• トップ
  • リリース
  • 【「週刊少年サンデー」連載】奇才漫画家 × 【「Qさま!!」で初出場・初優勝!】天才女子大生による異色のビジネス書

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

【「週刊少年サンデー」連載】奇才漫画家 × 【「Qさま!!」で初出場・初優勝!】天才女子大生による異色のビジネス書

(PR TIMES) 2016年11月22日(火)12時43分配信 PR TIMES

『 LIFE<ライフ> 人間が知らない生き方』 2016年11月25日(金)発売

本書は、「生き物たちの知られざる生態」から「人間が生き残るための習慣や戦略」を、「漫画」で学ぼう、という趣旨の、従来にはなかったまったく新しいタイプのビジネス書です。そんな本書の特徴を、3つのポイントで紹介をさせていただきます。
[画像1: http://prtimes.jp/i/3336/58/resize/d3336-58-960582-8.jpg ]

★:。・:*:・゜' ☆,。・:*:♪・゜' ★:。・:*:・゜' ☆,。・:*:♪・゜'
【書籍概要】
書 名: LIFE<ライフ> 人間が知らない生き方
価 格:1,430円+税
著 者:麻生羽呂×篠原かをり
ISBN:978-4-905073-62-8
判 型:A5並製 216頁
★:。・:*:・゜' ☆,。・:*:♪・゜' ★:。・:*:・゜' ☆,。・:*:♪・゜'

[画像2: http://prtimes.jp/i/3336/58/resize/d3336-58-111113-5.jpg ]


Point1
「動物の生存戦略」から「人間の生き方」を考える
 地球の歴史を1年のカレンダーにたとえると、人類の祖先「猿人」が生まれたのは12月31日のこと。つまり、私たち人間は「種」としてまだまだ若く、それゆえに、「生き方」が他の生物と比べて定まっていません。そこで、他の動物がどんな生存戦略で生きているのか、教師として、時に反面教師として学ぼうというコンセプトの作品です。
 ペンギン、ネコ、ハダカデバネズミ、ライオン、イルカ、ラーテル、ナマケモノ、ダンゴムシ、カンガルーなど……全20種類の生き物が登場し、「漫画」と「詳細な解説」で、彼らの生存戦略を紹介していきます。
[画像3: http://prtimes.jp/i/3336/58/resize/d3336-58-778077-6.jpg ]


これ、
甘えてるんじゃ
ありません!

ネコ


Point2
生物学偏差値105の天才女子大生による原案圧倒的な知識量!
 漫画の原案、また解説を担当してくれたのは、篠原かをりさん。彼女は現在、慶應大学に通う現役女子大生にして、「生物学偏差値105」という前代未聞のスコアをたたき出した「生物学オタク」です。2016年10月放送の「Qさま!!」3時間スペシャル(テレビ朝日)では初出場・初優勝を飾り、高校時代から「高校生クイズ」に2年連続出場など、その膨大な知識から「へぇ〜!」「なんで!?」という話を大放出してくれます。ちなみに、キャラクターも超強烈! テレビ番組への出演オファーが止まらず、2017年大ブレイク間違いなしの注目株です。

[画像4: http://prtimes.jp/i/3336/58/resize/d3336-58-719787-7.jpg ]


イルカが
ジャンプする
3つの理由とは?

イルカ


<収録知識のごく一例>


カンガルーは前にしか進めない
パンダの消化器は草食に適応していない
キリンは恐ろしく強く、ライオン数頭では倒せない
カピバラが走ると、ウサイン・ボルトより早い


Point3
プロの連載漫画家が手がけた、哲学的な内容
 この本のもう一人の著者、麻生羽呂さんは週刊少年サンデーにて連載した「今際の国のアリス」(全18巻、2016年に完結)を代表作に持つプロ漫画家。「無類の旅好き」という漫画家らしからぬ一面を持つ麻生さんは、その人間観察力と深い洞察で、生き物と人間のリアルな世界を演出していきます。



出る杭は打たれる(が、出る杭が世の中を変える)
ペンギンの教え



[画像5: http://prtimes.jp/i/3336/58/resize/d3336-58-878967-1.jpg ]

[画像6: http://prtimes.jp/i/3336/58/resize/d3336-58-958900-2.jpg ]

[画像7: http://prtimes.jp/i/3336/58/resize/d3336-58-239221-3.jpg ]



★:。・:*:・゜' ☆,。・:*:♪・゜' ★:。・:*:・゜' ☆,。・:*:♪・゜'
[画像8: http://prtimes.jp/i/3336/58/resize/d3336-58-204313-4.jpg ]


麻生羽呂 あそう・はろ
関西大学工学部生物工学科入学。大学5年次に中退、漫画家を志す。2008年『週刊少年サンデー』にて『呪法解禁!! ハイド&クローサー』を連載。2010年、同誌にて『今際の国のアリス』を連載開始し、2016年に全18巻で完結した。高い画力と、取材を通して描かれるリアルな人間像に定評があり、『今際の国のアリス』は、エンターテイメントと哲学性を両立した稀有な作品として大きな評価を得た。無類の旅好きで、同業者からは「漫画家らしからぬ漫画家」と呼ばれる。好きな動物はオオヤマネコ(理由は、生涯旅をし、同じ道を二度と通らないと言われているから)。

篠原かをり しのはら・かおり
横浜雙葉高等学校卒業後、慶應義塾大学環境情報学部に入学。生き物をこよなく愛し、大学の研究テーマは昆虫タンパク。家庭でも約300匹の昆虫、タランチュラ、イモリ、ヤモリ、ウーパールーパー、ハムスター、マウスなどを飼育。生物に関する膨大な知識と偏愛ぶりが話題を呼び、『アウト×デラックス』、『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』などに出演。また、クイズ女王として『高校生クイズ』、『Qさま!!』にも出演し、『Qさま!!』では学力王優勝を果たす。処女作は、『恋する昆虫図鑑〜ヒトとムシの恋愛戦略〜』(第10回出版甲子園グランプリ受賞企画)。本作では、ネタ出しと解説を担当した。好きな動物は、ラブラドールレトリバー(理由は、初めて飼ったペットで、すべてが愛らしかったから)。

★:。・:*:・゜' ☆,。・:*:♪・゜' ★:。・:*:・゜' ☆,。・:*:♪・゜'



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る