• トップ
  • リリース
  • DJI の7機種が国土交通省の「目視外飛行のための基準」をクリア

プレスリリース

  • 記事画像1

DJI の7機種が国土交通省の「目視外飛行のための基準」をクリア

(PR TIMES) 2017年01月17日(火)12時11分配信 PR TIMES

新たに3機種において「資料の一部を省略することができる無人航空機」に認定

DJI JAPAN株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜)は、DJI製品の7機種が、国土交通省へのドローンの飛行許可・承認申請において、「目視外飛行のための基準」をクリアしたことをお知らせします。また、新たにDJI製品の3機種において、「資料の一部を省略することができる無人航空機」に認定されました。
「目視外飛行のための基準」においては、今回認定された全ての機種において、機体の自動飛行を制御、計画するiPad用アプリ「GROUND STATION PRO (GS PRO)」と連携することで同条件での使用が可能になります。今回、新たに「目視外飛行のための基準」と「資料の一部を省略することができる無人航空機」に認定された機種は、それぞれ次のとおりです。


[画像: https://prtimes.jp/i/15765/51/resize/d15765-51-102530-0.jpg ]

※Matrice 600およびMatrice 600 Proに関しては、機外の様子を監視できるカメラを装備し、そのカメラの写真および書類を提出することで、目視外飛行のための基準がクリアされます。

なお、国土交通省へのドローンの飛行許可・承認申請について詳しくは、国土交通省のウェブサイトにてご確認ください。

・無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール:
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

・認定機種一覧:http://www.mlit.go.jp/common/001113194.pdf

各機種の申請時における最大離陸可能重量に関しては、下記URLをご参照ください。
http://www.dji.com/jp/flysafe/weight

「GROUND STATION PRO」については、下記をご参照ください。
http://www.dji.com/jp/ground-station-pro


DJIについて
DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンとカメラ技術を開発、製造しています。リモート操縦できるヘリコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営されるDJIは、飛行制御技術と手ぶれ補正のエキスパートです。DJIは、世界中のクリエイターやイノベーターにとって、空撮技術とツールがより身近で使いやすく、安全になるよう取り組んでいます。現在、北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を構え、 世界100ヵ国を超えるユーザーが、映画、広告、建設、消防や農業をはじめとする多くの産業分野においてDJI の製品を愛用しています。

DJIホームページ:http://www.dji.com/ja
Facebook: https://www.facebook.com/dji.jp
Twitter: https://twitter.com/djijapan
YouTube: https://www.youtube.com/c/DJIJapan
Instagram: https://instagram.com/dji_japan/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る