• トップ
  • リリース
  • 当社初の受賞 音のユニバーサルデザイン化支援システム「おもてなしガイド」が、「IAUDアウォード2016」金賞を受賞

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

当社初の受賞 音のユニバーサルデザイン化支援システム「おもてなしガイド」が、「IAUDアウォード2016」金賞を受賞

(PR TIMES) 2016年12月12日(月)17時43分配信 PR TIMES

ヤマハ株式会社が提供する音のユニバーサルデザイン化支援システム「おもてなしガイド」が、「IAUDアウォード2016」(主催:一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD))において金賞を受賞しました。審査員からは「特に多くの訪日外国人を迎えるオリンピック・パラリンピックを2020年に控え、おもてなしガイドのシンプルさと実用性を高く評価しました。」と講評※されました。なお、本アウォードの受賞は、当社としては今回が初めてとなります。

※IAUDによる公式発表より: https://www.iaud.net/award/8077/
「おもてなしガイド」は、言語や聴力の違いにかかわらず、誰もが確実にアナウンスの内容を理解できるようにするために開発されたシステムです。「おもてなしガイド」に対応した施設では、専用のアプリを起動して、流れてくるアナウンスをスマートフォンのマイクで拾うだけで、その内容をさまざまな言語に翻訳された文字で確認することが出来ます。音で通信を行うため、インターネットに接続していない端末でも情報を取得出来るのも特徴です。現在、自治体、空港、交通機関、商業施設、観光施設などの協力を得て、数多くの場所でその有用性を検証する実証実験を進めています。
「IAUDアウォード」は、「ユニヴァーサルデザイン(UD)の更なる普及と実現を通して、社会の健全な発展に貢献し、人類全体の福祉向上に寄与すること」を基本理念として活動しているIAUDが主催するもので、その活動の一環として、民族、文化、慣習、国籍、性別、年齢、能力等の違いによって、生活に不便さを感じることなく、“一人でも多くの人が快適で暮らしやすい”UD社会の実現に向けて、特に顕著な活動の実践や提案を行なっている団体・個人を表彰するためのものです。
当社は今後も、「おもてなしガイド」のさらなる普及を通じて、全ての人に優しい「音のユニバーサルデザイン化構想」の実現に取り組んでいきたいと考えています。


[画像1: http://prtimes.jp/i/10701/48/resize/d10701-48-908129-0.jpg ]

「おもてなしガイド」ウェブサイト:http://omotenashiguide.jp

[画像2: http://prtimes.jp/i/10701/48/resize/d10701-48-365928-1.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/10701/48/resize/d10701-48-336058-2.jpg ]

[画像4: http://prtimes.jp/i/10701/48/resize/d10701-48-952318-3.jpg ]

[画像5: http://prtimes.jp/i/10701/48/resize/d10701-48-236213-4.jpg ]

[画像6: http://prtimes.jp/i/10701/48/resize/d10701-48-796729-5.jpg ]

12月9日(金)名古屋国際会議場で行われた表彰式の様子


<関連リンク>
http://omotenashiguide.jp/

ヤマハ ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※「おもてなしガイド」「おもてなしアプリ」「音のユニバーサルデザイン」「OMOTENASHI GUIDE」「Sound UD」は、当社の登録商標です。
※そのほかの文中の商品名、組織名などは当社や各社、各機関の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る