• トップ
  • リリース
  • 『なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか』刊行記念 おいしいパンの秘密について語るトークイベント開催!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社NHK出版

『なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか』刊行記念 おいしいパンの秘密について語るトークイベント開催!

(PR TIMES) 2016年11月22日(火)19時15分配信 PR TIMES

NHK出版は『なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか〜パンと日本人の150年』(NHK出版新書/780円+税)を刊行した生活史研究家・阿古真理さんと、日本のフランスパンを牽引するVIRONのエグゼクティブシェフ・牛尾則明さんのトークイベントを開催します。
[画像1: http://prtimes.jp/i/18219/54/resize/d18219-54-421730-6.jpg ]

 パンブーム到来と言われる現代日本。日本のパンのおいしさと人気の秘密、和食とパンの関係、VIRONのバゲット開発秘話、これからのパンはどんな進化を遂げるのか――など、日本を代表する2人がパンについて縦横無尽に語り尽くします。


「おいしいパンの秘密とは?〜パンについて語る夕べ」
阿古真理 × 牛尾則明
〇日時 2016年11月25日(金)19:00〜 (開場18:30)
※トーク終了後、サイン会あり
〇会場 HMV&BOOKS TOKYO 6階イベントスペース
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ内
TEL 03-5784-3270 営業時間: 11:00〜23:00
■渋谷駅ハチ公口から徒歩約4分。スクランブル交差点を渡り、井の頭通りをそのまま直進、渋谷マルイのビル5F、6F、7Fです。
〇入場料  無料。観覧フリーのイベントです。
 
[画像2: http://prtimes.jp/i/18219/54/resize/d18219-54-182163-2.jpg ]



 


阿古真理(あこ・まり) 1968年、兵庫県神戸市生まれ。食や暮らし、和食、女性の生き方、写真などをテーマに執筆。著書に『昭和の洋食 平成のカフェ飯〜家庭料理の80年』『「和食」って何?』(ともに筑摩書房)、『小林カツ代と栗原はるみ〜料理研究家とその時代』(新潮新書)ほか。


[画像3: http://prtimes.jp/i/18219/54/resize/d18219-54-320651-3.jpg ]



牛尾則明(うしお・のりあき) ル・スティル専務取締役。1960年、兵庫県姫路市生まれ。高校卒業後、ニシカワ食品に入社。ビゴの店での研修を経て、直営店の立ち上げや商品開発に携わる。2003年6月、シェフとして渋谷にヴィロンをオープン。『家庭で焼けるシェフの味』(マイナビ出版)、『家庭で焼けるシェフの味 VIRONのバゲット』(毎日コミュニケーションズ)。


[画像4: http://prtimes.jp/i/18219/54/resize/d18219-54-849357-4.jpg ]


NHK出版新書501
なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか
阿古真理・著


・日本人のためのパン、はじまりはあんパンから
・パン文化の礎を築いた外国人戦争捕虜たち
・パン好きは特に関西に多い
・「ふわふわ」「もちもち」は日本独特の好み
・在日外国人が口をそろえて「日本のフランスパンはおいしい」!


発売 2016年10月10日
定価 842円(税込)
仕様 新書判 256ページ
ISBN 978-4-14-088501-7 

目次
1 日本人はパンが好き?
2 歴史を変えたパン焼き人たち
3 カレーパンは丼である
4 西洋のパン食文化
5 フランスパン時代の幕開け
6 ホームメイドのパン
7 私たちの主食文化
 



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る