• トップ
  • リリース
  • 当機構初 ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)認証取得の株式会社L is Bに登録証を授与

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

一般財団法人日本品質保証機構

当機構初 ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)認証取得の株式会社L is Bに登録証を授与

(PR TIMES) 2017年01月10日(火)10時42分配信 PR TIMES


一般財団法人日本品質保証機構(本部:東京都千代田区、理事長:小林 憲明)は2016年12月9日、株式会社L is B(本社:東京都千代田区、代表取締役:横井 太輔)の情報セキュリティマネジメントシステムをISO/IEC 27001およびISO/IEC 27017(※)に基づいて認証し、12月16日に登録証の授与式を行いました。ISO/IEC 27017に基づく認証は当機構初です。
※ISO/IEC 27017をベースとしたJIP-ISMS517(JIPDEC発行)が認証基準となります。

<ISO/IEC 27017の登録活動範囲>
クラウドサービスプロバイダとして以下のサービスを提供
・クラウド型メッセンジャーサービスの運用及び支援サービス
クラウドカスタマとして以下のサービスを利用
・クラウド型メッセンジャーサービスの開発
[関連事業所]
徳島開発センター


[画像1: https://prtimes.jp/i/3627/50/resize/d3627-50-803485-3.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/3627/50/resize/d3627-50-306793-4.jpg ]


ISO/IEC 27017は、クラウドサービスに関する情報セキュリティ管理策のガイドライン規格です。情報セキュリティ全般に関するマネジメントシステム規格であるISO/IEC 27001の取り組みをISO/IEC 27017で強化することで、クラウドサービスにも対応した情報セキュリティを構築することができます。

株式会社L is Bは、顧客の情報資産の保護を徹底しセキュリティ事故の発生ゼロを目的として、ISO/IEC 27001に加えISO/IEC 27017に基づく情報セキュリティマネジメントシステムを構築しました。システム構築にあたっては、開発エンジニアの意見を取り入れるなど組織全体で取り組んでおり、現場も含めた全ての要因のセキュリティ意識の向上にもつながっています。

【株式会社L is B(エルイズビー)】
2010年9月設立。ビジネスチャット「direct」の提供を中心に、企業向けアプリやシステムなどを企画・開発している。「direct」と顧客のあらゆる業務システムを連携するツールとして、botおよびその開発環境の提供も行っている。

【一般財団法人日本品質保証機構(JQA)】
1957年の設立から、一貫して日本のものづくりとサービス産業の発展を、検査や試験、検定や認証サービスで支えてきた日本の代表的な認証機関。1990年代からISO認証の普及啓発に努め、ISO 9001、ISO 14001の認証件数は国内最多の実績を誇る。また、ISO/IEC 27001、ISO/IEC 27017などのセキュリティ関連規格、ISO 13485、JIS Q 9100などのセクター規格の認証も多数手掛ける。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る