プレスリリース

  • 記事画像1

OKI、ライフサイクルCO2排出量を全公開

(PR TIMES) 2016年06月24日(金)12時24分配信 PR TIMES

「環境報告書2016」を発行


[画像: http://prtimes.jp/i/17036/51/resize/d17036-51-890649-0.jpg ]

OKIはこのたび、2015年度におけるOKIグループの環境への取り組みをまとめた「環境報告書2016」を発行しました。OKIグループ「環境 報告書」は、OKIグループ環境経営の考え方、概要、主要な取り組みやデータを幅広いステークホルダーの皆様にお伝えすることを目的に毎年発行していま す。本日正午よりOKIインターネットホームページ上にてPDF版を公開します。なお、英語・中国語のPDF版公開は10月を予定しています。

今年度の報告書は「ライフサイクルCO2」を重点テーマとしています。昨今、温暖化が全世界的な問題として危惧される中、グローバルに事業展開を進 めているOKIグループとして、事業における環境負荷のみならず、当社の製品がお客様に使用される際にどの程度CO2を排出しているかを明らかにし、当社 の環境負荷低減活動の今後の基盤となる指標としています。

調査の結果、製品使用と部材調達におけるCO2排出が多いことが分かってきました。製品使用時のCO2削減については、従来より進めている「OKI エコプロダクツ社内認定制度」をよりいっそう拡大し、省エネ製品の創出に努めます。また、グリーン調達基準を強化し、調達先とともに環境負荷低減を図って いきます。

OKIグループは社会インフラを支える企業として、製品と事業活動の両面から環境負荷の低減を推進し、安心・安全な社会の実現を目指していきます。

本報告書の主な内容は以下のとおりです。

・安心・安全を作りこむ ライフサイクルを通した環境活動
 ・ライフサイクルから見たOKIグループの環境活動
 ・OKIグループのライフサイクルCO2排出量
 ・製品の省エネを促進する社内基準

・特集:安心・安全な社会のために
 商品を通じた環境負荷低減
 ・現金処理装置で進める環境性能の向上
 ・通信機器におけるエコロジー
 ・メンテナンスバリアフリーがもたらす環境性能の向上
 ・“温暖化防止”と“気候変動への対応”に貢献する社会インフラ
 事業を通じた環境負荷低減
 ・製造工程で実践する環境負荷低減

・OKIグループの環境マネジメントシステム
 ・環境マネジメントシステムの体制
 ・従業員教育

・環境への対応 データ編
 ・マテリアルバランス
 ・SCOPE3
 ・商品および事業活動における環境負荷の低減
 ・環境会計

リリース関連リンク
・「環境報告書2016」紹介サイト
 http://www.oki.com/jp/eco/ecoreport/2016/
・「環境への取り組み」紹介サイト
 http://www.oki.com/jp/eco/



沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る