名

世界最大のインターナショナル・プレミアムクルーズラインであるプリンセス・クルーズは、ヤオ・ミン氏とイエ・リー夫人が中国におけるプリンセス・クルーズの命名大使に就任、就航記念式典で新造船「マジェスティック・プリンセス」を公式に命名することを本日発表しました。
[画像: https://prtimes.jp/i/12778/61/resize/d12778-61-471071-0.jpg ]


マジェスティック・プリンセスでは、ローマから廈門までの航海中、海洋での伝統に基き、数週間にわたる祝賀行事が行われ、中国の伝統芸能や現代パフォーマンス、また西洋文化を取り入れた公演が披露されています。そして、その祝賀ムードが頂点に達する7月9日、上海に入港するマジェスティック・プリンセスで、就航記念式典が開催されます。

プリンセス・クルーズのプレジデントであるジャン・スワーツは次のように述べています。「ヤオ・ミン氏とイエ・リー夫人が、私たちの申し出を快諾し、新造船マジェスティック・プリンセスを中国に迎えるにあたって、中国でのプリンセス・クルーズの命名大使に就任していただけることを大変光栄に思います。ヤオ・ミン氏が中国とアメリカで収めた功績は世界的に知られており、国際的なクルーズラインである弊社の精神“東洋と西洋の出会い”をまさに体現しています」。

ヤオ・ミン氏とイエ・リー夫人は上海生まれで、共にバスケットボールの元中国代表選手です。ヤオ・ミン氏は英雄的な存在で、世界で最も知られているアスリートの一人であり、バスケットボールのグローバル・アンバサダーを務め、またNBAオールスター・ゲームに8回選出、最近ではNBAの殿堂入りも果たしました。

夫妻は、2008年に中国の四川省で発生し、壊滅的な被害をもたらしたマグニチュード8.0の大地震に対応して、「ヤオ・ファンデーション」を設立しました。ヤオ・ファンデーションは、地域内の23の学校建設に資金を提供し(「ヤオ・ファンデーション 希望小学校」)、現在では「ヤオ・ファンデーション 希望小学校バスケットボール・シーズン」プロジェクトを通じて、中国の地方の若い世代に対してスポーツ教育の提供に取り組んでいます。ボランティアを選定し、スポーツ教育とバスケットボールのトレーニングを支援するほか、地方の小学校でバスケットボールのリーグを組織することにより、生徒たちがチームスポーツを学び、健康の増進を図りながら成長できるようサポートしています。今年10 周年を迎える「ヤオ・ファンデーション チャリティ・イベント」は、中国で最大かつ最長の、最も影響力のあるスポーツ・チャリティ・イベントになりました。2017 年7 月30 日には、香港でヤオ・ファンデーション チャリティ・イベントのトーナメント大会が開催されます。

ヤオ・ミン氏は、次のように述べています。「プリンセス・クルーズの新造船であるマジェスティック・
プリンセスを命名の機会をいただいたことは、とても光栄です。プリンセス・クルーズも中国の青少年
の育成について深く配慮していることに感銘し、またヤオ・ファンデーションに対する支援を大変感謝
しています。私たち自身も、中国における最新客船であるマジェスティック・プリンセスで、休暇を過
ごすことをとても楽しみにしています。」

マジェスティック・プリンセスは、プリンセス・クルーズが誇る、インターナショナルで温かいおもて
なしを提供し、最高のクルーズバケーションをお約束します。この新しい客船では、レストラン「ハー
モニー」と「ラ・メール」にて、ミシュランの星を獲得したシェフによる2 つのスペシャリティ・ディ
ナー・メニューを提供するほか、最新技術を駆使した、ミュージカルと映画の要素を盛り込んだプロダ
クション・ショー「ファンタスティック・ジャーニー」を上演します。客室には、米国医師会認定の睡
眠のエキスパート、マイケル・ブレウス博士の協力のもと開発された「プリンセス・ラグジュアリー・
ベッド」が設置されています。

また、プリンセス・クルーズは、ディスカバリー・コミュニケーションズ、カリフォルニア・サイエン
ス・センター、およびマサチューセッツ工科大学(MIT)とスタンフォード大学の教育者が共同開発し
た子供向けの双方向教育プログラム「キャンプ・ディスカバリー」を導入。このプログラムは、子供た
ちの創造性と学習意欲を刺激し、早期学習に基づく教育と成長を促すように設計されています。

マジェスティック・プリンセスは、現在、ローマから上海に向けて、古代中国の絹貿易の海上ルートを
たどる「海のシルクロード」50 日間を航行しています。航行中にはアテネ、ドバイ、コーチン、シンガ
ポール、ポート・ケラン(クアラルンプール)、廈門、横浜、大阪を含む合計22 港に寄港し、最終的に
上海ウーソンコウ国際クルーズターミナルに入港します。そして、2017 年7 月11 日には、上海を母港
とするシーズン最初のクルーズをスタートさせます。

マジェスティック・プリンセスは、2018 年に世界中のお客様にご利用いただける上海からシンガポール
を巡る「グランド・アジア15 日間」を2 本運航します。このクルーズでは、日本、韓国、ベトナム、
タイなどに寄港し、香港では長めの滞在をお楽しみいただけるよう、深夜に出港します。1 本目は2018
年2 月25 日に上海を出発、2 本目は2018 年3 月11 日にシンガポールを出発します。

さらに、プリンセス・クルーズでは、2018 年9 月から2019 年3 月の間、オーストラリア発着クルーズ
を実施します。マジェスティック・プリンセスにて、シドニーからオークランドを巡る、7 日〜14 日間
のクルーズを予定しており、ニュージーランド、タスマニア、フィジー、その他南太平洋の島々に寄港
します。

プリンセス・クルーズについて
世界最大の国際的なプレミアムクルーズラインであるプリンセス・クルーズは、現在 17 隻の近代的な
客船を運航する、世界的なクルーズ会社。革新的なデザインの客船で、食事やエンターテイメント、施
設の豊富な選択肢を、上質なカスタマーサービスとともに提供。世界的なクルーズ会社のリーダーとし
て、年間200万人のゲストを世界の360以上の目的地に向けて、3泊から 111泊の日程でバラエティ豊か
な150以上のクルーズを運航。
プリンセス・クルーズは、カーニバル・コーポレーション& plc (NYSE/LSE:CCL; NYSE:CUK)傘下の会社。

ヤオ・ファンデーションについて
ヤオ・ファンデーションは、2008 年5 月12 日に中国の四川省で発生し、壊滅的な被害をもたらしたマ
グニチュード8.0 の四川大地震を受け、国際的なNBA スター選手であるヤオ・ミン氏が中国の子供達に
対し、教育の提供、スポーツの習得、健全な発育、そして自尊心の確立を目的として、2008 年6 月に設
立しました。ヤオ・ファンデーションは、22 の希望小学校と特別支援学校1 校の建設に資金を提供し、
10,000 人以上の子供達を支援してきました。“ヤオ・ファンデーション チャリティゲーム”と“「ヤオ・
ファンデーション 希望小学校バスケットボール・シーズン」プロジェクト”は主なプロジェクトで、
地方の510,000 人以上の子供達にバスケットボール習得の機会を提供しています。


プリンセス・クルーズの主な受賞歴


米国のトラベル関連のウエブサイト「USA トゥデイズ10 ベスト.com」リーダーズ・チョイス・アワード2016 においてベスト・オーシャンクルーズライン賞第1 位、ベスト・クルーズシップ ダイニング部門にてロイヤル・プリンセスが第1 位、ベスト・クルーズシップ エンターテイメント部門にてリーガル・プリンセスが第一位、ベスト・クルーズシップファミリー向け客船部門にクラウン・プリンセスが第2 位、リーガル・プリンセスが第3 位、ロイヤル・プリンセスが第6 位を受賞
米国クルーズ誌大手「ポートフォール・クルーズ・マガジン」リーダーズ・チョイス・アワード2016にて、ベスト・中米コース、ベスト・南太平洋コース、ベスト・オンボード・ショッピング、ベスト・シグネチャー・カクテルを受賞
英国クルーズ誌最大手「クルーズ・インターナショナル」主催「クルーズ・インターナショナル・アワード2016」において、「ベスト・クルーズ・ライン賞」を三年連続で受賞
米国トラベル誌最大手「トラベル・ウィークリー」の「トラベル・ウィークリー・リーダーズ・チョイス・アワード2015」にて「ベスト・クルーズ・ライン・イン・アラスカ」を2015 年12 月に受賞。(9 年連続の受賞)。米国でのベストクルーズラインであることが評価され「ベスト・ドメスティック・クルーズ・ライン」を同時に受賞
米国のトラベル関連のウエブサイト「レコメンド」が主催する「リーダーズ・チョイス・アワード2015」にて、ベストクルーズライン クルーズコース部門賞を2014 年に引き続き2015 年12 月に受賞
「2015 トラベル・ウィークリー・アジア・リーダーズ・チョイス・アワード」のサービス・エクセレンス・カテゴリーでベスト・クルーズ・ライン賞を、2015 年10 月に受賞


【国内での受賞】

日本の歴史あるクルーズ誌「クルーズ」の読者投票「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」において2014年度、2015年度、2016年度と、プリンセス・クルーズが「外国船社部門第1位」、客船『ダイヤモンド・プリンセス』が「外国船部門第1位」、「総合部門第3位」を三年連続で受賞
神戸市におけるクルーズ振興に貢献した功績が評価され、神戸市より「Cruise Line of Excellence」を2016年11月に受賞
第1回「ジャパン・ツーリズム・アワード」で、観光関連産業部門の部門賞を、2015年8月に受賞
日本水先人会連合会が選ぶ「ベストクオリティーシップ2014」を、2015年6月に受賞 日本外航客船協会主催「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2014」において、プリンセス・クルーズの日本発着クルーズが「グランプリ」受賞


プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る