プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

PayPal Pte. Ltd. 東京支店

ANAでペイパルが利用可能になります

(PR TIMES) 2018年12月12日(水)14時40分配信 PR TIMES

 ANAは2018年12月12日より、ANAウェブサイトにおける国際線航空券の支払い方法にペイパルを採用します。
訪日需要が年々増加する中、ANAの国際航空券の新たな決済手段に世界中で2億5,000万以上のアカウントを持つペイパルが加わることで、より多くのお客様により便利にANAの空の旅を楽しんでいただけるようになります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/19784/46/resize/d19784-46-479495-1.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/19784/46/resize/d19784-46-340487-2.jpg ]



■サービス概要について
・開始時期 : 2018年12月12日(水)日本時間11:30より
・サービス対象 : ANAウェブサイトにおいて国際線航空券を購入する場合
※ANAウェブサイトを展開している以下にてサービスを開始
※対象:日本、香港、シンガポール、タイ、台湾、フィリピン、カンボジア、オーストラリア、アメリカ、カナダ、メキシコ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ベルギー、スイス

<ペイパルが加わった決済画面イメージ>
[画像3: https://prtimes.jp/i/19784/46/resize/d19784-46-861541-0.png ]



■ペイパルについて
ペイパルは 1998 年に設立以来、お金のやりとりをもっと自由に、もっと安全にすることを目指し、一貫してデジタル決済のイノベーションに努めてきた米シリコンバレーのフィンテックカンパニーです。 ペイパルは、消費者に対して安心便利なネット、リアルそしてモバイルでのショッピングや個人間送金(※1)を実現するデジタルウォレットサービスを提供する一方、ビジネスに対してはシンプルかつ低コストな決済ソリューションから、越境 EC・訪日観光 EC、モバイル・アプリ、 シェアリングエコノミー(C2C スキーム) 、 または次世代ショッピング&デジタルコマースまで対応できる幅広いプロダクトやサービスを提供しています。 現在では 200 以上の国と地域で、100 通貨 以上での決済、56 通貨で銀行口座への入金(※2)、25 通貨(※3)での支払いの受け取りが可能なネット決済のグローバルスタンダードとして、2 億 5,400 万人が世界中でペイパルを利用しています。ペイパルは世界をリードするオープンデジタル決済プラットフォームとして、昨年約 76 億件 の取引を決済し、うち27億件はモバイル決済でした。
ペイパルに関する詳細は about.paypal-corp.com をご参照ください。
また PYPL financial information については investor.paypal-corp.com をご参照ください。
ペイパルの日本語サイトは www.paypal.jp となります。
(※1) 日本では個人間送金には対応していません。
(※2) 日本では銀行への引き出しは、円のみです。
(※3) 日本では 22 の通貨に対応しています。
カナダドル、ユーロ、英ポンド、米ドル、日本円、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、スイスフラン、香港ドル、シンガポールドル、スウェーデンクローネ、デンマーククローネ、ポーランドズロティ、ノルウェークローネ、ハンガリーフォリント、チェココルナ、イスラエルシェケル、メキシコペソ、フィリピンペソ、ニュー台湾ドル、タイバーツ、ロシアルーブル



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る