プレスリリース

  • 記事画像1

Booking.com Japan K.K.

ブッキング・ドットコム、国内での掲載数が1万軒を突破

(PR TIMES) 2017年01月10日(火)19時01分配信 PR TIMES

インバウンド需要ばかりでなく、国内利用者数が急進!

[2017年1月10日:日本発表] 世界最大のオンライン宿泊予約サイト Booking.com (ブッキング・ドットコム)の日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:アダム・ブラウンステイン 以下:ブッキング・ドットコム)は、2016年末までに同サイトの国内施設の掲載数が、1万軒を超えたと発表しました。
[画像: https://prtimes.jp/i/15916/59/resize/d15916-59-679785-0.jpg ]

湯元 吉祥(宮城県) 2017年1月よりブッキング・ドットコムに掲載

ブッキング・ドットコムは、1日平均100万泊以上の予約がされている世界最大のオンライン宿泊予約サイトで、近年の日本ブームでアジアや欧米からの訪日客の国内宿泊予約において予約数を大きく伸ばしており、高い需要を背景に、国内の宿泊施設との契約を大幅に増やしています。

また、2016年は、初めて日本人のブッキング・ドットコムの利用実績において国内での利用が海外での予約の数を上回りました。

現時点での、国内施設タイプの内訳としては、シティホテルが約40%、旅館が約19%、ビジネスホテルが約13%、その他ゲストハウスや別荘、リゾートホテルなどで28%となっています。

日本地区統括リージョナル・マネージャーのアダム・ブラウンステインは、次のように語りました。「当面の目標であった国内登録施設数1万軒突破を達成することが出来、大変嬉しく思います。昨年は、訪日客の利用者ばかりでなく、多くの国内利用者を大きく伸ばすことができました。ブッキング・ドットコムで利用いただける施設は世界で110万軒以上。国内での1万軒というマイルストーンは、まだまだ通過点。今後も現在100名の営業体制を強化し、国内外のお客様の利便性が更に上がるよう施設の数ばかりでなく、クオリティも同時に追求してまいりたいと思っています」。

日本におけるブッキング・ドットコム
2009年に渋谷に最初のオフィスを開設。現在約330名の従業員が日本国内のオフィスで働いており、内160名がインハウスのカスタマーサービスのスタッフです。国内に、6つのオフィス(東京に2ヶ所、大阪、福岡、札幌、沖縄)があります。現在、国内では約10,000軒以上の宿泊施設の予約が可能(2016年10月時点)です。

Booking.com(ブッキング・ドットコム)について
ブッキング・ドットコムは、ホテルをはじめとする様々な宿泊施設のオンライン予約における世界的なリーダーです。独立系の小規模宿泊施設から5つ星の豪華ホテルまで、お客様の旅行スタイルやニーズに合った宿泊施設を、最安値保証かつ予約手数料無料でご提供しています。当社の予約サイトは、40以上の言語に対応しており、パソコン、スマートフォン、タブレットなど様々なデジタル機器からいつでもどこでもアクセス可能で、227の国と地域、9万6,000ヶ所以上の目的地、そして108万軒以上の宿泊施設(うち約52万軒は長期滞在型宿泊施設)の宿泊予約が可能です。また、実際に宿泊施設に泊まったユーザーだけが投稿できるクチコミを1億700万件以上掲載しており、観光・レジャー、ビジネスでのご利用と幅広いお客様のニーズに対応する宿泊予約サイトです。19年を超える経験をもとに、世界各国・184のオフィス、1万3,000名以上の社員、日本語を含む多言語で対応する24時間対応のカスタマーサービスが、お客様に最高の宿泊体験を提供するべく日々努力しています。

1996年に設立した、Booking.com B.V.はBooking.com™(http://www.booking.com)の運営会社で、The Priceline Group(NASDAQ: PCLN)グループのメンバーです。さらに詳しい情報は、http://www.booking.comをご参照ください。また、Twitter、Instagram、Facebook、Pinterestの公式アカウントを開設しています。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る