• トップ
  • リリース
  • 残業ゼロの社員にインセンティブを支給  生産性高く活躍する社員を賞賛し、長時間労働を抑制

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ

残業ゼロの社員にインセンティブを支給  生産性高く活躍する社員を賞賛し、長時間労働を抑制

(PR TIMES) 2017年05月01日(月)11時24分配信 PR TIMES

~ 半年間の実証実験後、顧客へのサービス展開へ ~

総合人材サービス・パーソルグループの株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:長井 利仁、以下「IBS」)の、コンサルティングカンパニーである「インテリジェンス ビジネスコンサルタンツ(以下「IBC」)」は、2017年5月1日より、残業ゼロの社員に対して20時間相当の残業代を支払うインセンティブ制度を開始したことをお知らせいたします。
■企業の重要なテーマである、ダイバーシティへの取組み、働き方改革
介護、育児と仕事の両立などの重要性が叫ばれている昨今、社員が長く安定して働くためには、企業のダイバーシティへの取組みが必須となってきています。企業のワークスタイルを変革するパートナーとしてコンサルティングを行っているIBCにおいても、ダイバーシティへの取組み、働き方改革は重要なテーマとして掲げ取り組んでいます。

■労働時間の制約に関係なくパフォーマンスを発揮できる組織へ
IBCは、長時間労働に担保されるのではなく、個々の高い生産性によって短時間でも成果を出し続けることが出来る組織を目指しております。一方、生産性を上げることで労働時間が減ると、残業時間も減り、給与が減る、という仕組みでは、短時間で高い成果を上げている社員のやる気を削いでしまう結果も考えられます。そこで、IBCでは、時間管理型で働くメンバーの月間平均残業時間である20時間分を、残業ゼロの社員に対して支払うインセンティブ制度を開発し、5月よりトライアル運用を開始いたします。

[画像: https://prtimes.jp/i/14515/52/resize/d14515-52-972523-0.jpg ]


■半年間のトライアル運用の結果を発表へ
5月より半年間のトライアル運用期間後には、改善点も含む成果報告を発表するとともに、その結果を活かし、長時間労働に悩む企業へのサービスとしても今回の取組みを提供していく予定です。

IBCはこれからも、顧客の経営課題を解決に導く最良のパートナーであると同時に、自らも働き方改革を推進し続けてまいります。

<インテリジェンス ビジネスコンサルタンツについて>
https://www.ibs.inte.co.jp/bc/
インテリジェンス ビジネスコンサルタンツは、株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズのコーポレイトベンチャーです。
総合人材サービスグループの専門家集団として、業務アウトソーシング・システム開発/運用だけでは解決できない、クライアントの直面している課題や、将来起こる問題に対し、共に考え、共に打ち手を決め、共に実行し、共に成果を創出いたします。

<株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)について>
http://www.ibs.inte.co.jp/
IBSは、人・プロセス・ITの変革を支援する戦略的ITアウトソーシング企業です。
総合人材サービス企業パーソルグループの中核会社として、人材から考えるサービスインテグレーターを目指しています。パーソルグループならではの、人材に関する高いノウハウを活かし、ITにおける開発から運用、テクニカルサポート等を提供するほか、事業課題に応じたビジネスプロセスのアウトソーシングや、コンサルティングも実施します。

<PERSOL(パーソル)について>
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣のテンプスタッフ、人材紹介や求人広告のインテリジェンスをはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外90社を超える幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る