• トップ
  • リリース
  • マニュライフ生命、2年連続で「UCDAアワード」特別賞を受賞

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

マニュライフ生命保険株式会社

マニュライフ生命、2年連続で「UCDAアワード」特別賞を受賞

(PR TIMES) 2016年10月20日(木)14時08分配信 PR TIMES

お客さまにより伝わりやすく 注意喚起情報の改善が評価


マニュライフ生命保険株式会社(代表執行役社長兼CEO:ギャビン・ロビンソン、本社:東京都新宿区、以下「マニュライフ生命」)はこのほど、一般社団法人 ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会が主催する「UCDA アワード 2016」の生命保険分野・注意喚起情報部門で特別賞を受賞しました。UCDA アワードは、企業・団体が発信するさまざまな情報媒体のコミュニケーションデザインを表彰するもので、マニュライフ生命は2年連続、二度目の受賞となります。

受賞対象は、当社の商品『Prosperity 定期保険』の注意喚起情報です。見出しをより具体的にわかりやすく表示し、箇条書きで文章を改善しました。また、参照箇所の明示、重要度に合わせた強調や、お客さまにとっての見やすさに配慮したデザインを用いています。今回の受賞では、一般消費者、特にご高齢の方からの評価が高いことや、読みやすい文章に改善されたことが評価されました。

マニュライフ生命では、パンフレットなどの資料について、お客さまへの伝わりやすさを基準としたガイドラインを作成し、さまざまな部門が垣根を越えて協力して改善を行なっています。お客さまを中心に捉えた当社の取り組みが、今回の受賞につながったものと考えています。今後も、お客様目線でサービスの向上に努めてまいります。

受賞理由
● 一般消費者の総合評価が高く、特に高齢者から高い支持があった
● 見出しをより具体的にわかりやすく表示し、内容を箇条書きにするなどして文章の改善を図っている


[画像1: http://prtimes.jp/i/14784/59/resize/d14784-59-904666-0.jpg ]


[画像2: http://prtimes.jp/i/14784/59/resize/d14784-59-785914-1.jpg ]


マニュライフ生命について
マニュライフ生命は、125年以上の歴史を持ち、カナダを本拠とする大手金融サービスグループ、マニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーション(マニュライフ)のグループ企業です。プランライト・アドバイザー(自社営業職員)、金融機関、代理店の3つの販売チャネルを通じて、法人ならびに個人のお客さまへ、先進的な商品と質の高いサービスを提供しています。ブランド・スローガン「今日を生きる。明日をひらく。」のもと、お客さまが自ら健康で豊かな未来を切りひらいていくためのサポートをしています。詳細はホームページ(www.manulife.co.jp) をご覧ください。

マニュライフについて
マニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーション(マニュライフ)は、世界有数の大手金融サービスグループです。米国においてはジョン・ハンコックのブランドで、その他の地域ではマニュライフとして事業を行い、お客さまの資金や金融面における重大な決断をサポートする先進的なソリューションをご提供しています。マニュライフは個人・団体・機関投資家のお客さま向けに、ファイナンシャル・アドバイスや保険、資産運用・形成のための商品やサービスをご提供しています。2015年末現在、マニュライフは世界中で34,000人の職員と63,000人のエージェントおよび数千の販売パートナーを擁し、2,000万人のお客さまに商品やサービスをご提供しています。マニュライフの管理運用資産は、2016年6月末現在およそ9,340 億カナダドル(7,180 億米ドル)です。また、過去1年の間にお客さまにお支払いした保険金、給付金および利息は254億カナダドル超となりました。マニュライフは主にカナダ、米国、アジアで100年以上にわたって事業を展開しています。カナダのトロントに本拠を置き、トロント証券取引所、ニューヨーク証券取引所およびフィリピン証券取引所においては「MFC」の銘柄コードで、また、香港証券取引所では「945」で 取引されています。詳細はウェブサイト(www.manulife.com) をご覧ください。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る