• トップ
  • リリース
  • 【「プッチン(R)国民投票」約1ヶ月速報】総投票数683,519票!“プッチン”する派41.1%vs.しない派58.9% 益々盛り上がりを見せるプッチン(R)国民投票 各界の著名人もどっち派?を続々と表明!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

江崎グリコ株式会社

【「プッチン(R)国民投票」約1ヶ月速報】総投票数683,519票!“プッチン”する派41.1%vs.しない派58.9% 益々盛り上がりを見せるプッチン(R)国民投票 各界の著名人もどっち派?を続々と表明!

(PR TIMES) 2016年11月28日(月)11時18分配信 PR TIMES

“プッチン”する派には川越達也さん、DaiGoさん他、ガチャピンやムックが!一方で、しない派では羽田圭介さん、古閑美保さん、井上公造さんが!2016年11月28日(月)より投票サイトもアップデート

 江崎グリコ株式会社(本社:大阪府西淀川区、代表取締役社長:江崎勝久)は、発売44年目を迎えたロングセラー商品『プッチンプリン』シリーズにおいて“プッチン”する派なのか、“プッチン”しない派なのかを国民に問うWEBキャンペーン「プッチン(R) 国民投票」を実施しています。キャンペーン開始から、約1ヶ月が経ち、結果発表まで残り約2ヶ月を残して“プッチン”する派281,058票に対して、しない派402,461票と総投票数も683,519票(11月20日時点)まで伸びてきました。
 この結果を受けて、“プッチン”する派を巻き返そうとあの著名人たちが起ち上がりました。心理学的観点から「“プッチン”はまさに美味しさを引き出すスイッチだといえる」とメンタリストDaiGoさん、また、人気キャラクターのガチャピンは「ムックと一緒にしたい」という仲の良さが感じられる理由で参戦しています。一方、“プッチン”しない派では「プッチンプリンを食べるまでの過程は一つでも省かなければならない」として小説家の羽田圭介さん、また、プロゴルファーとして「プリンがカップにぴったり収まっているのが快感!」と古閑美保さんが述べるなど、皆様それぞれの視点から“プッチン”する派なのか“プッチン”しない派なのかを表明して、益々盛り上がりをみせています。
[画像1: http://prtimes.jp/i/1124/51/resize/d1124-51-707080-3.jpg ]


(キャンペーンサイトURL:http://pu-cp.com)※“プッチン”は江崎グリコ株式会社の登録商標です。

■“プッチン”する派を表明した著名人
 “プッチン”することによりお皿の上でプリンがプルルンと動いたり、カラメルが上を向いたりすることで美味しいだけでなく楽しくなるといった理由で、以下の著名人は“プッチン”する派を表明しました。

シェフ 川越達也
“プッチン”してあげると、ほらプルプル嬉しそう!
カラメルが上の方が、更に美味しそうでしょ!
[画像2: http://prtimes.jp/i/1124/51/resize/d1124-51-645843-9.jpg ]


メンタリスト DaiGo
“プッチン”することによってカラメル部分が
上を向くので、視覚的に香ばしさなどの味わいが増し、
さらに、重厚な食器を使うほど食事の満足度が高まるので、
“プッチン”して重めの大皿に乗せ、重厚なスプーンで
食べるようにするといいでしょう。以上の観点から、
“プッチン”はまさにおいしさを引き出すスイッチ
だといえるでしょう。
[画像3: http://prtimes.jp/i/1124/51/resize/d1124-51-484611-10.jpg ]

国民的キャラクター ガチャピン
“プッチン”したいから、プッチンプリンに
したんだもん。ムック、いっしょに“プッチン”しようよー♪
“プッチン” (=^〜^)ノ△
[画像4: http://prtimes.jp/i/1124/51/resize/d1124-51-300884-11.jpg ]


国民的キャラクター ムック
もちろん、お皿に“プッチン”しますよ〜。
スプーンですくうと、
甘〜いカラメルが上からトロ〜〜ンとなるのが、
も〜うれしくてうれしくて〜。幸せの瞬間(ハート)ですぞ!
[画像5: http://prtimes.jp/i/1124/51/resize/d1124-51-805261-2.jpg ]


■“プッチン”しない派を表明した著名人
 “プッチン”しなくても十分に美味しいのにわざわざ“プッチン”をする必要はない、またカラメルを最初に食べるよりも最後に楽しみたいといった理由で以下の著名人は“プッチン”しない派を表明しました。

プロゴルファー 古閑美保
ゴルファーはカップに入れることが大事!
カップにぴったり収まっているのが快感!
カップにぴったり収まったプッチンプリンの姿が好きなので、
“プッチン”しないでカラメルを最後に楽しみます。


[画像6: http://prtimes.jp/i/1124/51/resize/d1124-51-601941-8.jpg ]


小説家 羽田圭介
プッチンプリンを食べたいという状態になっている時、
そこに至るまでの過程は一つでも省かれなければならない。
“プッチン”して遊んでいる暇などなく、一秒でも早く
プッチンプリンを口の中に入れろ!
[画像7: http://prtimes.jp/i/1124/51/resize/d1124-51-183220-1.jpg ]


芸能レポーター 井上公造
“プッチン”なんてしてたらスクープ逃しちゃうよ!
[画像8: http://prtimes.jp/i/1124/51/resize/d1124-51-866253-5.jpg ]


■「プッチン(R)国民投票」について
 プッチンプリンは容器の底の棒を折ってお皿に出す(“プッチン”する)ことで、おいしく楽しく食べることができますが、その一方で“プッチン”しないで容器のまま食べているという方もいます。この“プッチン”する、“プッチン”しないという論争は、以前よりSNS上で話題になっており、来年に発売45周年を控えた今、プッチンプリンが改めて国民に対し、“プッチン”する派/しない派のどちらが多いのかを問う「プッチン(R)国民投票」を、“プッチン”する派代表に河北麻友子さん、“プッチン”しない派代表にバイきんぐ小峠さんを迎えて開催しています。

■「プッチン(R)国民投票」の参加方法について
●投票期間
2016年10月31日(月)00:00〜2017年2月3日(金)23:59
●投票方法
1.キャンペーンサイトの投票ボタン
2.投票機能付きのバナー広告
3.Twitterのキャンペーン公式アカウントのツイート内にあるアンケート
※「プッチン(R)国民投票」に投票しただけでは、
「“プッチン”する派/しない派オリジナルクオカードプレゼントキャンペーン」に応募したことにはなりません。

■『“プッチン”する派/しない派オリジナルクオカードプレゼントキャンペーン』              「プッチン(R)国民投票」の開催期間に合わせて、抽選で毎日20名様にオリジナルクオカード1,000円分が当たる『“プッチン”する派/しない派オリジナルクオカードプレゼントキャンペーン』も実施いたします。

[画像9: http://prtimes.jp/i/1124/51/resize/d1124-51-657846-7.jpg ]

[画像10: http://prtimes.jp/i/1124/51/resize/d1124-51-238826-6.jpg ]


●キャンペーン名
“プッチン”する理由/しない理由を投稿して当てよう!
『“プッチン”する派/しない派オリジナルクオカードプレゼントキャンペーン』
●キャンペーン応募期間
2016年10月31日(月)00:00〜2017年2月3日(金)23:59まで
●応募方法
1.キャンペーン公式Twitterアカウント(@pucchin_jp)をフォロー
2.「#プッチンする派」もしくは「#プッチンしない派」をつけてそれぞれの理由をTwitterで投稿

■「プッチンプリン」商品概要
『プッチンプリン』は1972年に発売され、44周年目を迎えるロングセラーブランドの国民的プリンです。“プッチン”してお皿に移せる楽しさ、プルル〜ンとした食感でお子さまから大人までおいしく味わえます。また、2012年の1月には累計販売個数51億個を達成し、世界で一番売れているプリンとしてギネス世界記録にも認定されました。

Bigプッチンプリン
内容量:160g
価格:130円(税別)
[画像11: http://prtimes.jp/i/1124/51/resize/d1124-51-820857-4.jpg ]


プッチンプリン 3個パック
内容量:67g×3
価格:190円(税別)
[画像12: http://prtimes.jp/i/1124/51/resize/d1124-51-324549-0.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る