• トップ
  • リリース
  • こどもたちが記者になって“親子の日”をニュースにする「TSUTAYAキッズ記者会見」レポート

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

こどもたちが記者になって“親子の日”をニュースにする「TSUTAYAキッズ記者会見」レポート

(PR TIMES) 2016年07月23日(土)11時04分配信 PR TIMES

今年の夏、TSUTAYAは “親子で楽しむ夏休み”を提案


全国に1,494店舗のTSUTAYAを展開する株式会社TSUTAYAは、2016年7月15日(金)より開始した、「親子でいくTSUTAYA」と題した、夏のキャンペーンの開始と7月24日(日)の「親子の日」を記念して、東京ビックサイトで開催されている「夏休み2016★宿題自由研究大作戦」にて、「TSUTAYAキッズ記者会見」を開催いたしました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/18760/52/resize/d18760-52-911136-5.jpg ]

「夏休み2016★宿題自由研究大作戦」に来場していた子どもたちの中から、参加希望者17名のキッズ記者が、「親子でいくTSUTAYA」の夏のキャンペーンと、「親子の日」の名付け親である写真家ブルース・オズボーンさんと井上佳子さんご夫婦を取材撮影して「TSUTAYAこども新聞」を作ってくれました。


記者会見の冒頭に、株式会社TSUTAYA常務取締役の杉浦敬太より、ポケモングッズがもらえるスタンプラリーや、毎週末に全国のTSUTAYA店舗で開催される夏休みこどもイベント、映画感想文コンクールについて発表がありました。

■「TSUTAYAキッズキャンペーン」特集ページ:http://tsutaya.jp/kid16sp/
■TSUTAYA 夏休みこどもイベント:http://top.tsite.jp/news/anime/campaign/29803995/
■親子の日に映画を観よう!「親子で観たい映画100選」http://tsutaya.jp/oyako100/
[画像2: http://prtimes.jp/i/18760/52/resize/d18760-52-104103-3.jpg ]

そして、「親子の日」の名付け親である写真家 ブルース・オズボーンさんと井上佳子さんから、「親子の日をつくったきっかけ」や「親子とは?」についての想いをお話して頂きました。

[画像3: http://prtimes.jp/i/18760/52/resize/d18760-52-748670-2.jpg ]

ブルース・オズボーンさん「親子の日を始める前から、親子の写真を撮り続けていました。とある奇抜な髪型をしたミュージシャンの方を撮影する機会があり、親の顔が見てみたい(笑)と思ったのが、親子の写真を撮るきっかけとなりました。」
井上佳子さん「家族を家に例えるならば、親子は家の土台のようなもので、土台が崩れると家も崩れてしまうので、親子の関係というものは家族にとって非常に大切なものだと思っています。5月母の日、6月の父の日に続いて、7月は親子の日を覚えてもらえるように7月第四日曜日にしました」

[画像4: http://prtimes.jp/i/18760/52/resize/d18760-52-274099-0.jpg ]

キッズ記者からの質疑応答では、「小学生として観るべき映画はなんですか?」、「良い写真を撮る秘訣を教えて下さい」、「1ヶ月に何枚くらい写真を撮りますか?」等、本物の記者顔負けの質問も多数ありました。

みんな、想いのこもった個性あふれる様々な「TSUTAYAこども新聞」を作ってくれ、編集長であるお父さんやお母さんたちからは「がんばって新聞を作っている姿がかっこよく想いました」、「親子の日という響きが素敵で、この夏親子で一緒に映画が観たくなりました」等、愛情のこもったコメントが寄せられました.

TSUTAYAでは、この夏も映画や音楽、ゲームやイベントなどのエンタテインメントを通して、ご家族でかけがえのない時間を過ごすご提案を行います。さらに、こどもたちに、TSUTAYAを通じて新たなエンタテインメントに触れる機会、体験を提供することにより、こどもたちの豊かな未来につながる生活提案を行って参ります。

■ブルース・オズボーン(Bruce Osborn、1950年生) プロフィール
アメリカ合衆国出身の写真家。1980年に来日し日本での本格的活動を開始。ライフワークの「親子」シリーズが有名。2003年妻でありプロデューサーである井上佳子さんと共に7月第4日曜日を「親子の日」と提唱。翌年「親子の日普及推進委員会」を発足、さまざまな活動を行っている。2010年にはInternational Photography Awards プロフェッショナル部門入賞。親子というベーシックですべての人に存在しうる平等に与えられた関係を再確認する一日を提唱。
■親子の日とは http://www.oyako.org/jp/oyakonohi/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る