• トップ
  • リリース
  • 新規事業創出を目指した企業アクセラレータープログラム「積水化学工業 Accelerator 2016」開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

新規事業創出を目指した企業アクセラレータープログラム「積水化学工業 Accelerator 2016」開始

(PR TIMES) 2016年09月05日(月)10時50分配信 PR TIMES

積水化学工業株式会社とCreww株式会社による共同リリース

積水化学工業株式会社(本社:大阪府大阪市北区 、代表取締役社長:高下 貞二、以下、積水化学工業)とCreww株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:伊地知 天、以下、creww)は共同で積水化学工業の新規事業を創出する、企業アクセラレータープログラム「積水化学工業 Accelerator 2016」を開始します。9月5日より、本プログラムに参加を希望するスタートアップ企業の募集をはじめます。
[画像1: http://prtimes.jp/i/9502/53/resize/d9502-53-164479-1.jpg ]

積水化学工業 Accelerator 2016」とは
積水化学工業とスタートアップ企業、両者のリソースを掛け合わせ、オープンイノベーションによる事業創出を試みるプログラムです。本プログラムでは「くらし」「お客様接点」「先端技術」の3つをテーマに積水化学工業が所有する豊富な経営リソースと、スタートアップ企業の事業を掛け合わせ革新的な価値を市場に創り出します。本プログラムの枠組みを提供するcrewwは、スタートアップ企業の選定からマッチング、新規事業創出までの過程を積水化学工業と共同で行います。

積水化学工業Accelerator2016概要
エントリー期間:2016年9月5日(月)〜9月16日(金)
エントリーページ:https://creww.me/ja/collaboration/sekisui-2016-09
crewwスタートアップアカウントを持つ企業であればどなたでも参加可能です。
crewwへの登録は無料です。

「積水化学工業 Accelerator 2016」の流れ

[画像2: http://prtimes.jp/i/9502/53/resize/d9502-53-580232-2.jpg ]



積水化学工業がスタートアップと協業する理由(積水化学工業担当者)
積水化学グループは、2014年度〜2016年度の3ヵ年の中期経営計画「SHINKA!-Advance 2016」において、「協創(Co-Creation)」というキーワードを掲げ、社内外連携のSHINKA(進化・深化・新化)による新市場・新分野の開拓を図っています。積水化学工業Accelerator 2016も、「協創」の取り組みの一環であり、これによりイノベーションを創出し、積水化学グループの持続的な成長を目指します。

積水化学工業株式会社について
所在地: (大阪本社)大阪市北区西天満二丁目4番4号
代表者:代表取締役社長 高下 貞二
創立: 1947年3月3日
URL:http://www.sekisui.co.jp/

Creww株式会社について
所在地:東京都目黒区青葉台1-18-14 3F
代表者:代表取締役 伊地知 天(いじち そらと)
創立年:2012年
資本金:4億6,455万円(資本準備金含む)
事業内容:スタートアップコミュニティー、オープンイノベーションプログラム、企業アクセラレータープログラムの運営
登録スタートアップ企業数:2,200社 (2016年9月現在)
URL: https://creww.me/

本件に関するお問い合わせ先
・Creww株式会社 コミュニティーマネージャー 石井 03-6455-1816 press[at]creww.me
・積水化学工業株式会社 経営戦略部 広報グループ 中村 03-5521-0522
nakamura083[at]sekisui.com

※ 企業アクセラレータープログラム:大企業とスタートアップ企業、両者のリソースを掛け合わせたオープンイノベーションによる事業創出を目指すプログラム。

※ オープンイノベーション:自社の有する経営資源や技術に頼るだけでなく、社外からの技術やアイデア、サービスを有効に活用し革新的なマーケットを創造すること。

※ スタートアップ企業:独自の技術やアイデアによって、前例のないビジネスモデルを作りだし、既存マーケットに挑戦する成長速度の速い企業。

以上



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る