• トップ
  • リリース
  • STAR CHANNEL MOVIES作品『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』第14回シネマ夢楽部 ベストシネマ賞 第2位を受賞!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社スター・チャンネル

STAR CHANNEL MOVIES作品『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』第14回シネマ夢楽部 ベストシネマ賞 第2位を受賞!

(PR TIMES) 2017年03月07日(火)19時32分配信 PR TIMES


 
[画像: https://prtimes.jp/i/8010/60/resize/d8010-60-287986-0.jpg ]

 スターチャンネル(株式会社スター・チャンネル:東京都港区・代表取締役社長:小坂恵一)による、映画レーベルSTAR CHANNEL MOVIES作品と公開され、異例のロングランヒットを記録した話題作、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』。
 本作品が、一般財団法人日本ファッション協会が主催する「第14回シネマ夢楽部」にて、【ベストシネマ賞 第2位】を受賞し、表彰式が3月3日(金)に開催されました。本賞は2016年に国内で公開された新作映画の中から、邦洋画の区別をせず推薦委員がベストシネマ上位3作品を選定しております。
 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』は、昨年7月にスターチャンネル30周年作品として劇場公開され、全国93館で上映される大ヒットとなりました。その後、スターチャンネルで昨年11月に独占放送し、好評を博しました。本作の受賞のお知らせとともに、どうぞ今後のSTAR CHANNEL MOVIES作品のラインナップにご期待ください。

<『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』STORY>1940〜50年代のハリウッド黄金期最高の脚本家ダルトン・トランボ。当時、冷戦の影響により米社会を席巻していた共産主義者弾圧(赤狩り)によって、その標的となったトランボは、投獄され、順風満帆の人生が暗転する。しかし、トランボは、釈放後、偽名を使い、秘密裏に『ローマの休日』『黒い牡牛』などの物語を書き続け、二度もアカデミー賞を受賞、その功績により1970年にはWGA(全米脚本家組合)より功労賞を授与されることになる。実話をもとにした社会派ドラマでありつつ、トランボの家族愛、そして映画への熱い情熱が伝わるヒューマンドラマの傑作。

<STAFF&CAST>【監督】ジェイ・ローチ 【出演】 ブライアン・クランストン/ダイアン・レイン/エル・ファニング/ヘレン・ミレン/ジョン・グッドマン ほか/124分 ■配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES (※2016年7月22日公開作品)

<※“STAR CHANNEL MOVIES” とは?>映画館でもTVでもスターチャンネルが厳選した良作を“をコンセプトに、映画専門チャンネルであるスターチャンネルが、世界中から厳選した映画のラインナップ。映画館で公開し、その後最速で独占放送します!

株式会社スター・チャンネル URL: http://star-ch.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る