• トップ
  • リリース
  • リスクを抑えた目標IRR(利回り)5.6%の資産運用「エコの輪太陽光発電ファンド第11号」が募集開始!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

リスクを抑えた目標IRR(利回り)5.6%の資産運用「エコの輪太陽光発電ファンド第11号」が募集開始!

(PR TIMES) 2016年12月27日(火)13時18分配信 PR TIMES

太陽光発電事業を中核とした再生可能エネルギーの普及促進を展開している株式会社エコスタイル(代表取締役社長:木下公貴、本社:東京都千代田区)は、2016年12月19日より「エコの輪太陽光発電ファンド第11号」の募集を開始しました。
今回募集を行う11号ファンドは、「優先出資型ファンド」として出資募集を行い、劣後出資部分は当社が出資いたします。優先出資は目標IRR(利回り)5.6%、目標分配率123.3%となっており、さらに「買取りオプション」が付くことで元本割れを起こすリスクの低減を目指したファンドとなっております。
[画像1: https://prtimes.jp/i/12501/59/resize/d12501-59-881030-0.jpg ]
              
                      ◆詳細URL http://xn--u9j8eta8b2g0c5k8952e.com


【太陽光投資ファンドの魅力】

 日本では、現在の定期預金の平均金利が0.014%*と、長らく超低金利が続いております。年金不安が叫ばれる中、大切なお金を低金利の預貯金に眠らせるのではなく、将来に備えた資産運用が求められています。「エコの輪ファンド」は、目標IRR(利回り)5%以上という強みだけでなく、下記のような特徴があります。

*300万円未満、期間1年の定期預金の平均年利率(2016年12月14日 日本銀行発表)


★安定収益・高利回り
「固定価格買取制度」により、太陽光発電は20年間にわたり安定した収益が期待できます。

*固定価格買取制度:再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を、国が定める固定価格で一定の期間 電気事業者に調達を義務づける制度。

★全てお任せ
運用は全てお任せできるので、他の投資商品と比較すると投資テクニックや煩わしいことなしで高利回りを得られます。

★地球環境保護や地域貢献にも
太陽光発電ファンドへ投資することは、再生可能エネルギーの普及促進となり未来の地球環境を守ることに繋がります。また、当ファンドの発電所は、停電や災害等の非常時に地域の非常用電源として開放されるため、地域にも貢献しています。


【エコの輪 太陽光発電ファンド11号 概要】

[表: https://prtimes.jp/data/corp/12501/table/59_1.jpg ]



【エコの輪ファンドとは】
[画像2: https://prtimes.jp/i/12501/59/resize/d12501-59-296491-2.jpg ]

●太陽光発電の販売施工で実績を積み重ねたエコスタイルが、組成から販売後のメンテナンスまでトータルに運営するファンド商品です。

●「固定価格買取制度」に基づき発電した電気を電力会社に売却し、得られた売電収入等から出資者への分配を実施します。

●これまで募集を行ったエコの輪ファンドは、設備費用や施工費用といった初期の設置コストを抑えることで、売電単価が下がっても目標IRR(利回り)5%*以上のご提供が実現しています。


【優先出資型ファンドとは?】

 優先出資型ファンドとは、ひとつのファンドを優先出資部分と劣後出資部分に分け、損益の分配や金銭の返還に順位を設けたファンドです。お客様には優先出資者として投資していただくことで、劣後出資者に優先して利益の分配を受けることができます。これにより投資資金の回収を早め、リスクの低減を目指します。

【11号ファンドより登場!「買取オプション」とは?】

 買取オプションとは、5年経過後(6年目の期初)に私募取扱者(株式会社エコスタイル)が優先出資者(お客様)のファンドの持分を、あらかじめ設定された価格で買い取る選択権のことをいいます。この買取オプションは、当初の目標分配率(買取りによる譲渡代金を含む)に達していた場合は行使され、運用が5年で完了となります。目標分配率に達していない場合は買取オプションが行使されず、目標分配率(135%)に達するまで運用が継続します。(最長20年)

[画像3: https://prtimes.jp/i/12501/59/resize/d12501-59-627547-3.jpg ]

 予測通りに発電すれば買取りオプションが行使され、5年で運用が完了する計画です。

*上記はあくまで計画であり、実際の分配額は変動します。


<リスク・手数料等について>
■主なリスクについて 当ファンドの出資対象事業である太陽光発電事業は日照、災害等自然環境により収益が変動します。また、機器の故障・性能の低下、諸費用の増加等により、当初想定したよりも費用が増加し、収益性が低下するおそれがあります。当ファンドは、出資対象事業の成果等により損失(元本欠損)が生じることがあります。出資対象事業を行う営業者の経営・財務状況、当該事業を取り巻く環境の変化等により損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。また、当ファンドは中途解約ができず、また、持分の譲渡には一定の制約があり、ほかの有価証券のように自由に転売できない等流動性が低いというリスクがあります。

■手数料等について お申込みの出資金額が50万円に満たない場合、申込手数料として金3,000円を頂戴します。出資金及び申込手数料の払込みに係る銀行振込手数料はお客様の負担となります。また、持分の譲渡時には譲渡手数料として譲渡口数に関わらず金5,000円及び消費税相当額をお支払い頂きます。また、お客様の出資金の払込みが遅延し、契約が解除された場合は解約手数料として申込金額の6%及び消費税相当額が徴求される場合があります。なお、出資者は出資金及び事業から生じる収益から出資対象事業に要する手数料、費用等(営業者報酬を含む)を間接的に負担することになります。

■ご留意事項について この表示は当ファンドの募集(私募)に関する情報をお知らせするものです。当ファンド及び営業者に関する詳細な情報(リスク・手数料等を含む)は契約締結前交付書面に記載されています。当ファンドの契約をご検討される場合には、弊社から契約締結前交付書面をお渡ししますので、必ずご覧ください。


【会社概要】
[画像4: https://prtimes.jp/i/12501/59/resize/d12501-59-548009-4.jpg ]

社名   株式会社エコスタイル
所在地  東京本社:東京都千代田区丸の内1丁目4番1 号 丸の内永楽ビルディング20階
     大阪本社:大阪府大阪市中央区道修町1丁目4番6号 ミフネ道修町ビル3階
設立   2004 年 10 月 5 日
資本金  3 億円
代表者  代表取締役社長 木下 公貴
事業内容 太陽光発電システム販売・施工、電力小売事業、
     再生可能エネルギーファンド募集事業、再生可能エネルギー発電事業
URL   http://www.eco-st.co.jp/


本件に関するより詳しい内容をご希望でしたら、お気軽にお問い合わせください。

◇取材依頼・お問い合わせ先
株式会社エコスタイル 大阪経営企画室 広報担当 TEL:0120-633-715



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る