• トップ
  • リリース
  • HUGO & VICTOR 2017 White day Collection「Amour Eternel/アムール・エテルネル」発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社マッシュホールディングス

HUGO & VICTOR 2017 White day Collection「Amour Eternel/アムール・エテルネル」発売

(PR TIMES) 2017年02月27日(月)18時05分配信 PR TIMES

女性が美しくなることを願った「BEAUTY/ビューティー」をテーマに、ハーブを使用したショコラのコレクションを発表
HUGO & VICTOR/ユーゴ アンド ヴィクトール(フランス・パリ、シェフ パティシエ:ユーグ・プジェ)は2017年のホワイトデーの新たなテーマを発表いたします。2017年は、女性が美しくなることを願った「BEAUTY/ビューティー」をテーマにコレクションを展開いたします。
2017 年3月初旬よりHUGO & VICTOR 店頭及びオンラインショップにて販売を開始。

HUGO & VICTORアムール・エテルネル詳細
2017年のホワイトデーは『女性が美しくなること』をテーマにした「BEAUTY/ビューティー」。コレクションの全てにハーブを使用し、食べることで美しくなれるショコラを提案。今回用いたハーブには、それぞれに効能・作用があると云われています。

「ラベンダーのガナッシュ」はさわやかで柔らかい香りが特徴で、精神安定・安らぎ・安眠の作用。「ヴェルヴェインのスフェール」は優しく落ち着いた香りにより抗ストレス・精神安定に向けたアプローチ。「タイムのガナッシュ」はすっきりとした風合いでエネルギー・活力・呼吸器官のコントロールの作用があるといわれています。

2017 White day Special Carnet
2017年ホワイトデーのスペシャルパッケージは、HUGO & VICTORの代表的な「カルネ(手帳)」がホワイトにゴールドのデザインで登場。モチーフに用いたカギは、ヨーロッパでは古くからラッキーアイテムとして親しまれ、愛や富の象徴でもあり「心の扉を開く」などの意味があります。


[画像1: https://prtimes.jp/i/18505/51/resize/d18505-51-238555-4.jpg ]



6個入り 税込3,024円
ラベンダーのガナッシュ×2
ヴェルヴェインのスフェール ×2
タイムのガナッシュ ×2



[画像2: https://prtimes.jp/i/18505/51/resize/d18505-51-774116-6.jpg ]

          


3個入り 税込1.404円
ラベンダーのガナッシュ
ヴェルヴェインのスフェール
タイムのガナッシュ


HUGO & VICTOR ブランド概要
HUGO & VICTORは2010年にパリで誕生し、アートや文学などのカルチャーによるインスピレーションと素材へのこだわりから生まれたスイーツブランドです。シェフ・パティシエのユーグ・プジェは素材を最も重視しており、自ら世界中に足を運び見つけた新鮮な食材や季節のフルーツを使用した斬新なスイーツを展開しています。「LADURÉE」などのシェフパティシエの経歴を持つユーグ・プジェが立ち上げたHUGO & VICTORは、「Louis Vuitton」「Dior」「Chloé」など本場パリで数々のラグジュアリーブランドからコラボレーションの依頼が殺到している、いま最も注目を集めるパティスリー&ショコラトリー。
古典的なレシピを革新的なデザインに昇華させた季節感溢れる作品を提供し続けており、19世紀のフランスの文豪家「ヴィクトル・ヒューゴ」がブランドネーミングのアイデアとなっています。

ブランド公式サイト:http://www.hugovictor.jp

[本件に関するお問い合わせ先]
株式会社マッシュホールディングス 飲食事業部PR 担当:清水 加藤
Tel:03-3261-2870/E-Mail:info@hugovictor.jp
Address:〒102-0083 東京都千代田区麹町5-7-1 ダイビル1F



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る