• トップ
  • リリース
  • 日本における「摂食障害」の正しい認知・理解の浸透を目指し専門協会を設立 日本摂食障害協会 設立発表会のお知らせ

プレスリリース

株式会社ミュゼプラチナム

日本における「摂食障害」の正しい認知・理解の浸透を目指し専門協会を設立 日本摂食障害協会 設立発表会のお知らせ

(PR TIMES) 2016年05月24日(火)14時47分配信 PR TIMES

6月2日(木)政策研究大学院大学にて開催

 全国に185店舗(※1)のサロンを展開し、店舗数・売上No.1(※2)美容脱毛専門サロン『ミュゼプラチナム』を運営する株式会社ミュゼプラチナム(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:沼田 英也)が提携・活動支援している一般社団法人 日本摂食障害協会は、6月2日(木)に設立発表会を実施いたします。
 なお、同日は世界初の「世界摂食障害アクションディ2016」も併せて開催されます。この取り組みは、摂食障害で苦しむ方やそのご家族、専門家や研究者、サポーターらが国境を越えて団結し、摂食障害の啓発と支援活動を世界中で同時に行うもので、2016年が第一回目の開催となります。

 ミュゼプラチナムは、美容とヘルスケアの分野から女性の未来を守ることを目指し、本活動を支援するとともに、今後、摂食障害に関する共同調査等の取り組みを実施する予定です。


日本摂食障害協会 設立発表会 実施概要

■開催日程 2016年6月2日(木)
■実施時間 16:00〜18:00 (報道受付15:30〜)
■会場   政策研究大学院大学 1階 想海楼ホール(東京都港区六本木7-22-1)
■登壇者  一般社団法人日本摂食障害協会 理事長  生野照子
      一般社団法人日本摂食障害協会 理事   鈴木眞理、西園マーハ文
      株式会社ミュゼプラチナム   営業部長 鎌田真理子

■プログラム
 ・日本摂食障害協会のご紹介
 ・経験者からのメッセージ
 ・調査報告:摂食障害の認識調査 〜摂食障害の誤解と真実〜
 ・パネルディスカッション:摂食障害の現在と今後のアクション


(※1)店舗数は2016年4月末日時点
(※2)店舗数・売上No.1(2015年7月調査時点/美容脱毛売上比率50%以上を専門店と定義)東京商工リサーチ調べ


「世界摂食障害アクションディ2016」とは

 世界で初の取り組みとなる「世界摂食障害アクションディ2016」は、アメリカの摂食障害協会 AED(Academy for Eating Disorders)と全米の摂食障害患者支援団体13団体が昨年5月に発表した「摂食障害に関する9つの真実」(*)に基づく啓発活動です。

 摂食障害は、軽症のものも含めると、若い女性の約1割は拒食症や過食症などの摂食障害の症状を持っていると考えられています。治療を受ければ回復します。しかし、治療をしないでいると命に関わる合併症が起こったり、身長が伸びない、骨粗鬆症、歯の喪失などの後遺症が残るほか妊娠や出産にも影響することがあります。摂食障害の症状や治療については、まだ正しく理解されていません。

 また、欧米などにはすでに歴史のある多くの摂食障害センターがあるにもかかわらず、患者の多発国である日本には専門施設がないため、患者・家族の皆さまが医療難民になってしまっているという問題があります。

 一般社団法人 日本摂食障害協会とミュゼプラチナムでは「世界摂食障害アクションディ2016」に参加することで摂食障害への理解と周知を深めることを目指すとともに、摂食障害で苦しむ方やご家族が医療や支援につながりやすい社会にすべく活動してまいります。

(*)「摂食障害に関する9つの真実」

真実1:多くの摂食障害をもつ患者さんは表面上は健康そうに見えても、実は内面で非常に病んでいることが多くあります。

真実2:摂食障害は家族のせいで引き起こされるわけではありません。むしろ、患者さんが治療を受ける上で、家族は、患者さん、医療従事者の一番の協力者になりえます。

真実3:摂食障害という病気は、個人の生活に、あるいは家族全体の生活に大きな健康上の影響を与えます。

真実4:患者さんは摂食障害になりたくてなっているわけではありません。これは深刻な生物学的要因が影響している病気です。

真実5:摂食障害とは、性別、年齢、人種、民族、体型、体重、性的嗜好、経済力、社会的地位によらず、すべての人々に起こりえる病気です。

真実6:摂食障害を患っている人の自殺の危険性は高く、また身体合併症を併発する危険性も高くなります。

真実7:生まれ持った遺伝的要因と、生まれ育った環境的要因の両方が、摂食障害を発症させる過程に大きく関与しています。

真実8:遺伝子からだけでは、誰が摂食障害を発症するのかを予測することはできません。

真実9:摂食障害から完全に回復することは可能です。早期発見、早期介入することが非常に大切となります。


翻訳/摂食障害ホープジャパン  www.edrecoveryjapan.com
Facebook:www.facebook.com/ea/ngdisorderlosangeles
Twitter:@edhopejapan


本件に関するお問い合わせ

(株)ミュゼプラチナム 広報・PR担当 青沼・柳沼
TEL:03-3486-2097 FAX:03-3486-2081

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る