• トップ
  • リリース
  • 冷蔵庫のスペースにあわせて縦でも横でも置ける冷水筒シリーズ「DCMブランド タテヨコ使える冷水筒」新発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

DCMホールディングス株式会社

冷蔵庫のスペースにあわせて縦でも横でも置ける冷水筒シリーズ「DCMブランド タテヨコ使える冷水筒」新発売

(PR TIMES) 2018年04月04日(水)15時01分配信 PR TIMES

2018年4月16日(月)より、全国のDCM店舗(一部店舗を除く)で販売開始


 ホームセンター業界最大手のDCMホールディングス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長兼CEO:久田宗弘)は、縦でも横でも置ける水筒シリーズ「DCMブランド タテヨコ使える冷水筒」を、2018年4月16日(月)より、全国のDCMカーマ・DCMダイキ・DCMホーマック・DCMサンワ・DCMくろがねや店舗にて販売いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/22024/49/resize/d22024-49-457054-0.jpg ]

 最近では、飲料を家族一人一人が購入する機会が増え、冷蔵庫のドアポケットは個人の優先度の高い飲料で埋まってしまうことが増えています。こうした冷蔵庫の収納環境の変化に伴い、冷水筒を置くスペースを充分に取れないケースが増加していることから、当社では、収納性に着目した冷水筒の開発に取り組み、冷蔵庫のドアポケット以外の場所にも対応する冷水筒をオリジナルシリーズとして展開します。

■冷蔵庫のスペースにあわせて棚や野菜室に縦でも横でも置ける冷水筒
 子供や女性、シニアの方の使いやすさにこだわった片手で開閉できるタイプなど全3種類
 この度発売する「DCMブランド タテヨコ使える冷水筒」は、冷蔵庫のドアポケットに置くスペースがない場合でも、棚への横置きや野菜室への保管など、スペースに応じて縦でも横でも置ける冷水筒シリーズです。冷蔵庫内の環境に合わせて、3種類のタイプをご用意。3種類とも平らな形状を側面の一部に採用し、安定した横置きができるほか、上部持ち手つきで野菜室など深型の引き出しに置いた場合も取り出しやすくなっています。本体からハンドルが出っ張らず高い収納性にこだわったタイプ、子供や女性、シニアの方でも扱いやすい片手で開閉できるスライド式タイプ、蓋とパッキンが一体型で洗う手間を減らしお手入れのしやすさにこだわったタイプなど、用途にあわせお好みのタイプを選択できます。さらに、熱湯対応、広口設計、茶渋がつきにくい加工で、日常の使いやすさにこだわったシリーズとなっています。

【商品概要】


[画像2: https://prtimes.jp/i/22024/49/resize/d22024-49-791284-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/22024/49/resize/d22024-49-717487-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/22024/49/resize/d22024-49-153545-3.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る