• トップ
  • リリース
  • SOMPOホールディングスから出資を受け、シニア向け共同研究開発および睡眠サービス連携で事業共創開始:追加1.7億円の資金調達を実施、総額5.1億円調達でシリーズAラウンドを完了

プレスリリース

株式会社ニューロスペース

SOMPOホールディングスから出資を受け、シニア向け共同研究開発および睡眠サービス連携で事業共創開始:追加1.7億円の資金調達を実施、総額5.1億円調達でシリーズAラウンドを完了

(PR TIMES) 2019年07月08日(月)13時40分配信 PR TIMES


 テクノロジーで人々の睡眠課題を解決するSleepTech事業を展開する株式会社ニューロスペース(所在地:東京都墨田区、代表取締役:小林 孝徳、以下 ニューロスペース)は、SOMPOホールディングス株式会社(所在地:東京都新宿区、グループCEO代表執行役社長:櫻田 謙悟、以下 SOMPOホールディングス)に第三者割当増資を行い、SOMPOホールディングスグループ各社と高齢者の健康と睡眠の関係についての共同研究開発の検討、および法人・個人向けサービスにおける睡眠領域での相互連携を軸に事業の共創を開始いたします。

 また、ニューロスペースは、シリーズAラウンドとして、既にプレスリリースで公表済みの3.4億円の資金調達に加え、第三者割当増資および融資による追加1.7億円の資金調達(含むSOMPOホールディングス)を実施し、総額5.1億円の資金調達をもってシリーズAラウンドを完了したことをお知らせいたします。
 本ラウンドでは、東京電力フロンティアパートナーズ合同会社、日本ベンチャーキャピタル株式会社、東急不動産ホールディングス株式会社が運営する「TFHD Open Innovation Program」、合同会社ユーグレナSMBC日興リバネスキャピタル(リアルテックファンド)、およびSOMPOホールディングス株式会社等の計6社を引受先として、第三者割当増資を実施しております。また、三井住友銀行、みずほ銀行、商工組合中央金庫および東京東信用金庫より借入契約による融資を実行しております。

[画像1: https://prtimes.jp/i/20114/47/resize/d20114-47-709689-3.png ]

【SOMPOホールディングスからの資金調達に伴うグループ各社との事業共創】
 今回のSOMPOホールディングスからの出資に伴い、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:西澤 敬二、以下 損保ジャパン日本興亜)及びSOMPOホールディングスグループ各社と事業共創を進めてまいります。損保ジャパン日本興亜は、テクノロジーの急速な進化に伴う産業構造の変化を見据え、さまざまな社会課題を解決する新事業創造に向け、研究開発機関・企業・ベンチャーとの提携・投資・人材交流を通して、安心・安全・健康の領域で、社会的課題の解決につながるような事業にチャレンジしています。具体的に、SOMPOホールディングスグループ各社においては、個人・企業向け保険をはじめ、保険に付帯する健康維持・増進に資するサービスの提供、企業・健保向け健康経営ソリューションの提供、介護施設・サービスの運営・受託など幅広いフィールドで安心・安全・健康の領域における事業展開を行っております。
 
 今回の事業共創では、ニューロスペースの睡眠データ・科学的知見を活用した睡眠改善ノウハウ、およびセンシング・解析技術等のSleepTechを活用したアプリケーション・サービス開発の知見を連携し、主に高齢者の健康と睡眠の関係についての共同研究開発の検討、および法人・個人向けサービスにおける睡眠領域での相互連携を軸に事業の共創を推進してまいります。

■シニアマーケット
高齢者の睡眠に関連した社会課題に対する、睡眠改善による介入アプローチの探索等を予定

■法人マーケット
企業・健保向けのリスクマネジメントにおける睡眠領域での連携の検討

■一般個人マーケット
各種保険への付帯サービスとなる睡眠領域での連携の検討

【損害保険ジャパン日本興亜株式会社 ビジネスクリエーション部長 小坂佳世子氏からのコメント】
 損害保険ジャパン日本興亜は、安心・安全・健康の領域で、社会的課題の解決につながる事業にチャレンジしています。睡眠は様々な生活習慣病との関りがあるだけでなく、自動車運転事故や企業の生産性など、広範な社会課題と関係しています。このように重要な課題である睡眠に対して、科学的指標を用いた改善策を共同して開発していきたいと考えています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/20114/47/resize/d20114-47-175669-0.jpg ]

    写真左:損害保険ジャパン日本興亜株式会社 ビジネスクリエーション部長 小坂佳世子氏
           写真右:株式会社ニューロスペース 代表取締役社長 小林孝徳

【シリーズAラウンドでの資金調達の目的】
 本ラウンドの資金調達の目的は、企業の働き方改革・健康経営向け睡眠改善プログラムの拡大展開、および事業会社との協業を通じた一般生活者向けSleepTech事業共創の強化となります。これらの事業拡大に向け、ビジネスディベロップメント・エンジニア等の採用強化を行います。本ラウンドの資金調達の目的に関する詳細は、既に公表済みのプレスリリース(下記URL参照)をご確認ください。
https://www.neurospace.jp/post/2019040801

【株式会社ニューロスペースについて】
 企業向け睡眠改善プログラムを国内大手企業に提供し、企業の健康経営と生産性最大化を支援。また、最先端睡眠テクノロジーを活用し、独自の睡眠計測デバイスと解析アルゴリズムをもとに、共同研究開発も行う睡眠テクノロジーベンチャーです。
[画像3: https://prtimes.jp/i/20114/47/resize/d20114-47-880907-2.png ]

所在地:東京都墨田区横川1丁目16番3号 横川倉庫2F センターオブガレージ
代表者:代表取締役社長 小林 孝徳
創業:2013年12月
URL:https://neurospace.jp/
事業内容:睡眠センシング技術および簡易評価アルゴリズムの開発、睡眠ビジネスに関わる研究開発の技術的支援、睡眠改善プログラムによる企業の健康経営の支援、睡眠ソリューション開発支援ならびにアルゴリズムAPIのライセンス提供

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ニューロスペース 担当:小林・北畠
TEL: 03-5843-8733  E-mail: info@neurospace.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る