• トップ
  • リリース
  • グランフロント大阪 知的創造・交流の場「ナレッジキャピタル」 欧州最大規模のフランス政府の研究機関「フランス・原子力代替エネルギー庁 電子情報技術研究所」とMOUを締結

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

一般社団法人ナレッジキャピタル

グランフロント大阪 知的創造・交流の場「ナレッジキャピタル」 欧州最大規模のフランス政府の研究機関「フランス・原子力代替エネルギー庁 電子情報技術研究所」とMOUを締結

(PR TIMES) 2016年12月06日(火)17時01分配信 PR TIMES

一般社団法人ナレッジキャピタル(代表理事:宮原 秀夫)と、欧州最大規模のフランス政府の研究機関「フランス・原子力代替エネルギー庁 電子情報技術研究所(以下CEA LETI)※1」(ロラン・エロ―副館長)は、2016年12月6日(火)、MOU(相互連携に関する覚書)を締結しました。具体的なMOU締結の目的は以下のとおりです。
【MOU締結の目的】
1.国際コラボレーションの実現に向けた相互協力
「CEA LETI」が研究・開発した技術やノウハウを、ナレッジキャピタル参画者が活用できる仕組みの実現
<「CEA LETI」の主な活動分野>
・マイクロエレクトロニクスのためのマイクロ・ナノテクノロジー
・バイオおよび医療のためのナノテクノロジー
・マイクロ・システムの開発および統合
・医療およびセキュリティーのための映像技術
・ワイヤレス、スマートデバイス  など
2.スマートシティー分野における「グローバル・アライアンス」設立に向けて協力
スマートシティー分野において、研究機関やスタートアップ企業間の国際的な連携を図るコンソーシアム「グローバル・アライアンス」のコアメンバーとして連携を図る

【コメント】
[画像1: https://prtimes.jp/i/14551/48/resize/d14551-48-332982-0.jpg ]

■CEA LETI 副所長 Laurent Hérault(ロラン・エロー)氏
 本日はこのような席に同席することができ、大変うれしく思います。日本においてナレッジキャピタルは、海外機関との連携も多く最もイノベーティブな機関として認識しており、また我々にとって重要なパートナーであります。今回のMOUの締結によって、スマートシティーおよびIOT分野においての連携を図り、相互協力を行って参ります。


■ナレッジキャピタル 代表理事 宮原 秀夫(代理:事業統括部長 高橋 豊典)
CEA LETIとナレッジキャピタルは、2014年10月からスタートしている
スマートシティー構想の実現に向けた日欧共同の実証実験プロジェクト「FESTIVAL(フェスティバル)※2」をきっかけに関係性を構築しており、本年9月には、ナレッジキャピタルの代表団が、フランス・グルノーブル
にある「CEA LETI」の研究キャンパスを訪問するなど積極的な交流を図ってきた結果、今回のMOU締結に至りました。これを契機に、ナレッジキャピタルとCEA LETIの繋がりをより強固なものにしていくことで、相互発展に寄与したていきたいと考えております。


※1 CEA LETI とは
[画像2: https://prtimes.jp/i/14551/48/resize/d14551-48-388975-1.jpg ]

欧州最大規模を誇るフランス政府の研究機関「フランス原子力・代替エネルギー庁(CEA)」の技術研究部門所属の研究機関。1967年に設立され、グルノーブルに本部を置く。マイクロエレクトロニクスとナノテクノロジーの応用研究を実施する世界有数の規模を持つ研究所。

また、CEA LETIは産業界との結びつきが強く、独自に研究・開発された技術を産業界に転移することを目的に、
スタートアップ支援などの活動を積極的に展開している。CEA LETIは国際連携にも力を入れており、これまでに筑波大学、慶應義塾大学、千葉大学、国立情報学研究所、ペンシルバニア大学、ルイジアナ州立大学、MITなど、日本やアメリカ合衆国を始めとする諸外国の研究機関とMOUを締結している。

そのようなパートナーと、GIANT High Level Forumというイノベーション・エコシステムを支える研究・教育・産業分野のデシジョンメイカー達が集まるフォーラムを形成。このGIANT High Level Forumは、フランス国外においてカリフォルニアと東京に拠点があり、直近では2016年は、9月25日(日)から27日(火)までグルノーブルで開催された。


※2 日欧共同研究プロジェクト「FESTIVAL」とは
将来のインターネット分野における新世代ネットワークの研究開発を目的に、総務省所管のNICT(国立研究開発法人 情報通信研究機構)より委託を受けた国立大学法人大阪大学を代表研究者とするプロジェクトチームと、欧州委員会より委託を受けた欧州3各国(フランス・スペイン・イタリア)の研究機関による国際共同プロジェクトで、将来のスマートシティー構想の実現につながる研究です。(研究期間は平成26年10月1日から平成29年9月30日までの3年間)


【施設概要】
■施設名
ナレッジキャピタル
■所在地
〒530-0011大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪 北館
■施設案内
・The Lab.みんなで世界一研究所
(アクティブラボ.・カフェラボ・イベントラボ)
 地下1階〜3階
・フューチャーライフショールーム
 1階〜6階
・ナレッジシアター
 4階
・ナレッジサロン
 7階
・コラボオフィス・コラボオフィスネクス
 7階〜8階
・カンファレンスルーム
 8階・10階
・ナレッジオフィス
 9階〜13階
・コンベンションセンター
 地下1階〜地下2階
■運営組織・代表者
一般社団法人ナレッジキャピタル 代表理事 宮原 秀夫
株式会社KMO 代表取締役 三好 雅雄
■開発事業者
(五十音順)
NTT都市開発株式会社
株式会社大林組
オリックス不動産株式会社
関電不動産開発株式会社
新日鉄興和不動産株式会社
積水ハウス株式会社
株式会社竹中工務店
東京建物株式会社
日本土地建物株式会社
阪急電鉄株式会社
三井住友信託銀行株式会社
三菱地所株式会社



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る