プレスリリース

ヴァレオグループ

ヴァレオジャパン 広島営業所を移転・増強

(PR TIMES) 2016年07月29日(金)19時10分配信 PR TIMES

株式会社ヴァレオジャパン(東京都渋谷区、代表取締役社長 齋藤隆次)は、広島営業所(広島県広島市)を移転するとともに陣容を拡大すると発表しました。
当社は従来より広島市東区に営業所を構えていますが、このたび事業の拡大に対応するために新営業所に移転の上、体制を拡充し顧客へのサポートを強化することとなりました。新事務所は8月1日より稼働いたします。



名称 :  株式会社ヴァレオジャパン 広島営業所
業務開始日 : 2016年 8月1日
住所 : 〒732-0828  広島市南区京橋町9-21 三共京橋ビル6F
Tel: 03-5465-5894  Fax: 03-5465-5909
※本社と共通の電話システムを使用する関係上、市外局番が03となります。
以上

ヴァレオグループ
自動車部品サプライヤーであるヴァレオは、世界の全自動車メーカーのパートナーです。高い技術力を持つヴァレオは、CO2 排出量の削減と直観的なドライビングの発展に貢献する革新的な製品とシステムを提供します。2015年度のヴァレオグループの売上高は約145億ユーロであり、OEM売上の10%以上を研究開発に投資しました。ヴァレオは、32カ国に148カ所の工場、19カ所の研究センター、35カ所の開発センター、15カ所の物流センターを構え、約88,800人の従業員を擁しています。ヴァレオはパリ証券取引所に上場しており、CAC40指数に採用されています。

日本におけるヴァレオグループ
ヴァレオの日本における歩みは、1985年12月の日本法人設立から始まりました。現在、(株)ヴァレオジャパン、ヴァレオユニシアトランスミッション(株)からなる日本のヴァレオグループ2社は、日本国内に9カ所の生産拠点、3カ所の研究開発センターを構え、約2,800人の従業員を擁しています。また、ヴァレオは自動車用ランプ事業において市光工業(株)と事業提携し、日本におけるアフターマーケット製品の販売においてPIAA(株)とビジネスパートナーシップを締結しています。

株式会社ヴァレオジャパン 概要
本社: 東京都渋谷区元代々木町30-13
拠点: 江南工場(埼玉県)、邑楽工場(群馬県)、安中工場(群馬県)、九州工場(福岡県)、中津工場(大分県)、茨城工場(茨城県)、城南工場(茨城県)、秋田工場(秋田県)、つくばテクノセンター(茨城県)、
CJP/IVN本部(東京都)、豊田営業所(愛知県)、広島営業所(広島県)、浜松営業所(静岡県)、宇都宮オフィス(栃木県)
代表者:  代表取締役社長 齋藤 隆次
資本金:  91億円
従業員数: 2,600人
事業内容:自動車関連システムおよび部品の研究開発、製造、販売

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る