• トップ
  • リリース
  • ニュージーランド航空、ホークス・ベイ国際マラソン開催へ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

ニュージーランド航空 日本地区

ニュージーランド航空、ホークス・ベイ国際マラソン開催へ

(PR TIMES) 2015年07月10日(金)10時32分配信 PR TIMES

〜ラガルデール社と提携〜

ニュージーランド航空は、スポーツ・イベント運営会社であるラガルデール・アンリミテッド・オセアニア(以下、ラガルデール社)と提携し、ニュージーランドでもっとも新しいマラソン大会「ホークス・ベイ国際マラソン」を開催いたします。
第1回ニュージーランド航空ホークス・ベイ国際マラソンは、2016年5月14日(土)に予定されており、壮観なワイン畑の広がる景色とともに、ニュージーランド国内外から集まったランナーおよびサポーターの皆様をお迎えします。

また、ニュージーランド航空は、ニュージーランド航空クイーンズタウン国際マラソンのスポンサー契約についても、2年間延長します。

ニュージーランド航空チーフ・コマーシャル・アンド・セールス・オフィサーのキャム・ウォレスは、今回のラガルデール社とのスポンサー契約は、2016年と2017年のホークス・ベイとクイーンズタウン双方のマラソン大会に関して締結したと述べています。

また、昨年第1回を開催したクイーンズタウン国際マラソンが盛況に終わり、6,000人弱のランナーのうち9割はクイーンズタウン地域以外からの参加であったとして、次のようにコメントしています。

「クイーンズタウンに続く規模の国際的なマラソン大会をニュージーランドで開催するにあたり、ラガルデール社と議論を重ねてきました。ニュージーランド航空ホークス・ベイ国際マラソンは国内外のランナーから高い関心を持たれることが予想され、地域経済にも有益と考えています」

ラガルデール社の最高経営責任者(CEO)デイブ・ビーチェ氏は、ニュージーランド航空との提携の延長を歓迎し、本提携が両マラソン大会の規模の拡大や継続的な開催を支援するものであるとして、以下のようにコメントしています。

「ニュージーランド航空との提携により、昨年のクイーンズタウン国際マラソンは期待を上回る盛況ぶりでした」

「ホークス・ベイ地域にはバイク・トレイル(サイクリングロード)や、ワイナリー、果樹園、オリーブ畑といった美しい環境があり、見た目にも魅力的で快適に走れるマラソンコースを参加者に提供することができます。参加者はレースの後、ゆっくりと地元の食材やワインを楽しんだり、町の人々のもてなしを体験したりすることができます。ランナーにとってもサポーターにとっても魅力的なホークス・ベイは、週末旅行としてご友人と訪れるにはぴったりの場所といえます」

ホークス・ベイとクイーンズタウンのマラソン大会ではどちらもフルマラソンに加え、21キロと10キロのレース、3キロの子ども向けレースが実施されます。今年のニュージーランド航空クイーンズタウン国際マラソンは、クラウン山脈やリマーカブルズ山脈を背景にしたコースで、2015年11月21日(土)に開催されます。

第1回ニュージーランド航空ホークス・ベイ国際マラソンは、こちらのサイトからエントリーできます。
http://www.airnzhbmarathon.nz
[画像1: http://prtimes.jp/i/4270/51/resize/d4270-51-498568-0.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/4270/51/resize/d4270-51-829232-1.jpg ]



※本件は、6月15日にニュージーランドで発表されている内容です。

【ニュージーランド航空について】
ニュージーランド航空は、1940年に設立された国際航空会社です。ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平洋を含む16ヶ国53都市へ直行便を運航し、スターアライアンスに加盟しています。日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社でもあります。ニュージーランド国内は玄関口のオークランドを中心に25都市を結び、また、全日空とのコードシェア便により、日本各地からの乗り継ぎも便利です。同社は、AirlineRatings.comの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に2014年、2015年の2年連続で選ばれるなど、毎年数々の賞を受賞しており、安全性、定時性、サービスのクオリティ、環境への配慮など様々な面で高い評価を受けています。
公式ホームページ: http://www.airnewzealand.jp
Facebook: http://www.facebook.com/AirNZJP



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る