プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

DJI、性能を向上させた大型ドローン、Matrice 600 Proを発表

(PR TIMES) 2016年11月14日(月)11時17分配信 PR TIMES

防塵仕様と正確な飛行制御を実現したプロ向け空撮プラットフォーム

 無人航空機(UAV)技術で世界をリードするDJIは、大型ドローンのラインナップに新たに「Matrice 600 Pro」を追加しました。「Matrice 600 Pro」は、優れた飛行性能と高性能バッテリー充電システムを実現、積載量も拡大し、プロフェッショナルレベルの空撮や産業用途に適しています。
[画像: http://prtimes.jp/i/15765/46/resize/d15765-46-419738-0.jpg ]

 フライトコントローラーの「A3 Pro」は、三重に冗長化されたモジュールと診断アルゴリズムを採用しています。これにより、3組のGNSSユニットから送られるセンサーデータをフライトコントローラーで比較検証することで、全体の安全性を高めながら、正確な飛行制御を強化します。また、新たに防振ボールがフライトコントローラーのIMUモジュールと主要なコントローラーに追加されたことで、揺れの吸収やノイズの低減が改良されました。

 A3 Proは、D-RTK GNSSと互換性があるため、磁気干渉に耐性があり、センチメートル単位での精度が得られます。これにより産業用途にも適してます。

「M600 Proは、空撮のプロカメラマンや業務用ユーザー向けの、DJIの最も進化したプラットフォームです。 M600 Proは、シンプルで組み立てが容易であること、3重の冗長化システムにより安定性がより進化したことで、プロフェッショナルユーザーに比類なき空撮体験をもたらします」 とDJIのシニアプロダクトマネージャー、Aaron Zhaoは述べています。

 DJIのE2000 Pro推進システムは防塵仕様のため、メンテナンスが容易になりました。さらに、モーター自体が冷却する設計になっているため、操縦が長時間に及んでも高い信頼性を実現します。

 M600 Proは、DJIのZenmuseカメラとジンバルシリーズ、Ronin-MX、DJI Focusと互換性があります。積載量も6kgまで対応しているため、マイクロフォーサーズシステムからRED EPICまでの幅広いカメラに対応します。

 M600 Proには、アームやアンテナがあらかじめ取り付けられており、折りたたむと標準のM600よりも小型になるため、機体は容易に運搬が可能です。また、6個のインテリジェント・フライトバッテリーを同時に充電できる最新のバッテリー充電ハブが同梱されており、全体の充電時間を短縮できます。

製品について詳しくはこちらをご覧ください。
< http://www.dji.com/jp/matrice600-pro >

高解像度写真は以下よりダウンロードできます。
< https://www.dropbox.com/sh/5el3drib6r779fd/AABSprpdiwN3W05lBRugIvORa?dl=0 >

DJIについて
DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なカメラ技術を開発、製造しているグローバルリーダーです。リモートで操縦できるヘリコプターに情熱を傾けるスタッフにより創業、運営されており、飛行制御技術と手ぶれ補正の分野におけるエキスパートです。世界中のクリエイター、イノベーターが空撮を行う際に、使いやすく、安全な商品を作ることをミッションとしています。営業拠点は北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、アジアまで拡大しており、 世界100ヵ国以上のユーザーが、映画、広告、建設、消防、農業、その他多くの産業分野においてDJI の商品を愛用しています。詳細情報についてはwww.dji.com をご参照ください。

DJIホームページ:< http://www.dji.com/ja >
Facebook: < https://www.facebook.com/dji.jp >
Twitter: < https://twitter.com/djijapan >
YouTube: < https://www.youtube.com/c/DJIJapan >
Instagram: < https://instagram.com/dji_japan/ >



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る