• トップ
  • リリース
  • 今年も鳥取に恋の季節がやってきた!5月1日は「恋の日」(51=こい) 県内がピンク一色に染まる!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

今年も鳥取に恋の季節がやってきた!5月1日は「恋の日」(51=こい) 県内がピンク一色に染まる!

(PR TIMES) 2017年04月26日(水)16時28分配信 PR TIMES

「恋ロード」の歩き初めや、ピンクSLの走行も

鳥取県(鳥取県鳥取市東町1丁目220 知事:平井伸治)では、5月1日(51=こい)を「恋の日」と認定し、地域活性化を目的に、「恋の色」でもあるピンク色に関連した様々な企画が実施されます。 

[画像1: https://prtimes.jp/i/10422/51/resize/d10422-51-693872-0.jpg ]

 全国で4つしかない名前に「恋」がつく駅の一つ、智頭急行(本社:鳥取県八頭郡智頭町)「恋山形駅」では2017年4月30日(日)にリニューアルオープン4周年記念イベントを開催。「恋がかなう駅」としてピンク一色の当駅に、鉄道マニアとして知られるホリプロマネージャー・南田裕介さんと鉄道文化人・豊岡真澄さんも登場し、新たに誕生したピンクの「恋ロード」のテープカットと歩き初めのセレモニーを行います。また両名と行くグルメツアー、「智頭線満喫列車の旅」も実施し、新しくなったイベント車両で地元の絶品グルメを堪能いただけます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/10422/51/resize/d10422-51-792679-1.jpg ]


 さらに、5月3日(水・祝)には若桜鉄道(本社:鳥取県八頭郡若桜町)に、ピンク色にコーティングされた「ピンクSL」が、皆様からのご要望を受け今年も登場。思わず写真を撮りたくなるフォトジェニックなSLは、5月3日(水・祝)〜28日(日)に展示されるほか、5月5日(金・祝)にはイベントも開催されます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/10422/51/resize/d10422-51-126067-2.jpg ]

 ピンク色で盛り上がる鳥取県内では、これまでピンク色のカレーやタクシー、ポストなどが登場し、全国的に話題になりました。また、観光スポットとして有名な「鳥取砂丘」も、秋には名産のらっきょうのピンク色の花が咲き渡り、意外な一面を見せます。

 今後も、鳥取県では「ピンク色」を通じて、地域の活性化に努めてまいります。

他にも鳥取はこんな「ピンク」で盛り上がっています!

 鳥取市のキャラクター「すご!ウサギ」のデザインをあしらったピンクのタクシーとポストは、市のPR施策「すごい!鳥取市」の取り組みの一環として、運行・設置。

[画像4: https://prtimes.jp/i/10422/51/resize/d10422-51-647462-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/10422/51/resize/d10422-51-328139-4.jpg ]

 また、鳥取市の企業「ブリリアントアソシエイツ(株)」が開発したピンク色のカレーと醤油は、その見た目と味のギャップが話題となり好評です。

[画像6: https://prtimes.jp/i/10422/51/resize/d10422-51-906978-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/10422/51/resize/d10422-51-943354-6.jpg ]


たくさんの人々の「恋」を応援してきました!
智頭急行「恋山形駅」に「恋ロード」誕生

 『恋がかなう駅』の恋山形駅が、リニューアルオープン4周年を迎えることを記念したイベントを開催。

 今年は、駅周辺の道路をピンクに装飾した「恋ロード」が誕生。鉄道マニアのホリプロマネージャー南田裕介さんと、鉄道文化人・豊岡真澄さんとともにセレモニーを行います。また、新しくなったイベント車両を利用して、両名と行く『智頭線満喫列車の旅』(智頭線グルメツアー)も実施いたします。


<「恋山形駅」リニューアルオープン4周年記念イベント>

【場所】
恋山形駅前広場(鳥取県智頭町)

【スケジュール】
10:10〜オープニング
10:10〜「恋ロード」テープカット・歩き初めセレモニー・恋おみくじお披露目など
11:03〜『智頭線満喫列車の旅』(智頭線グルメツアー)臨時列車出発


◆智頭線満喫列車の旅(智頭線グルメツアー)概要

【日時】
4月30日(日)

【募集人数】
30人 ※定員に達したため、既に締め切っています

【参加費】
3,000円(智頭線1日フリーきっぷ+お食事代)

【グルメメニュー(予定)】
タルマーリーのパンと地ビール(智頭町)、フレル。のジビエ料理(西粟倉村)、ふじのホルモン焼きうどん(佐用町)、道の駅ひらふくの鹿コロッケ(佐用町)クラシカのケーキ(西粟倉村)、黒々茶(美作市)など

◆その他のイベント
・恋来いcafé(地元智頭町の皆さん)
・山形郵便局による出張郵便局
・ご来場の方全員に4周年記念缶バッチ進呈
・智頭急行グッズ販売

◆本件に関する問い合わせ
智頭急行運輸部 TEL:0858-75-2595  HP:http://www.chizukyu.co.jp/


そもそも・・なぜ「恋山形駅」はピンク色になったの?

 2013年6月9日「恋駅プロジェクト」※の一環として、外壁はもちろん、ゴミ箱やイス、ミラーなど駅の地上設備の塗装をピンク色に変更。駅名標もハートにこだわっています。フォトスポットとしてだけでなく、駅構内には恋山形駅グッズのハート型絵馬を飾るなど、恋愛成就を願うスポットとなっています。

※「恋駅プロジェクト」とは…駅名に「恋」がつく鉄道会社4社  (JR北海道「母恋駅」、三陸鉄道「恋し浜駅」、西武鉄道 「恋ヶ窪駅」、智頭急行「恋山形駅」)が連携して地域活性化を図る目的で立ち上げたプロジェクトのことです。

[画像8: https://prtimes.jp/i/10422/51/resize/d10422-51-757113-7.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/10422/51/resize/d10422-51-216568-8.jpg ]


今年もGWにピンク色のSLが戻ってくる!
恋の日プロジェクト2017 若桜鉄道をピンクSLが走行

 5月3日(水・祝)〜28日(日)に若桜駅構内にピンク色のSLが、多くの要望を受けて今年も登場。昨年のイベント期間中は、わずか8日間で若桜駅の入構者数が4362名にのぼり、平成27年度1年間の入構者数(約3000名)を上回るなど大いに賑わいました。

 さらに、5月5日(金・祝)はピンクSLイベントを開催し、鉄道写真家・中井精也さんとホリプロマネージャー・南田裕介さんをゲストに迎え、ピンクSLが引くトロッコ乗車体験などが予定されています。

[画像10: https://prtimes.jp/i/10422/51/resize/d10422-51-609007-9.jpg ]



◆本件に関する問い合わせ
若桜鉄道ピンクSLイベント実行委員会事務局(若桜町役場ふるさと創生課)
TEL:0858-82-2231

※5月3日(水・祝)〜7日(日)は若桜鉄道(株)にお願いいたします。
若桜鉄道(株)
TEL:0858-82-0919

※詳細は鳥取・因幡観光ネットワーク協議会のHPをご確認ください。
http://www.tottori-inaba.jp/51/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る