• トップ
  • リリース
  • 【ペットの救急車】CARE PETSでは、ペットの救急搬送という課題にチャレンジし、救える命をすこしでも増やしていくため、「わんにゃんレスキュー隊」を組織し、2月25日から本格的に運用を開始します。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社CARE PETS

【ペットの救急車】CARE PETSでは、ペットの救急搬送という課題にチャレンジし、救える命をすこしでも増やしていくため、「わんにゃんレスキュー隊」を組織し、2月25日から本格的に運用を開始します。

(PR TIMES) 2018年01月29日(月)14時01分配信 PR TIMES

わんにゃんレスキュー隊隊長は獣医師の岩佐保宏

CARE PETS(ケアペッツ)ではこれまで、ペットの為の救急車サービス(動物病院への緊急搬送)を試験的に東京23区内限定で行ってまいりましたが、飼い主様からの緊急依頼が非常に多いため、この度「わんにゃんレスキュー隊」を組織し、2月25日から本格的に運用を開始することに致しました。
「ペットの救急車」は、日本ではまだまだ耳慣れない言葉ですが、オランダでは既に全国に普及しています。

オランダでのこのサービスは、主に愛護団体や市民グループによって運営されており、条件は21歳以上で、車の運転歴1年以上、動物を愛しているということを条件に誰でもボランティアとして活動できるようになっています。

病気や怪我をした動物たちは、動物専用救急車によって動物病院に搬送されます。そして獣医師もボランティアとして治療をしてくれます。

CARE PETS(本社:東京都千代田区/代表者:藤田英明)では、こうしたオランダでの活動事例を参考に、日本でもペットの救急車を普及出来ないかと検討し、これまで東京23区内限定で試験運用してきました。 

ペットの救急車:https://care-pets.jp/pet_ambulance/

[画像1: https://prtimes.jp/i/22736/49/resize/d22736-49-125208-2.jpg ]



その結果、「ウチの猫が急に嘔吐している」「犬が急に立てなくなった」などなど、飼い主様からの緊急依頼やご相談が非常に多く、「タクシーに乗車拒否されたので、救急車があって助かった!」などのお声を多数頂きました。

そのため、今回ケアペッツでは「わんにゃんレスキュー隊」を組織し、2月25日から本格的に運用を開始し、全国にペットの救急車を普及させることに致しました。

わんにゃんレスキュー隊隊長には獣医師の岩佐保宏が就任し、ベテランの動物看護師や運転手がチームを組んで活動し、救える命を増やしていきます。


【わんにゃんレスキュー隊の詳細】
サービス開始日:2018年2月25日
対応エリア:東京23区・川崎市の一部(2018年1月29日現在 *順次エリア拡充中)
対応時間帯:20:00〜5:00
対応曜日:年中無休
隊長:岩佐保宏(獣医師)
隊員:梅澤佑美(動物看護師)
電話番号:0120-949-615


[画像2: https://prtimes.jp/i/22736/49/resize/d22736-49-216066-0.jpg ]

◇株式会社CARE PETS について

会社名:株式会社CARE PETS(ケアペッツ)
所在地:東京都千代田区神田岩本町1−1岩本町ビル6階63号
代表者:藤 田 英 明
設 立:2016年8月5日
URL :https://care-pets.jp
事業内容:
1)動物看護師によるペットの訪問介護・看護・シッターサービス
2)ペット専用クラウドファンディングサイト「ミライペット」の運営
3)愛犬と一緒に通えるデイサービスセンターの運営
4)ペット共生型へのリノベーションコンサルティングサービス
5)ペット用品・フード開発



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る