• トップ
  • リリース
  • 美容とヘルスケアの分野から女性の未来を守るミュゼプラチナム日本摂食障害協会(JAED)との提携が決定 調印式実施のご報告

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社ミュゼプラチナム

美容とヘルスケアの分野から女性の未来を守るミュゼプラチナム日本摂食障害協会(JAED)との提携が決定 調印式実施のご報告

(PR TIMES) 2016年03月25日(金)11時48分配信 PR TIMES

 全国に185店舗(※1)のサロンを展開し、店舗数・売上No.1(※2)美容脱毛専門サロン『ミュゼプラチナム』を運営する株式会社ミュゼプラチナム(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:沼田 英也)は、美容とヘルスケアの分野から女性の未来を守るためにスタートしたプロジェクト『MUSEE Happy Project(ミュゼ ハッピー プロジェクト)』の取り組みとして、一般社団法人 日本摂食障害協会(JAED)と提携することを決定し、3月24日(木)に調印式を実施いたしました。
 今後は、より多くの方に摂食障害への理解を深めていただくため、共同で勉強会や啓発活動を行ってまいります。
[画像1: http://prtimes.jp/i/8905/55/resize/d8905-55-803512-3.jpg ]


2016年3月24日(木)政策研究大学院大学にて調印式を実施いたしました。

出席者:
 一般社団法人 日本摂食障害協会 理事 関東支部長
 政策研究大学院大学 保健管理センター 教授  鈴木 眞理
 株式会社ミュゼプラチナム 営業部長 鎌田 真理子


メッセージ

鈴木 眞理 教授
[画像2: http://prtimes.jp/i/8905/55/resize/d8905-55-238549-1.jpg ]

 日本摂食障害協会は2016年3月に社団法人として発足しました。当協会は専門家として正しい医学情報を提供することで、ミュゼプラチナム社と連携して女性の健康と美容に貢献していきます。


鎌田 真理子 営業部長
[画像3: http://prtimes.jp/i/8905/55/resize/d8905-55-492131-2.jpg ]
 今回の提携は、非常に先進的で未来を感じる取り組みだと考えています。ミュゼプラチナムでは美容脱毛というサービスを通じて「美」を提供してきましたが、今後はその「美」と密接な関係を持つ「健康」までサポートできるよう、積極的に啓発活動を進めてまいります。


『MUSEE Happy Project』にかける私たちの思いと 今後の取り組みについて

 多くの女性会員さまや約3,000名の女性スタッフを抱えるミュゼプラチナムでは、女性向けサービスを提供する企業の使命として、『MUSEE Happy Project』と題し、これまでにピンクリボン活動や、女性特有の疾病について学ぶセミナーを実施してきました。今後は、一般社団法人 日本摂食障害協会と共同でミュゼスタッフ向けの勉強会を実施し摂食障害への知識を深めていくと同時に、ミュゼ会員さまやスタッフを対象としたアンケート調査の実施や啓発活動に積極的に力を入れていく予定です。

 ミュゼプラチナムでは、多くの女性の「幸せ」を生みだすべく、こうした活動を今後さらに加速・拡大させていきます。


(※1)店舗数は2016年2月末日時点
(※2)店舗数・売上No.1(2015年7月調査時点/美容脱毛売上比率50%以上を専門店と定義)東京商工リサーチ調べ


本件に関するお問い合わせ先
(株)ミュゼプラチナム 広報・PR担当 青沼・柳沼
 TEL:03-3486-2097 FAX:03-3486-2081



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る