• トップ
  • リリース
  • バレンタインデーに関する調査「チョコを渡せず後悔した人、3人に1人」など〜 5,000人の男女に聞いてわかった悩みとホンネ 〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像5

株式会社ギフティ

バレンタインデーに関する調査「チョコを渡せず後悔した人、3人に1人」など〜 5,000人の男女に聞いてわかった悩みとホンネ 〜

(PR TIMES) 2018年02月01日(木)12時03分配信 PR TIMES

 eギフトサービス(※1)を展開する株式会社ギフティ(本社:東京都品川区/代表取締役:太田 睦/以下、ギフティ)は、2018年1月20日〜23日の3日間、ギフティが運営するWEBサービスおよびスマートフォン向けのアプリ「giftee」(※2)の会員に対し「バレンタインデーに関する調査(バレンタイ白書2018」を実施し、本日2月1日(木)に約5,000人の男女からの回答結果を発表しました。
 ギフティは、日頃の「小さなありがとう」という気持ちと一緒にオンライン上で簡単にギフトを贈ることができるカジュアルギフトサービス「giftee」を運営しています。「人と人をつないでいく」企業ミッションを実現するために、2月14日に先駆け「バレンタインデー」における男女の意識調査を実施し、男女間のコミュニケーションの課題をアンケート結果から導きました。

◆アンケートの主な回答結果◆
・チョコを渡すのをやめた経験がある女性は6割、理由は「勇気がなかった」「会う機会をつくれなかった」
・渡さなかったことを後悔している女性は3割、理由は「今でも気になる」「出会いがない」
・チョコをもらったら意識してしまう男性は6割、理由は「気持ちが嬉しいから」

 調査結果から、直接会って渡す習慣や、面と向かって渡す緊張や不安によって、機会を逃している女性が多いことがわかりました。一方、6割の男性は、ギフトをもらうことでコミュニケーションのきっかけが生まれると回答しています。これらの回答結果から、「バレンタインデー」というイベントをカジュアルにギフトを贈る機会として捉えること、また、会わなくてもスマートフォン等で手軽に贈ることができるギフトを活用すること等が、バレンタインデーにおける男女間のコミュニケーションをよりスムーズにする要因となりえることがわかりました。

 「giftee」ではアンケート結果をバレンタイン特設Webページに公開するとともに、同Webページ内で、さりげなくコミュニケーションのきっかけになるバレンタインのおすすめのギフトや、目的に合わせたオリジナルのメッセージカードも紹介しております。(https://giftee.co/landing/valentine2018

 ギフティは、今後もeギフトの普及を通し、日頃の気持ちを伝える手段として気軽にギフトを贈りあう習慣や文化の創出を目指します。

(※1) eギフトサービスとは、オンライン上でデジタルのギフトチケットを購入して送り、そのチケットを店頭で商品と引き換えることができるサービスです。
(※2)「giftee」とは、ギフティが運営しeギフトを販売するWEBサービスです。
URL:https://giftee.co/landing/valentine2018

giftee「バレンタイン特設ページ」 (https://giftee.co/landing/valentine2018
「バレンタインデーに関する調査結果(バレンタイン白書2018)」
・調査対象:giftee会員5,000人(10代〜40代の男女)
・特設ページに掲載しきれなかった調査結果はgiftee公式Twitterで2月14日まで毎日更新いたします。(https://twitter.com/_giftee
[画像1: https://prtimes.jp/i/4529/50/resize/d4529-50-824215-3.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/4529/50/resize/d4529-50-281555-4.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/4529/50/resize/d4529-50-807285-5.jpg ]



「バレンタンのオリジナルギフトカード」
・gifteeのeギフトでは用途に合わせたオリジナルデザインのギフトカードを付けることができます。
・カードに合わせてテキストメッセージを入れることもできます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/4529/50/resize/d4529-50-315590-1.jpg ]


株式会社ギフティについて
 ギフティは、日頃の感謝の気持ちを伝える手段として、気軽にギフトを贈る習慣や文化を創出することを目指し、より多くの方にご利用されるギフトサービスの提供とその拡充に取り組んでいます。
 ギフティが運営するカジュアルギフトサービス「giftee」は、現在、会員数が87万人(2018年1月末時点)を超え、国内No.1のカジュアルギフトサービスとして、引き続き利用者数が増加しています。また、全国33,000店舗以上の商品を取り扱っており、コーヒーショップやコンビニエンスストア、レストラン等の商品の中から、多様なシーンにあったギフトを選ぶことができます。当社のギフト商品の平均販売価格は約600円。贈り先に負担を感じさせず、気軽にLINEやメールで贈りあえる、手頃なギフトが充実しています。また、eギフトサービスのみならず、2016年5月より、地域通貨の電子化を実現するソリューション「Welcome ! STAMP」のサービス提供を開始いたしました。


【株式会社ギフティ 会社概要】
社名: 株式会社ギフティ
所在地: 〒141-0022 東京都品川区東五反田5-10-25 斎征池田山5F
設立: 平成22年8月10日 (サービス開始:平成23年3月)
資本金: 1億9,480万5,000円
代表者: 代表取締役 太田 睦
事業内容:
・カジュアルギフトサービス「giftee」の運営
・法人を対象としたギフト販売システム「giftee e-Gift System」(SaaS) 事業の展開
URL:
・株式会社ギフティ http://giftee.co.jp/
・カジュアルギフトサービス「giftee」 https://giftee.co/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る