• トップ
  • リリース
  • 茨城県 平成28年度 トライアル移住・二地域居住推進プロジェクト  都心企業ニーズ調査の実施ならびに調査結果について

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ

茨城県 平成28年度 トライアル移住・二地域居住推進プロジェクト  都心企業ニーズ調査の実施ならびに調査結果について

(PR TIMES) 2017年04月24日(月)11時42分配信 PR TIMES

〜働き方改革に積極的な都心企業は、移住や二地域居住にも関心を持つ傾向に〜

総合人材サービス・パーソルグループの株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:長井 利仁、以下「IBS」)の、コンサルティングカンパニーである「インテリジェンス ビジネスコンサルタンツ(以下「IBC」)」は、株式会社インテリジェンスが茨城県から委託した「平成28年度 トライアル移住・二地域居住推進プロジェクト」における、再委託業務において、2017年1月~3月末までの期間にて、「都心企業ニーズ調査」を実施いたしました。
ここに、調査結果の要旨を報告いたします。
■調査背景
「平成28年度 トライアル移住・二地域居住推進プロジェクト」は、東京圏に立地する企業の従業員が、仕事を変えずに茨城県へ移住する試みとして、“トライアル移住”や、東京都・茨城県の2か所で暮らす“二地域居住”に試験的に取り組み、企業の「働き方改革」を支援するものです。今回の調査は、本事業を進める過程において、「働き方改革」や「移住・二地域居住」に対して、都心企業のニーズを把握するために行いました。今後、本調査結果をもとにタイアップ企業の募集やトライアル移住・二地域居住を実施していきます。

■調査結果概要
1.働き方改革に取り組んでいる都心企業は49%、関心を持っている企業を含めると約60%

Q.働き方改革の取組を実施していますか?
[画像1: https://prtimes.jp/i/14515/51/resize/d14515-51-510206-0.jpg ]

東京圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)に事業所を構える企業の管理職(部長クラス)以上1100名にWebアンケート調査を行った所、「働き方改革取組中」が49%と、約半数の企業が働き方改革に関する取り組みを実施していることが分かりました。「働き方改革関心あり」の9%を含めると、約6割の企業が働き方改革を意識していると言えます。


2.働き方改革に取り組んでいる企業は、移住・二地域居住など地方での働き方改革にも関心を持つ傾向にある

Q.地方との関わり(移住・二地域居住等)に関心がありますか?
[画像2: https://prtimes.jp/i/14515/51/resize/d14515-51-233695-1.jpg ]

働き方改革に既に取り組んでいる企業のうち、「地方との関わりに関心がある」と68%が回答。働き方改革を進めている企業は、移住・二地域居住など地方での働き方改革にも関心を持っていることが分かりました。


3.移住・二地域居住などに関心を持つ企業は、「生産性向上」「従業員満足度向上」「優秀な人材の確保」を
期待

Q.地方との関わりでどのような事を期待していますか?
[画像3: https://prtimes.jp/i/14515/51/resize/d14515-51-572253-2.jpg ]



働き方改革に既に取り組んでいる企業や、働き方改革に関心を持っている企業に「地方での働き方改革に期待すること」を聞いた結果、共通して「生産性向上」「従業員満足度の向上」「優秀な人材の確保」と期待していることが明らかになりました。特に「優秀な人材の確保」が共通して最も高い回答率となっており、人材確保の手段として関心を持っていることが分かります。


4.企業は、「地方サテライトオフィスでのテレワーク」「帰省・移住を希望する社員がテレワークで勤務継続」「テレワークで働く人材を地方で新規採用」に関心

Q.現在取り組んでいる(検討中も含む)働き方改革について、地方と関わりをもてるものについて選択してください
[画像4: https://prtimes.jp/i/14515/51/resize/d14515-51-483027-3.jpg ]


「生産性向上」などの期待する効果を得るために「地方のサテライトオフィスに従業員を派遣し、本社機能の一部(全部)をテレワークで実施」「育児等を理由に地方へ帰省・移住を希望する社員がテレワークで勤務継続」「テレワークで働く人材を地方で新規採用する」といった移住・二地域居住の形式に関心を持っていることが明らかになりました。

■今後の方針
茨城県では、本調査結果をもとに、今後トライアル移住・二地域居住の実証を行う予定です。タイアップ企業の公募・選定を行い、タイアップ企業に対してテレワーク導入コンサルティング等の導入支援、住居費等費用面での支援を実施し、トライアル移住・二地域居住を実施します。

<茨城県 平成28年度 トライアル移住・二地域居住推進プロジェクト ホームページ>
http://career-support.inte.co.jp/pjt/ibaraki_trialijyu/

■詳細の調査データは以下からダウンロードいただけます
https://prtimes.jp/a/?f=d14515-20170421-6443.pdf

<インテリジェンス ビジネスコンサルタンツについて>
https://www.ibs.inte.co.jp/bc/
インテリジェンス ビジネスコンサルタンツは、株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズのコーポレイトベンチャーです。
総合人材サービスグループの専門家集団として、業務アウトソーシング・システム開発/運用だけでは解決できない、クライアントの直面している課題や、将来起こる問題に対し、共に考え、共に打ち手を決め、共に実行し、共に成果を創出いたします。

<株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)について>
http://www.ibs.inte.co.jp/
IBSは、人・プロセス・ITの変革を支援する戦略的ITアウトソーシング企業です。
総合人材サービス企業パーソルグループの中核会社として、人材から考えるサービスインテグレーターを目指しています。パーソルグループならではの、人材に関する高いノウハウを活かし、ITにおける開発から運用、テクニカルサポート等を提供するほか、事業課題に応じたビジネスプロセスのアウトソーシングや、コンサルティングも実施します。

<PERSOL(パーソル)について>
https://www.persol-group.co.jp/
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣のテンプスタッフ、人材紹介や求人広告のインテリジェンスをはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外90社を超える幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る