• トップ
  • リリース
  • House_Commune(ハウスコミューン)Amazon Fashion “AT TOKYO” プログラム参加決定!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

House_Commune(ハウスコミューン)Amazon Fashion “AT TOKYO” プログラム参加決定!

(PR TIMES) 2017年03月10日(金)12時43分配信 PR TIMES


株式会社バロックジャパンリミテッド(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:村井博之、以下「当社」)が展開する、ファッションブランド『House_Commune(ハウスコミューン)』は、Amazon Fashion Week TOKYO スペシャルプログラム “AT TOKYO” にて、東京らしさを表現している3ブランドのうちの1ブランドとして、プログラムへの参加が決定いたしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/14511/55/resize/d14511-55-485548-0.jpg ]


ブランドとして初となるファッションショーを3月21日(火)にAndaz Tokyoにて開催いたします。これはバロックジャパンリミテッド初となるJFW参加およびランウェイ形式でのコレクション発表となります。

House_Communeは、『移り行く時代の中で進化を続けるベーシックなアイテムを再考し注意深く見つめ、着心地・品質・ディテール・佇まいを大切にして、普遍でありながらも新しくもあるデイリーウエアを提案する』というコンセプトのもと、着ていただいた全ての方に洗練された日常着を経験してもらえるよう、妥協のないブランド作りを続けています。

2017AWコレクションでは、ストリートウェアとエレガンス、現代を生きる女性の日々の中で自分を表現できる一部として、”エレガンス=マインド” という目線を変えてストリートリアルを表現しています。
また、Amazon Fashionのサイト内コンテンツとして、デザイナー自身の東京ライフスタイルに欠かせないアイテムをAmazon.co.jpで扱っている商材の中からセレクトしたキュレーションページを提供する“My Amazon“プログラムの展開にも参加します。

コレクションを発表する会場には、東京らしいノーブルさとリアルさが融合する場所、ブランドらしい世界観を提供できる場所としてAndaz Tokyoを選択。
ランウェイショーだけではないリアルなカタチで表現したコトを味わっていただける時間となります。

House_Commune 初のコレクションにご期待ください。


House_Commune HP     www.house-commune.com


[画像2: https://prtimes.jp/i/14511/55/resize/d14511-55-324545-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/14511/55/resize/d14511-55-195455-2.jpg ]




________________________________________

"AT TOKYO"【アット トウキョウ】
"AT TOKYO"とは、Amazon Fashion が新たに立ち上げたプロジェクトであり、プレゼンテーション基盤である。シーズン毎にピックアップされたデザイナーが、ショーやインスタレーション等でコレクションを発表するだけなく、彼らのものづくりの背景にあるカルチャーも体験できるプレゼンテーションを行う。
www.amazon.co.jp/ATTOKYO

________________________________________


<会社概要>
・ 名称 : 株式会社バロックジャパンリミテッド
・ 創業 : 2000 年 3 月
・ 代表者 : 代表取締役社長 兼 最高経営責任者 村井 博之
・ 所在地 : 〒153-0042 東京都目黒区青葉台 4-7-7 住友不動産青葉台ヒルズ
(企業サイト) : https://www.baroque-global.com
(House_Commune オフィシャルサイト) : https://www.house-commune.com/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る