• トップ
  • リリース
  • ラオス・ベトナム・タイで学校校舎建設を支援。「教育格差の解消に寄与する」という企業理念の元、CSRの一環として国際教育支援を実施。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社フォーサイト

ラオス・ベトナム・タイで学校校舎建設を支援。「教育格差の解消に寄与する」という企業理念の元、CSRの一環として国際教育支援を実施。

(PR TIMES) 2016年10月14日(金)10時24分配信 PR TIMES

3国・4校舎の建設を支援しています。

行政書士や社労士などの難関資格の取得を目的とした通信講座を運営する株式会社フォーサイト(東京都文京区/代表取締役社長:山田 浩司)は、ラオス・ベトナム・タイで学校建設を支援するため、認定NPO法人 アジア教育友好協会 AEFA(東京都千代田区/理事長:谷川 洋)を通じて支援金の寄付を行ったことをご報告いたします。
■ フォーサイトが国際教育支援を行う理由
「あらゆる人に質の高い教育を平等に提供する」ことがフォーサイトの企業理念です。資格通信教育事業を主な事業領域として、2016年9月には大学受験事業に参入。教育格差の解消に寄与することを目指します。弊社の理念を広く実現するために、アジア諸国で教育支援を行っています。

2015年にラオスで学校建設・教員養成支援のため、資金援助を行いました。2016年には新たにラオスでもう1校舎、ベトナム・タイでも校舎建設を支援することとなりました。3国で実施している学校建設プロジェクトの詳細をお伝えいたします。


[画像1: http://prtimes.jp/i/10596/58/resize/d10596-58-292955-5.jpg ]

2016年3月に完成したラオス・ドンニャイ村中学校の校舎


■ ラオス ドンニャイ高等学校校舎建設
場所:ラオス人民民主共和国サラワン県ラオガム郡ドンニャイ村
支援内容:高等学校校舎建設(6教室)、黒板・机・椅子など備品、トイレ、井戸建設。
スケジュール:2016年8月着工。2016年12月完成予定。
現地の教育需要の高まりにより、更なる校舎の新設を求める声を頂きました。新たにもう1棟の校舎建設プロジェクトを支援しています。
[画像2: http://prtimes.jp/i/10596/58/resize/d10596-58-447834-2.jpg ]

ラオス・ドンニャイ村の位置
ラオス第2の都市パクセーから車で約2時間


[画像3: http://prtimes.jp/i/10596/58/resize/d10596-58-837953-7.jpg ]

[画像4: http://prtimes.jp/i/10596/58/resize/d10596-58-157808-8.jpg ]

ドンニャイ高校建設の様子


■ ベトナム タップガイC小学校校舎建設
場所:ベトナム社会主義共和国チャビン省ティウカン郡タップガイC
支援内容:小学校校舎建設(4教室)、黒板・机・椅子など備品。
スケジュール:2016年8月、着工。2016年12月、竣工予定。
現在ある校舎は、1980年代に建設され老朽化が激しく、子どもたちが満足に勉強できない状況になっているため、校舎を新設します。


[画像5: http://prtimes.jp/i/10596/58/resize/d10596-58-681521-1.jpg ]

ベトナム・タップガイの位置
ホーチミンから車で約4時間


[画像6: http://prtimes.jp/i/10596/58/resize/d10596-58-106968-3.jpg ]

[画像7: http://prtimes.jp/i/10596/58/resize/d10596-58-137064-4.jpg ]

着工式の様子。東大生アルバイトも研修で参加。


■ タイ ソプラーン中学校校舎建設
場所:タイ王国チェンマイ県オムゴイ郡ソプラーン
支援内容:中学校校舎建設(3教室+1教師室)、黒板・机・椅子など備品。
スケジュール:2017年1月、着工。2017年6月、竣工予定。
少数民族が多く居住しているタイ北部山岳地帯は、交通の便が悪く経済力も低く、平地・都市部との格差は広がる一方です。中学校がなかった地域に校舎を新設することで、教育環境の改善を図ります。


[画像8: http://prtimes.jp/i/10596/58/resize/d10596-58-185330-6.jpg ]

タイ・ソプラーンの位置
タイ北部チェンマイから車で約5時間の山間部


[画像9: http://prtimes.jp/i/10596/58/resize/d10596-58-438536-9.jpg ]

[画像10: http://prtimes.jp/i/10596/58/resize/d10596-58-845597-0.jpg ]

現在の小学校の様子。中学校に通える機会を作る。


────────────────────────

■株式会社フォーサイト 会社概要
【本社所在地】東京都文京区本郷6-17-9 本郷綱ビル1階
【事業内容】教育・学習支援業(資格の通信教育講座、書籍出版、販売)
【取扱資格】行政書士、社労士、宅建、FP、簿記など
【資本金】7,267万円(資本準備金2,767万円)2015年7月現在
【設立】1993年4月 【代表者名】山田浩司
【従業員数】160名(パート・アルバイト・専任講師等を含む)2016年8月現在

────────────────────────

【フォーサイトとは】

■成長を続ける「通信教育」に特化した学校
フォーサイトは、行政書士や社会保険労務士など主に難関資格の取得を目的とした講座を運営する通信教育の学校です。2016年9月、大学受験講座を開講し、高校生への教材提供を始めます。
「通信教育」に特化することで、学習環境で問題になる、経済的・地理的格差、時間の制約、教育の質の偏り、それらをすべてクリアにし、多くの方へ学びの機会を提供しています。

■高い合格率とリーズナブルな価格の実現
毎年受講生に行う各資格試験合格率の調査ではどの講座も、全国平均よりも高い合格率をマークしています。「上質な教育の“リーズナブルな価格”での提供」は、厳しい金銭的制約の中過ごした苦学生時代に、数々の夢をあきらめてきた苦難の経験を持つ代表山田の強い想いが込められています。
※2015年度「社会保険労務士試験」フォーサイト受講生合格率7.9%、全国平均合格率の3.04倍
「宅地建物取引士試験」フォーサイト受講生合格率60.9%、全国平均合格率の3.95倍
(自社アンケート調査による)

■テキストに連動した講義は自社の専用スタジオで撮影
雰囲気・デザインの異なる複数のスタジオを備えることで、受講生の集中を途切れさせない効果もあります。2015年12月に新スタジオを開設。テレビ番組の収録も行われるほど本格的なスタジオが稼働しています。

【TOPICS】

■日本最大の電子黒板を備える撮影スタジオが完成!
2015年12月、日本最大サイズとなる292インチ相当、高さ2m以上、幅6m以上の壁面全面に電子黒板を設置。既存のスタジオに加え、新設スタジオを稼働させることで講義映像の表現がより多彩になりました。


[画像11: http://prtimes.jp/i/10596/58/resize/d10596-58-794550-10.jpg ]


■累計受講者数15万人を突破!
2004年(通信講座販売を開始)以降、受講者数の平均伸び率122%を記録。2016年9月、累計受講者数15万人を突破しました。受講生の増加と、高い合格率の維持を同時に実現しています。


[画像12: http://prtimes.jp/i/10596/58/resize/d10596-58-107948-11.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る