• トップ
  • リリース
  • 株式会社 Phone Appli、テレワークのあらゆる悩みを解決 厚労省テレワークガイドラインに準拠「働き方かえるくん」の提供を開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社PhoneAppli

株式会社 Phone Appli、テレワークのあらゆる悩みを解決 厚労省テレワークガイドラインに準拠「働き方かえるくん」の提供を開始

(PR TIMES) 2018年07月19日(木)16時01分配信 PR TIMES

〜テレワーカーのプレゼンス共有と在宅勤務勤怠管理を一元化〜

 Web電話帳アプリケーションを主軸としたコミュニケーションの効率化を実現するために様々なサービスを展開する
株式会社Phone Appli(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原 洋介 以下、「Phone Appli」)は、テレワークに取り組む企業向けの支援ソリューションとして、「働き方かえるくん」の提供を開始いたします。

 「働き方かえるくん」は、テレワークを導入する企業をサポートする労務管理アプリケーションとして、ワークフローでテレワークの管理・申請を行うことができ、在宅勤務者と出勤者の間で予定表、プレゼンスを共有し、相互に円滑なコミュニケーションを実現できます。また、メンバーのPC作業時のログを記録し、キーストロークやブラウザ履歴、アプリケーション使用履歴など作業の内容も可視化し、テレワーク時のマネジメントを効率よく行うことが出来ます。
 本製品は、厚生労働省のテレワークに関するガイドラインに準拠するソリューションとして開発を実施いたしました。
【「働き方かえるくん」画面】[画像1: https://prtimes.jp/i/17441/48/resize/d17441-48-370548-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/17441/48/resize/d17441-48-764083-3.jpg ]


Phone Appliは、Web電話帳アプリケーション国内市場シェアNo.1の「Phone Appli Web電話帳」及び「連絡とれるくん」を中心に、効率的な働き方、コミュニケーションの活性化を実現し、「働き方改革」に貢献するソリューションを提供しています。

現在、国を挙げて推進する働き方改革の一貫として、テレワークやフリーアドレス、サテライトオフィスをはじめとする時間と場所にとらわれない働き方を導入する企業が増加しています。メールやチャット、各種コミュニケーションツールの充実により、離れている人とのコミュニケーションの効率が改善された一方、テレワークの利用については、まだ2割に満たない企業の導入となっているのが現状※です。導入した企業でも、自宅で働いている人の業務量が見えない、とりたい時に連絡がとれない等、様々な課題も生じています。
※総務省「通信利用動向調査 平成29年調査」より

「働き方かえるくん」では、社員の居場所や業務量、スケジュールなどの働き方や仕事の状況を可視化することで、すぐにコミュニケーションをとれる事ができ、一目瞭然テレワークを導入したいが、本当に生産性が上がるのかという不安を持つ経営者や、部下がどれだけ成果をあげているのか可視化したいと思う管理職、テレワークをしている社員が、会社で働くメンバーと効果的にコミュニケーションができのか不安という問題を解消する事ができます。

【「働き方かえるくん」の主な機能】

■ユーザー向け機能
1.在宅勤務・勤怠管理機能
 業務スケジュールの管理・可視化が可能です。在宅勤務申請や日報作成がスムーズに申請ができます。
 いつでも、どこにいてもメンバーの状況が一目瞭然です。
2.コミュニケーションツール連携
 メッセージング機能を標準で搭載。
 Skype for Businessクライアントと連携でき、スムーズに連絡を取ることができます。
3.Office 365(Exchange Online)連携
 Exchange Online上の予定表・連絡先を連携できます。
 Skype for Businessクライアントでも利用できるため社内外のコミュニケーションがもっと便利になります。

■マネージャー/人事担当者向け機能
1.勤怠管理 / テレワーク証跡
 メンバーの勤怠管理・テレワークで実施した業務の証跡を一覧で確認でき、テレワークマネジメントを実現します。

2.AIによるマネージメント補助機能
 メンバーの予定と行動が異なるとAIで検知してすぐに表示・軌道修正することが可能です。

3.CSVエクスポート(勤怠システムとの連携)
「働き方かえるくん」で取得した勤怠データをCSVでエクスポートで出力することが出来ます。
自社の勤怠システムに取り込むことができます。

【ご利用前提条件】
・「連絡とれるくん」のご契約
・対応オペレーションシステム:Windows 7,10
 ※AIによるマネージメント補助機能利用時のみ。

【連携可能なスケジュール】
・Microsoft Exchange Online

【価格】
本サービスは、「連絡とれるくん」をご契約頂いたお客様のオプションサービスとしてご提供いたします。

・月額費用:500円 (1ユーザあたり)
・初期費用:50,000円(1テナントあたり)

※上記には、「連絡とれるくん」の初期費用、月額費用は含まれておりません。

【発売開始日】
2018年9月中旬を予定

本製品の初の販売代理店として、ソフトバンク コマース&サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下「ソフトバンク C&S」)より発売が開始され、いち早く、ソフトバンクワールド2018にて公開されます。

ソフトバンク C&Sの永谷 博規 様からは下記のコメントをいただきました。

 ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、この度の株式会社Phone Appli様のテレワーカー向け労務管理アプリケーション「働き方かえるくん」の提供開始を心より歓迎いたします。政府が進める働き方改革により、ICTを活用して自宅やカフェなどで仕事をするテレワークの導入が広がりつつある中、当社は「働き方かえるくん」の販売を通じて、お客様の働き方改革推進と生産性向上に貢献してまいります。

また、企業向けにワークスタイル変革、テレワーク関連の各種プロジェクトを牽引する、ネクストリード株式会社(本社:東京都港区、以下「ネクストリード」)の代表取締役 小国幸司様からも下記コメントをいただきました。

 ネクストリードは、Phone Appli様の「働き方かえるくん」の発表を歓迎いたします。「働き方改革」の観点から、オフィス以外の様々な場所で行うテレワークについては、すでに導入している企業でも多くの課題を持っている状況です。特にコミュニケーションに支障をきたす不安などを理由に導入を躊躇している企業も多く、「働き方かえるくん」は、そんな不安を取り除いてくれくれるソリューションと期待しております。今後、企業がテレワークを効果的に活用できるばかりではなく、テレワークを導入検討する企業へ、後押しするソリューションであると思います。今後、企業がテレワークを効果的に活用できるばかりではなく、テレワークを導入検討する企業への後押しとなるソリューションであると思っています。今後ますます「テレワーク」の普及が高まると期待しております。今後も、Phone Appli様と共に働き方改革に関連するビジネスのご支援をさらに展開してまいります。

【Web電話帳サービス「連絡とれるくん」について】
 社内・社外の連絡先情報やUCツールを一元管理し、連絡先を一つにまとめたクラウドサービスとして、提供しています。主な機能として、「Web電話帳(社内/社外)」「名刺管理」「着信表示」の3つを搭載しています。
マルチデバイス対応のため、“連絡を取りたいときに、取りたい相手とスムーズに繋がる”ことを実現します。
「連絡とれるくん」は、登録情報をクラウド上で一括管理し、端末内には情報を一切登録しないため、スマートフォンなどを紛失した場合も、リモートで管理者がアクセス制限をかけることが出来、社員情報やお客様情報漏えいにつながるリスクもありません。

【株式会社Phone Appli について】
 株式会社Phone Appliは「コミュニケーション改革企業No.1」をビジョンに掲げ、5年連続国内シェアNo.1のWeb電話帳アプリケーション「連絡とれるくん」を販売しています。コミュニケーションのやり方を変え、お客様の企業文化の変革と、企業価値の向上をお手伝するための様々なサービスを企画開発し、お客様へ提供しております。

【株式会社Phone Appli会社概要】
代表取締役社長  :石原 洋介
所在地      :東京都港区虎ノ門4丁目3番13号 ヒューリック神谷町ビル 8階
設立       :2008年1月
資本金      :293,104,960円
業務内容     :アプリケーション開発/クラウド電話帳サービスの企画・開発・販売/
          各種IP-PBX設計・構築・保守/その他通信設備工事
URL       :http://phoneappli.net/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る