• トップ
  • リリース
  • 『ダイヤモンド・プリンセス』2017年日本発着クルーズ就航記念イベント開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社カーニバル・ジャパン

『ダイヤモンド・プリンセス』2017年日本発着クルーズ就航記念イベント開催

(PR TIMES) 2017年04月26日(水)12時52分配信 PR TIMES

〜2018年の商品発表のほか、プロジェクト・アンバサダーの萬田久子さんもプリンセスファッションで登場〜

プリンセス・クルーズでは、5年目の日本発着クルーズのシーズン開始にあたり、2017年4 月 20 日(木)に横浜港大さん橋 国際客船ターミナル、および停泊したダイヤモンド・プリンセスの船内において、2017 年日本発着クルーズ就航記念イベントを開催しました。
当日は、船内では内覧ツアーや2018年日本発着クルーズの商品発表が行われたほか、ダイヤモンド・プリンセスのエンターテイメントチームによるオリジナルプロダクションショー「Bravo」の一部が上演されました。レセプション会場では、2018年日本発着クルーズで新寄港地となる5県6港から知事、市長や代表の方々から、各地の紹介が行われました。また、プリンセス・クルーズのプレミアムな旅の魅力を発信していく2017年プロジェクト・アンバサダーのお一人である女優の萬田久子さんがプリンセスファッションで登場。初めてのクルーズ体験を控えた萬田さんには、プリンセス・クルーズ インターナショナル・オペレーション担当 エグゼクティブ・ヴァイス・プレジデント アンソニー H・カウフマンより萬田さんの夢でもあるバルコニーでのデラックスブレックファスト、人気の高いイタリア料理のスペシャリティ・レストラン「サバティーニ」でのお食事、そして洋上最大級の日本式大浴場「泉の湯」のご利用招待チケットがプレゼントされました。続いて、イベント1週間前に誕生日を迎えた萬田さんには、ダイヤモンド・プリンセスのスペシャルケーキが贈られました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/12778/47/resize/d12778-47-443241-0.jpg ]

ダイヤモンド・プリンセスの2017年日本発着クルーズ開始を記念したトークセッションや、2018年に新寄港地となる各県・市の代表挨拶が行われた。

株式会社カーニバル・ジャパン代表取締役社長堀川悟、萬田久子さん、プリンセス・クルーズ インターナショナル・オペレーション担当 エグゼクティブ・ヴァイス・プレジデント アンソニー H・カウフマンと新寄港地5県の代表の皆様
[画像2: https://prtimes.jp/i/12778/47/resize/d12778-47-168351-9.jpg ]

(左)プリンセス・クルーズ インターナショナル・オペレーション担当エグゼクティブ・ヴァイス・プレジデント アンソニー H・カウフマン


(右)株式会社カーニバル・ジャパン 代表取締役社長 堀川悟

[画像3: https://prtimes.jp/i/12778/47/resize/d12778-47-184790-3.jpg ]

ダイヤモンド・プリンセスのプリンセス・シアターで行われた船内イベントでは、ダイヤモンド・プリンセスのエンターテイメントチームによる、オリジナルプロダクションショー「Bravo」の一部を上演。迫力あるスペシャルパフォーマンスで会場を大いに盛り上げた。

[画像4: https://prtimes.jp/i/12778/47/resize/d12778-47-135853-4.jpg ]

トークセッションにプリンセスファッションで登場した萬田久子さんには、プリンセス・クルーズ インターナショナル・オペレーション担当 エグゼクティブ・ヴァイス・プレジデント アンソニーH・カウフマンより、サプライズギフトがプレゼントされた。


プリンセス・クルーズ2017年日本発着クルーズおよび、2018年のスケジュールに関するプレスリリースは、こちらからご覧いただけます。
http://www.princesscruises.jp/

プリンセス・クルーズの詳細については、日本語ページ(http://www.princesscruises.jp)をご覧になるか、各旅行会社までお問い合わせください。

プリンセス・クルーズについて
クルーズ業界で最もよく知られる名前の一つであるプリンセス・クルーズは、現在17隻の近代的な客船を運航する、世界的なクルーズ会社。革新的なデザインの客船で、食事やエンターテイメント、アメニティーの豊富な選択肢を、上質のサービスとともに提供。世界的なクルーズ会社のリーダーとして、年間170万人のゲストを世界中の目的地に向けて、4 泊から 111 泊のクルーズを運航。プリンセス・クルーズは、カーニバル・コーポレーション& plc (NYSE/LSE:CCL; NYSE:CUK)傘下の会社。

プリンセス・クルーズの主な受賞歴
●米国トラベル誌最大手「トラベル・ウィークリー」の「トラベル・ウィークリー・リーダーズ・チョイス・アワード2015」にて「ベスト・クルーズ・ライン・イン・アラスカ」を2015年12月に受賞。(9年連続の受賞)。米国でのベストクルーズラインであることが評価され「ベスト・ドメスティック・クルーズ・ライン」を同時に受賞
●米国のトラベル関連のウエブサイト「レコメンド」が主催する「リーダーズ・チョイス・アワード2015」にて、ベストクルーズライン クルーズコース部門賞を2014年に引き続き2015年12月に受賞
●「2015 トラベル・ウィークリー・アジア・リーダーズ・チョイス・アワード」のサービス・エクセレンス・カテゴリーでベスト・クルーズ・ライン賞を、2015年10月に受賞
●第1回「ジャパン・ツーリズム・アワード」で、観光関連産業部門の部門賞を、2015年8月に受賞
● 日本水先人会連合会が選ぶ「ベストクオリティーシップ2014」を、2015年6月に受賞
●日本外航客船協会主催「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2014」において、プリンセス・クルーズの日本発着クルーズが「グランプリ」受賞
●日本の歴史あるクルーズ誌「クルーズ」の読者投票「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」において2014年度、2015年度と、プリンセス・クルーズが「外国船社部門第1位」、客船『ダイヤモンド・プリンセス』が「外国船部門第1位」、「総合部門第3位」を二年連続で受賞
●英国クルーズ誌最大手「クルーズ・インターナショナル」主催「クルーズ・インターナショナル・アワード2014」において、「ベスト・クルーズ・ライン賞」受賞
●一般社団法人日本旅行業協会主催「JATA ツーリズム大賞 2013」において、「運輸部門優秀賞」受賞
●米国トラベル誌最大手「トラベル・ウィークリー」主催「トラベル・ウィークリー・マゼラン・アワード 2013」において、客船『ロイヤル・プリンセス』(新造船『リーガル・プリンセス』の同型姉妹船)が「ベスト・ラージ・クルーズ・シップ金賞」受賞
●米国トラベル誌大手「コンデナスト・トラベラー」主催「コンデナスト・トラベラー読者投票 2013」において、日本発着クルーズに就航している『ダイヤモンド・プリンセス』を含む客船6隻が「ベスト・クルーズ・シップ・イン・ザ・ワールド Top 20 ラージ・シップ」に選出
●日本水先人会連合会が選ぶ「ベストクオリティーシップ2012」を、2013年6月に受賞



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る