• トップ
  • リリース
  • “VTuberに触れる” を可能にする研究開発、“Project ToucH” 始動!大阪大学中西研究室協力のもと、第一弾企画となるVTuber握手会を発表。

プレスリリース

“VTuberに触れる” を可能にする研究開発、“Project ToucH” 始動!大阪大学中西研究室協力のもと、第一弾企画となるVTuber握手会を発表。

(PR TIMES) 2019年07月31日(水)13時40分配信 PR TIMES

クラウドファンディングにて、プロジェクトメンバーを募集致します。

株式会社ハロー(東京都渋谷区)は、VTuberを始めとしたデジタル上のキャラクターと物理的に「触れる」をテーマとした、最先端技術を駆使した研究開発”Project ToucH” 第一弾企画を大阪大学工学部/大学院工学研究科 中西 英之 准教授協力のもとで行うことを発表致します。
重ねてクラウドファンディングにて賛同して頂けるプロジェクトメンバーの募集と“VTuber握手会“イベント参加者の募集を8月2日18時より開始します。
クラウドファンディングURL https://camp-fire.jp/projects/view/176798
※8月2日18時より支援が可能となります。

◎“Project ToucH” とは

[画像1: https://prtimes.jp/i/15243/45/resize/d15243-45-499586-4.jpg ]

イラスト/なつめえり
メインキービジュアル、アートディレクションは、本企画に共感いただいた、イラストレーターのなつめえりさんが担当します。

株式会社ハローは自社VTuberである「響木アオ」のマネジメントを通して、2次元と3次元の垣根を超える表現ができないか模索して参りました。
ライブやファンイベントでは、必ずファンとの写メ会等、リアルなコミュニケーションにこだわってきました。テレビ東京VTuberドラマ「四月一日さん家の」への出演も、そのチャレンジの一つです。

[画像2: https://prtimes.jp/i/15243/45/resize/d15243-45-289553-0.jpg ]

響木アオ

VTuberも一人の人格として認められてきています。ほぼ、一人の人間と変わりません。
ただ、私たちはどうしても越えられない壁が存在することに気づきました。それが、“触れる”ことです。

今まで不可能であった「キャラクターに触れる」を可能にする、それが“Project ToucH”となります。

まずはプロジェクト第一弾の目標を「握手」と設定し、「響木アオ」と握手できる「アオちゃんの手」を製作して参ります。

段階を踏みながら「手」以外の部分でのコミュニケーションを行う事ができるプロダクトを順次製作していく予定です。

また、他企業キャラクターIPとコラボし、響木アオ以外のキャラクターで実現することも考えております。
[画像3: https://prtimes.jp/i/15243/45/resize/d15243-45-303910-5.png ]

◎製作進行について
プロジェクト第一弾の「握手」で肝となるのは、「握る事ができる手の製作」と「アオちゃんの手の再現」という点になります。

そこで今回、"Project ToucH"は大阪大学 中西 英之 准教授と研究チームにご協力いただきます。中西准教授は「遠隔地の人がまるで同じ部屋にいるかのような、リアルでインタラクティブなコミュニケーションを成立させること。」といった、いわゆるソーシャルテレプレゼンスの研究をされています。

[画像4: https://prtimes.jp/i/15243/45/resize/d15243-45-323341-6.png ]


「視覚だけの映像に身体接触という触覚を付加することでソーシャルテレプレゼンスを強化することができるのではないか」という仮説検証では、ビデオ会議の画面にロボットハンドを取り付け、「人の手のような柔らかさと温かさ」を見事に再現し、ロボットハンドによる遠隔握手は相手の存在感を増幅する効果のあることを証明しました。


[画像5: https://prtimes.jp/i/15243/45/resize/d15243-45-288975-7.png ]

また、「握る事ができる手の製作」と共に「アオちゃんの手の再現」が成されなければなりません。
手の「柔らかさ」や「質感」、「弾力感」、「水分」、「暖かさ」の再現を始め、手の皮に使用するシリコンの薄さ、耐久性など様々な方向から「アオちゃんの手」に適した素材を選定するために専門家と幾度も議論を交わしております。

[画像6: https://prtimes.jp/i/15243/45/resize/d15243-45-501309-8.jpg ]


◎クラウドファンディングについて
今回のクラウドファンディングでは、全てのリターンに「プロジェクトメンバー ID PASS 発行」という枠を作成致しました。メンバー ID PASSを持っている方はプロジェクトメンバーの一員として認められ、プロジェクトメンバー専用会員サイトにログインする事が可能となります。

プロジェクトメンバー専用会員サイトでは、「アオちゃんの手」製作の過程や開発状況の進捗を知る事ができ、プロジェクトの方針決定に関わって頂ける企画もご用意したいと考えております。

また、リターンには「響木アオ “Project ToucH” 記念ライブ」と「”Project ToucH” お披露目握手会」のチケットをご用意しており、「”Project ToucH” お披露目握手会」では完成した「アオちゃんの手」と握手して頂けます。

“Project ToucH”における「握手」はスタートに過ぎません。様々な「触れる」コミュニケーションをプロジェクトメンバーと共に実現していきます。

[画像7: https://prtimes.jp/i/15243/45/resize/d15243-45-610315-11.png ]



■株式会社ハローについて
[画像8: https://prtimes.jp/i/15243/45/resize/d15243-45-405258-10.png ]

【テクノロジーで新しいエンターテインメントを作る】をコンセプトに事業を展開。XR領域のR&Dを行いながら、様々な企業の商品プロモーション企画、メディアアート、オリジナルIP開発などを行なっています。
会社名の「helo」は「hello, hero」の略称で、世界中の優秀な人材=heroが気軽に集まり、新しい価値を生み出すことをあらわしています。

【社名】株式会社 ハロー- helo Inc.
【所在地】〒150-0034 東京都渋谷区代官山町1-6 広田代官山ビル7F
【設立】2014年3月28日
【URL】http://helo-helo.com/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る