• トップ
  • リリース
  • アンダーワールドのフロントマン、カール・ハイドが『BOOKMARC』にて新著の写真展開催決定!最終日はカールが登場しリーディングとサイン会も!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

マーク ジェイコブス ジャパン株式会社

アンダーワールドのフロントマン、カール・ハイドが『BOOKMARC』にて新著の写真展開催決定!最終日はカールが登場しリーディングとサイン会も!

(PR TIMES) 2016年11月02日(水)17時20分配信 PR TIMES

ニューヨーク発ファッションブランド「マーク ジェイコブス」が手掛けるブックストアBOOKMARC(ブックマーク)
にて、カール・ハイドの新著出版を記念して、Karl Hyde “I Am Dogboy” PHOTO EXHIBITION を2016年11月5日(土)- 11月10日(木)11:00 - 20:00まで開催します。最終日、11月10日(木)19:00よりカール本人による朗読会とサイン会も行います。
『Karl Hyde (Underworld) “I Am Dogboy” PHOTO EXHIBITION』
■日時:2016年11月5日(土)-11月10日(木)11:00 - 20:00
『Karl Hyde (Underworld) “I Am Dogboy” ブックリーディング & サイン会』
■日時:2016年11月10日(木)19:00 – 20:30
■場所:BOOKMARC(ブックマーク)東京都渋谷区神宮前4-26-14
■ゲスト:カール・ハイド
[画像: http://prtimes.jp/i/2922/48/resize/d2922-48-762055-0.jpg ]

■対象商品:
Karl Hyde: I Am Dogboy
2016年11月5日(土)発売
Faber & Faber刊
販売価格:4,000円(税抜)
アンダーワールドのメンバー、カール・ハイドによる自叙伝的アートフォト・ダイヤリー。
アンダーワールドの公式サイトにて、16年間に渡って、ハイドが自身の考えや制作中の歌詞、ポエトリー、伝記的エッセイを日常の中で“発見した”風景や物の写真とともに綴ってきた日記の中から厳選した投稿に手を加えた自叙伝的ストーリー。幼少期からアンダーワールドの初期、比類なきエレクトロニック・アーティストとしての 25 年にもおよぶキャリアに対してのハイドの想いが綴られている。また本書のデザインは、ハイドの長年のコラボレーターで、アート・コレクティブ TOMATO の共同設立者でもあるジョン・ワーウィッカーが手がけている。

■展示作品:
Karl Hyde: I Am Dogboy 写真作品 オリジナル・プリント
販売価格:30,000円(税抜)〜
カール・ハイドがこのフォト・ダイヤリーのため撮り下ろした展示作品を特別に予約販売。サイン・エディション入り。(*会期終了後に発送。)

■プロフィール:
Karl Hyde (カール・ハイド)
1987年にリック・スミスとアンダーワールドを結成。また90年代以降、世界中のクリエイターからアート、音楽、ファッション業界に多大な影響を与え続けているクリエイティブ集団tomato の創立メンバーでもある。アンダーワールドとして映画監督のダニー・ボイルやアンソニー・ミンゲラの映画作品のサウンドトラックや、王立国立劇場やスコットランド国立劇場の舞台音楽なども手がける一方、ソロ・アーティストとして個展を開くなど画家としての顔を持ち、写真家や文筆家など幅広く活動。今年アンダーワールドとして6年振りとなる最新アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』をリリースし、自叙伝的アートフォト・ダイヤリー「I Am Dogboy」を発表した。

■注意事項
・対象商品・作品の準備数には限りがございます。完売の際にはご容赦ください。
・作品のご予約、お取り置きはお受けできません。予めご了承ください。
・天災などの不測の事態により、販売を中止する場合がございます。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る