• トップ
  • リリース
  • 廣池千九郎生誕150年記念経済・経営シンポジウム東京会場開催

プレスリリース

廣池千九郎生誕150年記念経済・経営シンポジウム東京会場開催

(PR TIMES) 2016年10月31日(月)09時47分配信 PR TIMES


麗澤大学創立者である、廣池千九郎(ひろいけ・ちくろう、1866〜1938)の生誕150年記念事業の一環として経済・経営シンポジウムを6月19日(日)の福岡会場に続き、来る11月13日(日)に東京会場にて開催いたします。
廣池千九郎は、日本が経済的苦境にあった昭和初期に、各層の会社経営者に対して、「道徳と経済は本来一体であり、常に一致すべきである」(道徳経済一体思想)と呼びかけました。一人でも多くの経営者が、高い道徳性を持って事業を行うことが、社会の真の安全と幸福につながると説いたのです。時を越えた現代において、その重要性は不変であるばかりか、ますます高まっています。
本シンポジウムでは、基調講演に麗澤大学学長の中山理(なかやま・おさむ)、パネルディスカッションに道徳的経営を推進する経営者3氏が登壇し、企業の暖簾を守り継ぐために、いかにして「信用(徳)」を培うべきかを、道徳経済一体思想をもとに、議論を深めていきます。

■ 開催概要
日 時: 2016年11月13日(日) 13:30〜19:00

会 場: ハイアット リージェンシー東京

参加費: 10,000円(懇親会参加費込)

定 員: 800名

主 催: 公益財団法人 モラロジー研究所、学校法人 廣池学園

後 援: 一般社団法人 日本道経会

講演内容:
基調講演『企業永続の条件――21世紀に生かす廣池千九郎の道経一体思想』 麗澤大学 学長 中山 理
パネルディスカッション
パネリスト
米屋株式会社(なごみの米屋) 代表取締役CEO諸岡靖彦
株式会社ソフテック 代表取締役 会長 田原道夫
株式会社巖手屋・株式会社小松製菓 代表取締役 会長 小松務

■ 次回大阪で開催
本シンポジウムは次回大阪で実施いたします。会場は以下のとおりです。
平成29年3月5日(日)  大阪会場(大阪府立国際会議場<グランキューブ大阪>)

【麗澤大学について】
麗澤大学は昭和10年、創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。心豊かな人間性を養い、国際社会に貢献できる人材の育成をめざし、今では大学・高校・中学・幼稚園が開設されています。また留学生の受け入れも積極的に行われており、キャンパスには世界約20の国・地域から留学生が集まり、さまざまな言語が飛び交っています。平成28年は廣池千九郎 生誕150年の節目の年となり、様々な記念事業を開催しております。
廣池千九郎生誕150年 Webサイト : http://www.reitaku-u.ac.jp/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る