• トップ
  • リリース
  • ノーベル物理学賞受賞者・梶田隆章教授による特別講演会を開催

プレスリリース

  • 記事画像1

ノーベル物理学賞受賞者・梶田隆章教授による特別講演会を開催

(PR TIMES) 2016年09月09日(金)16時20分配信 PR TIMES


麗澤大学では、来る2016年9月20日(火)に、創立者廣池千九郎生誕150年記念及びROCK(麗澤オープンカレッジ)開校10周年記念として、2015年ノーベル物理学賞受賞者・梶田隆章教授を講師にお招きし、特別講演会を開催いたします。
この講演会は、創立者が昭和10年、千葉県柏市において、世代や立場を越えた方々が集い、学び合う「生涯教育」の場を開設して以来、その理念と諸事業を継承する取り組みです。
梶田隆章教授には、地域の方々をはじめ、麗澤大学生、麗澤中学・高等学校の生徒など、未来を担う若者に向けてご講演いただきます。当日は、会場におよそ1,600席を用意し、麗澤中学・高等学校の生徒約1,200人全員が授業の一環として聴講するほか、一般席もご用意いたします。

■創立者 廣池千九郎 生誕150年記念・ROCK開校10周年記念特別講演会 開催概要■
 講 師 : 梶田隆章氏
      東京大学特別栄誉教授 / 東京大学宇宙線研究所所長
 テーマ : 「ニュートリノ」の小さい質量の発見
 日 程 : 2016年9月20日(火)
 時 間 : 13:30〜15:00
 会 場 : 麗澤大学 体育館
 主 催 : 麗澤大学、麗澤中学・高等学校
 申 込 : 下記WEBページからお申し込みください。
 http://rock.reitaku-u.ac.jp/news/detail/71/
     (入場無料・事前申込制・先着250名)
[画像: http://prtimes.jp/i/14665/50/resize/d14665-50-914422-0.jpg ]



【梶田 隆章氏のプロフィール】
東京大学特別栄誉教授 / 東京大学宇宙線研究所所長
1959年生まれ、東松山市出身。埼玉大学理学部物理学科を卒業後、東京大学大学院理学系研究科修了。理学博士。1999年東京大学宇宙線研究所教授、2008年同研究所所長。ニュートリノの観測施設スーパーカミオカンデで観測を行い、ニュートリノが質量をもつことを確認した。朝日賞、ブルーノ・ロッシ賞、パノフスキー賞など数々の賞を受賞。2015年にはノーベル物理学賞を受賞し、文化勲章を受章。一般向けの著作には『ニュートリノで探る宇宙と素粒子』などがある。

【麗澤大学について】
麗澤大学は昭和10年、創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。心豊かな人間性を養い、国際社会に貢献できる人材の育成をめざし、今では大学・高校・中学・幼稚園が開設されています。また留学生の受け入れも積極的に行われており、キャンパスには世界約20の国・地域から留学生が集まり、さまざまな言語が飛び交っています。平成28年は廣池千九郎 生誕150年の節目の年となり、様々な記念事業が予定されております。
URL: http://www.reitaku-u.ac.jp/

【ROCK(麗澤オープンカレッジ)について】麗澤オープンカレッジ(Reitaku Open College in Kashiwa 通称:ROCK)は、生涯学習時代の多様なニーズに応えるべく、平成18年4月に麗澤大学のエクステンション事業の一環として開校しました。このROCKは、「高まる、深まる、広がる」をキーワードに、高度知識社会への対応はもとより、ゆとりある豊かなライフスタイルを築いていただけるような学習機会を提供するとともに、地域社会のコミュニケーション基地としての役割を果たしていくことを目的としています。
URL: http://rock.reitaku-u.ac.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る