プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社ダイナム

【業界初】400店舗達成-業界NO.1店舗数を更新-

(PR TIMES) 2017年05月01日(月)17時35分配信 PR TIMES

全国チェーン型パチンコホールを展開する株式会社ダイナム (本社:東京都荒川区西日暮里 代表取締役:森 治彦、以下ダイナム)は、2017年4月29日(土・ 祝)に千葉県、栃木県、岩手県、大分県の4県に合計5店舗を新規同時オープンし、パチンコホール業界初めてとなる400店舗を達成いたしました。
今回の新規出店により、ダイナムの店舗数は404店舗(沖縄県を除く46都道府県)、株式会社ダイナムジャパンホールディングスグループ(以下:DYJHグループ)の合計では450店舗となり、当社の持つ業界最多店舗数を更新いたしました。(図1.)

■社会のニーズに対応した「低貸玉営業」の推進
公益財団法人日本生産性本部が発行する「レジャー白書2016」によると、2015年のパチンコ・パチスロへの参加人口は、前年比80万人減の1,070万人とされ、ピーク時3,000万人といわれた参加人口は、現在1,000万人程度で推移している状況です。参加人口とは逆に、年間平均費用(1人当たり年間活動費用の平均)は、ここ数年上昇を続けており、パチンコの高額化、高射幸性に依拠した営業は、パチンコユーザーの減少にのみならず、社会問題となっています。

ダイナムでは、2007年に低貸玉の専門店「ダイナムゆったり館」ブランドを立ち上げ、全国展開するなど、1円パチンコに代表される低貸玉営業を業界に先駆けて推進してまいりました。現在、低貸玉の設置台数は、全国平均がパチンコ46.4%、パチスロ23.2%であるのに対し、ダイナムでは、それぞれ70.5%、55.0%まで普及しております。(図2.)

今後も社会とお客様のニーズに対応し、地域のインフラとしてパチンコを誰もが気軽に安心して楽しめる「日常の娯楽」に改革するため、低貸玉営業を拡大していきます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/13913/60/resize/d13913-60-368530-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/13913/60/resize/d13913-60-582406-1.jpg ]

■高貸玉店舗 主な呼称:ダイナム
高貸玉機が大部分を占めており、ホールでの喫煙も可能です。夢コーポレーション株式会社が運営する10店舗および株式会社キャビンプラザが運営する2店舗を含んでいます。

■低貸玉店舗 主な呼称:ダイナムゆったり館、ダイナム信頼の森
主に低貸玉機を展開し、景品の品揃えが充実しています。ホールでの喫煙が可能な「ゆったり館」、指定の喫煙エリアを除いて全面禁煙となっている「信頼の森」、夢コーポレーション株式会社が運営する28店舗、および株式会社キャビンプラザ運営の7店舗を含んでいます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/13913/60/resize/d13913-60-617923-2.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る