• トップ
  • リリース
  • 中野京子がヴェルサイユ宮殿の美術品からマリー・アントワネットの素顔を読み解くイベント

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社NHK出版

中野京子がヴェルサイユ宮殿の美術品からマリー・アントワネットの素顔を読み解くイベント

(PR TIMES) 2016年12月07日(水)17時58分配信 PR TIMES

NHK出版では『美術品でたどる マリー・アントワネットの生涯』(NHK出版新書/9月10日発売/税込1080円)の著者・中野京子さんを迎え、青山ブックセンターにてトークイベントを開催いたします。
[画像1: http://prtimes.jp/i/18219/58/resize/d18219-58-180829-1.jpg ]

ヴェルサイユに収蔵されている美術作品に表現されているさまざまな内容、シンボルを、作家・独文学者の中野京子さんが鮮やかに読み解いてゆき、本当のマリー・アントワネットを明らかにしてゆく、というのが今回のイベントです。
http://www.aoyamabc.jp/culture/antoinette/

わずか14歳で結婚、37年で生涯を閉じた悲劇のヒロイン、マリー・アントワネット。フランスの栄華をきわめた歴史のなかで、最も魅惑的な人物として語り継がれる彼女の真実の姿とは?

長年アントワネット研究をしている中野京子さんの視点だからこそ浮かび上がってくる“すっぴん”のマリー・アントワネットに、ぜひ会いに来てください。

取り上げる作品は、現在開催中の「ヴェルサイユ宮殿〈監修〉 マリー・アントワネット展」(六本木・森アーツセンターギャラリーにて。2017年2月26日まで)で鑑賞することができます。


[画像2: http://prtimes.jp/i/18219/58/resize/d18219-58-564450-0.jpg ]

中野京子(なかの・きょうこ)
作家・独文学者。著者に『「怖い絵」で人間読む』『印象派で「近代」を読む』(ともにNHK出版新書)などの「怖い絵」シリーズ、「名画の謎」シリーズ、『ヴァレンヌ逃亡』『名画で読み解くロマノフ12の物語』『名画で読み解くハプスブルク家12の物語』『名画で読み解くブルボン王朝の12の物語』、最新刊に『新 怖い絵』など。訳書にツヴァイク『マリー・アントワネット』など。


中野京子から学ぶ マリー・アントワネットの素顔
〜美術品が語る。王妃、37年の激動の人生

日時 2016年12月18日(日)14:00〜 (開場13:30)
※トーク終了後、サイン会あり
会場 青山ブックセンター本店・大教室
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F
TEL 03-5485-5513 営業時間: 10:00〜22:00
■地下鉄 表参道駅B2出口 徒歩7分/JR 渋谷駅 (東口 / 宮益坂側) 徒歩13分

入場料 1,944円(税込)
定員 110名
http://www.aoyamabc.jp/culture/antoinette/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る