• トップ
  • リリース
  • 日本で11月開講!英国トップ大学の教授陣がレクチャーする短期プログラム『バーミンガム大学 開発学 短期特別プログラム』

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

日本で11月開講!英国トップ大学の教授陣がレクチャーする短期プログラム『バーミンガム大学 開発学 短期特別プログラム』

(PR TIMES) 2017年10月27日(金)18時01分配信 PR TIMES


<報道関係者各位>
2017年10月27日

留学サポートや英語学校事業など、留学のトータルサポートを提供するBEO株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・テイラー、以下beo)は、2017年11月10日(金)から新宿、大阪で開講する、英国国立バーミンガム大学(University of Birmingham)の短期特別プログラムの申込み受付を開始しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/2945/54/resize/d2945-54-517867-0.jpg ]

<詳細ページ> http://beocollege.jp/module/short.html

■日本で海外大学の講義が受講できる!2014年から続く人気プログラム
「バーミンガム大学 開発学(*1) 短期特別プログラム」は、バーミンガム大学とbeoの共同提供によるものです。2014年から好評により毎年開講し、今回で4回目となります。日本国内で英国大学の教授が直接レクチャーを行うという機会はほとんど事例がなく、バーミンガム大学とbeoの強い結びつきによって、プログラムの共同提供が実現しました。


講義は、イギリスにあるバーミンガム大学からの生中継で受講します。授業は全編、英語により行われ、当講座を修了すると、バーミンガム大学から正式な『Certificate(修了証)』が授与されます。


海外の大学の授業を体験してみたいという方、開発学の分野で留学を検討している方、すでにお仕事で国際開発、国際協力に携わっている方など、幅広い方を対象としています。
英語力や足りないスキルを明確にし、留学やお仕事に向けて準備する目的でも有効に活用できます。

<過去に同プログラムに参加された方の声>

日本にいながら海外のレクチャーを対面でインタラクティブに受けられる機会はないので、参加できて良かったです。
開発学の内容がイメージしやすくなり、受講後は受講前に持っていた開発とのイメージのギャップを埋められたように思えました。
自分の専門分野の予備知識が得られるし、コース選びに迷っている人には自分が何を勉強したいのかつかめる良い機会になると思います。
コースを迷っている方だけでなく、留学自体を迷っている方にもお勧めだと思います。


(*1) 開発学:発展途上国の貧困解消や、国家間の開発援助政策を研究対象とする学問。イギリスの歴史と密接に関連し発展してきたため、イギリスは開発学の本場ともよく称され、国際機関・NGO・政府機関などでの活躍を目指す人の留学先として非常に人気があります。

■講師は世界で活躍するバーミンガム大学の現役教授陣

[画像2: https://prtimes.jp/i/2945/54/resize/d2945-54-644518-1.jpg ]

講師を務めるのは、バーミンガム大学で実際に教鞭を執る現役の教授陣たち。発展途上国で漁産業の開発に従事した同学国際開発学部の学部長、イギリスNGO団体のディレクター、コンサルタントや研究者として世界中幅広く活躍する開発学エジュケーション・ディレクターと、世界的にも主要なメンバーが集まりました。著作物も多数発行するなど、当分野の国際的な研究および活動におけるスペシャリストです。

バーミンガム大学は1825年に設立された英国内でも歴史の古い伝統校であり、名門校が名を連ね、イギリス版アイビーリーグと称されるラッセルグループの一員です。国連や世界銀行をはじめ世界的な機関からの依頼によるリサーチやコンサルタント・プロジェクトを実施しています。国際開発学コースが所属する政治科学・国際学部(POLSIS)は、2015年のガーディアン紙によるランキングで政治学部門において第5位、2018年度版QS世界大学ランキング(QS World University Rankings 2018)では、開発分野で世界32位にランクインしています。

<開催概要>
【開講日程】
2017年11月10日(金)、11月17日(金)、11月24日(金)
全3回、各日19:30〜21:00

【場所】
beo東京オフィス (地図)http://www.beo.co.jp/office/tokyo.html
beo大阪オフィス (地図)http://www.beo.co.jp/office/osaka.html
※ビデオ会議システムを通じてバーミンガム大学から講義をライブ中継

【講師】 バーミンガム大学 教授3名
Dr Fiona Nunan, Head of Department, International Development Department
Dr Tom Hewitt, Director of Academic Programmes, International Development Department
Dr Robert Leurs, Director of Education, International Development Department

【対象者】


開発学・国際関係学などの分野で海外留学をお考えの方
開発学の専攻を希望しているものの、同分野のバックグラウンドをお持ちでない方
開発学分野に興味をお持ちの方、国際機関で働くことを希望している方
海外の大学の授業を体験してみたい方
お仕事で国際開発・国際協力に携わっている方   など


【受講者特典】 コース修了者にはバーミンガム大学からCertificate(修了証)を授与

【授業料】
優待価格(*2):25,920 円(税込)/一般価格:45,920 円(税込)
※諸設備費(教材プリント代含む):5,000円(税込)
(*2) 対象者:beoの留学サポートをお申込みの方、または、beoカレッジで一般コースを受講したことがある方

【お問合わせ・お申込み】
お問い合わせ : バーミンガム大学 日本事務局beo(ビーイーオー)
コース詳細 : http://beocollege.jp/module/short.html

▼下記フォーム、またはお電話にてお申込みください。
お申込みフォーム : http://beocollege.jp/form/birmingham-sc/
TEL : 【東京】03-5367-3315  【大阪】06-6371-1116

※開催日時、講師、内容はやむを得ず変更の可能性がございます。予めご了承ください。


<BEO株式会社>
BEO株式会社は、「国際教育」と「国際社会で活躍できるキャリア」を支援するため、留学サポートサービス、英語学校事業、キャリアコンサルティングなどの留学トータルサポートを展開しています。日本と海外との架け橋の役割を担うbeoは、全ての方が適切な教育を選択し、ご自身の夢を実現され、「最高の自分」を目指せる環境創出を目指しています。
URL: http://www.beo.co.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る