プレスリリース

  • 記事画像1

ヤンセンファーマ株式会社

役員人事に関するお知らせ

(PR TIMES) 2015年11月30日(月)15時36分配信 PR TIMES

米ジョンソン・エンド・ジョンソン(以下J&J)の医療用医薬品日本法人、ヤンセンファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、以下ヤンセン)は、代表取締役社長 ブルース・グッドウィンの2015年12月31日付の退任と、後任として、現在ヤンセン オーストラリア・ニュージーランドを統括するマネージング・ディレクターであるクリス・フーリガンの2016年1月1日付での代表取締役社長就任についてお知らせいたします。
[画像: http://prtimes.jp/i/6157/60/resize/d6157-60-392677-1.jpg ]



ブルース・グッドウィンは、ヤンセン・ファーマスーティカ社に入社後、イギリスのヤンセン・シラグ社、J&Jグループのセールス&マーケティング部門およびファイナンス部門など、J&Jおよびヤンセンにて30年以上の勤務経験を有し、2013年10月から現在までヤンセンにて代表取締役社長を務めています。

後任のクリス・フーリガンは、製剤開発、生産管理、サプライチェーンなどの経験を積んだ後、メルク・シャープ&ドーム・オーストラリアに入社、営業職やマーケティング業務を経験し、2005年2月にヤンセン-シラグ・オーストラリアに入社しました。その後、米国本社での精神疾患領域グローバル・マーケティングリーダー、ヤンセン・ニュージーランド、ヤンセン・ベトナムのカントリー・マネージャーを経て、2012
年10月からヤンセン オーストラリア・ニュージーランドのマネージング・ディレクターを務めています。

ブルース・グッドウィンは2016年1月1日付で、ヤンセン オーストラリア・ニュージーランドのマネージング・ディレクターに就任します。


ヤンセンについて

我々ヤンセンは、現代においてもっとも重要な「いまだ満たされない医療ニーズ」への対応と解決に力を注いでいます。これには、がん、免疫疾患、精神・神経疾患(中枢神経・疼痛)、感染症・ワクチン、代謝・循環器疾患が含まれます。患者への貢献という強い意思に基づき、革新的な製品、サービスを開発提供し、健康問題の解決に努め、世界中の人々を支援しています。ヤンセンファーマ株式会社は、ヤンセンファーマシュ―ティカルグループのひとつです。

【本件に関するお問合せ先】
ヤンセンファーマ株式会社 コミュニケーション&パブリックアフェアーズ部
担当:篠原乙記 E-mail: JP-PR@its.jnj.com TEL:03-4411-5046 FAX: 03-4411-5050

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る