• トップ
  • リリース
  • 自動運転システムのテストエリアで最新のテストカーを体験!ヴァレオジャパン・つくばテストコース1dayインターンシップを開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

ヴァレオグループ

自動運転システムのテストエリアで最新のテストカーを体験!ヴァレオジャパン・つくばテストコース1dayインターンシップを開催

(PR TIMES) 2016年07月19日(火)15時11分配信 PR TIMES


[画像1: http://prtimes.jp/i/4446/59/resize/d4446-59-978862-1.jpg ]



株式会社ヴァレオジャパンは、8月26日に自動運転車のテストやスイッチ・センサーの設計・実験などを行う同社つくばテクノセンター(茨城県つくば市)にて、大学生・院生を対象に自動緊急ブレーキ、自動駐車などADAS(先進運転支援システム)の開発現場を見学・体験する「ヴァレオ・つくばテストコース1dayインターンシップ」を開催します。

ヴァレオは、自動車部品、システムとモジュールの設計開発、生産、販売を専門とする独立系の企業グループであり、CO2 排出量の削減と車をよりスマートにする直観的なドライビングに貢献する技術開発に積極的に取り組んでいます。このプログラムでは、つくばテクノセンター施設見学とテストエリアでの先進運転支援システムのテストカーの体験、テレマティクス、バーチャルキーシステムInBlueの実演、開発エンジニアからの説明、課題演習やグループワークなどを行います。

1dayインターンシップの会場となるつくばテクノセンターは、ヴァレオのコンフォート&ドライビングアシスタンスビジネスグループの研究開発センターです。従来はトップコラムモジュールや各種スイッチの設計、試作、実験、量産化を担ってきましたが、運転支援や自動運転技術への開発ニーズの高まりに応えるために、つくばテクノセンター内に自動運転車のテストエリアを今年1月に設けました。ヴァレオジャパンがつくばテクノセンターで学生向けのインターンシップを開催するのは今回が初めてです。

株式会社ヴァレオジャパン取締役コンフォート&ドライビングアシスタンスシステム ジャパン・アセアン事業部長の秋山勝司は、「ヴァレオは、直観的なドライビングに貢献するテクノロジーを開発しており、運転支援・自動運転の分野でのグローバルなキープレーヤーの一社です。ヴァレオジャパンは日本のカーメーカーのニーズに迅速に対応し、技術開発を加速させるために、日本における運転支援・自動運転の研究開発体制を強化しています。このインターンシッププログラムによって、学生の皆さんに自動運転の開発現場を身近に関していただく機会になることを願っています」と語りました。

                            記

日時:    8月26日(金) 10 :00受付開始 10:30〜17:00
募集人数:  理系学部、大学生・院生 15名程度
会場:  株式会社ヴァレオジャパン IVN事業部つくばテクノセンター
       〒305-0842 茨城県つくば市柳橋104-2
アクセス:  つくばエクスプレスつくば駅集合、駅からつくばテクノセンターまで送迎
スケジュール(予定)
10 :00     受付開始
10:30〜11:00 会社紹介
11:00〜12:00 つくばテストコース&つくばテクノセンター施設見学
12:00〜13:00 昼食
13:00〜15:00 自動緊急ブレーキ、自動駐車など、先進運転支援システムのテストカー実演
15:00〜16:30 テレマティクス、バーチャルキーシステムInBlueの実演
開発エンジニアからの説明、課題演習やグループワーク
16:30〜17:00 まとめ
応募方法:  下記の必要事項を記入し、japan-hr.mailbox@valeo.com 宛にメールで申し込み
氏名、フリガナ、E-mail、郵便番号、住所、TEL、大学名、学部名、学科名
希望者多数の場合は、選考あり
締切: 8月19日(火)
学生申し込み・問い合わせ先: ヴァレオジャパン 人事部
Tel. 03-5465-5743  E-mail  japan-hr.mailbox@valeo.com

ヴァレオグループ
自動車部品サプライヤーであるヴァレオは、世界の全自動車メーカーのパートナーです。高い技術力を持つヴァレオは、CO2 排出量の削減と直観的なドライビングの発展に貢献する革新的な製品とシステムを提供します。
2014年度のヴァレオグループの売上高は約127億ユーロであり、OEM売上の10%以上を研究開発に投資しました。ヴァレオは、29カ国に133カ所の工場、16カ所の研究センター、34カ所の開発センター、15カ所の物流センターを構え、約81,200人の従業員を擁しています。ヴァレオはパリ証券取引所に上場しており、CAC40指数に採用されています。

日本におけるヴァレオグループ
ヴァレオの日本における歩みは、1985年12月の日本法人設立から始まりました。現在、(株)ヴァレオジャパン、ヴァレオユニシアトランスミッション(株)(合弁会社)からなる日本のヴァレオグループ2社は、日本国内に9カ所の生産拠点、3カ所の研究開発センターを構え、約2,800人の従業員を擁しています。また、ヴァレオは自動車用ランプ事業において市光工業(株)と事業提携し、日本におけるアフターマーケット製品の販売においてPIAA(株)とビジネスパートナーシップを締結しています。

株式会社ヴァレオジャパン 概要
本 社:   東京都渋谷区元代々木町30-13
事業所:   本社(代々木)、江南工場(埼玉)、邑楽工場(群馬)、安中工場(群馬)、
       九州工場(福岡)、中津工場(大分)、CJP RO/IVN本部(大森町)、
つくばテクノセンター(茨城)、茨城工場(茨城)、城南工場(茨城)、
       秋田工場(秋田)、豊田営業所(愛知)、広島営業所(広島) 、
浜松営業所(静岡)、 宇都宮オフィス(栃木)
代表者:   代表取締役社長 齋藤 隆次
資本金:   91億円
従業員数: 約2600名
事業内容: 自動車関連システムおよび部品の研究開発、製造、販売

株式会社ヴァレオジャパン つくばテクノセンター 概要
所在地:  〒305-0842 茨城県つくば市柳橋104-2
設立:    1961年5月
敷地面積:  38,800m2
従業員数: 152名

[画像2: http://prtimes.jp/i/4446/59/resize/d4446-59-615830-2.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る