• トップ
  • リリース
  • 観光とIT(ビッグデータ)を組み合わせ地域創成を!新サービス並びに観光ビッグデータ事業部設立のお知らせ:株式会社オープントーン

プレスリリース

  • 記事画像1

観光とIT(ビッグデータ)を組み合わせ地域創成を!新サービス並びに観光ビッグデータ事業部設立のお知らせ:株式会社オープントーン

(PR TIMES) 2017年05月16日(火)13時40分配信 PR TIMES

株式会社オープントーンでは従来よりの、ビッグデータ処理ノウハウを生かし、観光や地域創成のためのIT基盤構築・運営支援事業を新たに事業部として創設いたしました。

株式会社オープントーン(本社:東京都千代田区)は、従来からの大量データ・トランザクション処理のノウハウを生かし、観光・地域創成分野に特化したIT基盤開発・コンサルティング、運用支援の新サービスの提供を開始しました。観光・地域創成分野ではすでに多くのIT基盤構築事例・ノウハウを有しており、新事業部による新サービスとしてより多くの事業者様、公共機関、各種団体様に2017年5月より提供させていただきます。
 


[画像: https://prtimes.jp/i/9292/59/resize/d9292-59-491520-1.jpg ]

当社の観光ビックデータ事業への進出は、前述の大量データの処理・解析・保管といった運用ノウハウやシステム構築能力を提供し、観光立国を目指す社会全体へのフィードバックを目指してまいります。
さらにはそうした、IT基盤に従来より当社のもつノウハウを用い決済や交通、流通の様々なITサービス・システムも組みわせ、統合的な観光IT基盤事業へと進出いたします。
観光立国の事業推進に向けてITを用い、多くの事業者様、公共機関・団体様への貢献に積極的に取り組んでまいります。

 観光分野では国内全域で、インターネット化・Web化が進んでおります。結果、膨大な予約・決済情報をはじめとする「人・金の動き」に加え、観光・地域創成分野での情報提供が活発化しリアル・バーチャルでの訪問者、利用者なども急増しています。
 延べ3億人に上る国内需要の消費者に加え、政府目標の訪日外国人4000万人(2020年)に向けて、外国人旅行者の膨大なデータが旅行関連産業やインターネットサービス業に蓄積されております。
 しかしながら、観光・地域創成分野の事業者様や公共機関・団体様にはビッグデータに関する処理・解析・運用ノウハウの不足。あるいは、システム開発に関する遂行能力の不足から「ビックデータを生かし事業へとフィードバックする」ところには至っていないという御相談を近年非常に多くいただいてまいりました。
 そうした御相談に対して、株式会社オープントーンでは2015年より数多くの事業に取り組まさせていただいてまいりました。
 今回さらにこうした多くの観光・地域創成関連のITエンジニアリングに関する事例・ノウハウを生かし今後さらなる多くの事業者様、公共団体・機関様にIT基盤構築支援サービスを提供すべく、新規事業分として事業展開をさせていただきます。


★観光ビックデータ事業部設立のお知らせ
http://www.opentone.co.jp/news/topics/170428/index.html

★会社概要
会社名 :株式会社オープントーン
http://www.opentone.co.jp/
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-5-2 須田町佐志田ビル6F
設立 :平成15年2月17日
代表者 :佐藤 大輔
従業員数:50名 (平成29年4月現在)
資本金 :1,500万円

★本件に関するお客様からのお問い合わせ先
株式会社オープントーン
観光ビックデータ事業部:営業窓口
E-mail:sales@opentone.co.jp
TEL : 03-4530-6222 FAX : 03-6368-4458

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る