• トップ
  • リリース
  • <事後リリース>DApps使用率、前年比3万倍と急成長!DApps市場拡大の先にある新たなインフラとなるブロックチェーン

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

<事後リリース>DApps使用率、前年比3万倍と急成長!DApps市場拡大の先にある新たなインフラとなるブロックチェーン

(PR TIMES) 2018年08月22日(水)12時01分配信 PR TIMES

〜白熱!「DApps総研設立記念イベント」、DAppsの展望他〜

ブロックチェーンを活用したアプリケーション「DApps」に関するコラムやニュースの配信、トレンドや実態調査を含むマーケットリサーチを行う、DApps総研(事務局:BaseLayer株式会社内、本社:東京都渋谷区)が2018年8月17日に開催した「DApps総研設立記念イベント」は、有識者のパネルディスカッションが繰り広げられるなど、ブロックチェーン及び、DAppsの展望について白熱したトークセッションとなりました。
■DApps総研公式サイト:https://dapps-info.com

[画像1: https://prtimes.jp/i/31637/43/resize/d31637-43-498796-0.jpg ]


■DApps総研設立背景〜DApps使用率、前年比3万倍!

[画像2: https://prtimes.jp/i/31637/43/resize/d31637-43-609283-1.jpg ]

 「快適な未来を創造するとして、様々な分野での活用が期待されているブロックチェーン技術。しかしいくらブロックチェーンが画期的な技術だとしても、世の中に浸透していくためには人が直接使えるものでなくてはならない。」そう語るのは、BaseLayer代表取締役の競氏。DAppsはそれを日常的に使える画期的なツールとして誕生しました。実際に、急速に普及が進んでいるDAppsですが、TRUSTNODESが2018年5月に発表した記事によると、イーサリアム上の約500個のDAppsのうち、過去24時間で10,759ETHが使用され、これは1年前と比較すると、約30,000倍となるとのことです。DApps総研は、ブロックチェーンがもたらす革命的技術を広く伝えるため、信頼できる情報源としての存在になるべく誕生しました。オンラインだけでなく、リアルカンファレンスの開催などを通じてDAppsの魅力を広めていきます。(参照:TRUSTNODES「More Than $7 Million Has Been Spent on Eth Dapps in the Past 24 Hours」)

[画像3: https://prtimes.jp/i/31637/43/resize/d31637-43-742494-4.jpg ]



■ブロックチェーン技術で日本経済を回復させる

[画像4: https://prtimes.jp/i/31637/43/resize/d31637-43-553170-2.jpg ]

 DApps総研主席研究員のRyan Silence(ライアン・サイレンス)氏は、「海外から見た日本マーケットの必要性」について語りました。「海外から見るブロックチェーンにおける日本市場はとてもポジティブな知覚です。2017年4月、資金決済法の改正により、仮想通貨の取引所は、金融庁への登録が義務づけられましたが、世界に先駆けて法制度が整備されたことは、世界のブロックチェーン・仮想通貨関係者から、日本市場を注目させるきっかけとなりました。今後金融規制と日本企業がうまく合致すれば、現在の日本経済が長年苦しんでいる状況から脱却し、日本経済にブロックチェーン業界が好影響を与えるでしょう。この新しいステージで日本が先に進めるチャンスを逃さないことを願います。」

■スケーラビリティ問題は早期に解決!ブロックチェーンが新しいインフラに
 パネルディスカッションでは、今のブロックチェーン技術の問題とポテンシャルについてスペシャルゲストの「Swissborg(スイスボーグ)」のAlex Fazel(アレックス・ファゼル)氏も交えて3名でトークセッションを行いました。このセッション内で最も白熱したトピックスとなったのは、ブロックチェーンの大きな課題の一つであるスケーラビリティと技術的な限界についてです。”インフラである”というのは同時に莫大なトランザクションを捌けるということですが、ブロックチェーンはまだその点を明確にクリアしているとは言えません。一方で、プロトコルレイヤーでの開発は数多く進んでおり、今はスマートコントラクトプラットフォームはイーサリアムが強いものの、この先どのプロトコルが主力のインフラとなっているかは予想つきません。いずれにせよこれらの課題は解決されるものだと3名は共通して強く確信しており、そのスピードは想像以上に早いと考えています。
[画像5: https://prtimes.jp/i/31637/43/resize/d31637-43-253644-3.jpg ]

■DApps総研とは

[画像6: https://prtimes.jp/i/31637/43/resize/d31637-43-713751-5.jpg ]

「DApp総研」とは、ブロックチェーンを活用したアプリケーション「DApps」に関するシンクタンクです。「DApps総研」では、同領域のニュースの配信、トレンドや実態調査を含むマーケットリサーチ、イベント・セミナー情報を提供し、世界を変えうるポテンシャルを秘めた世界中のDAppsがどのような未来を創造していくのかなど、DAppsの魅力を発信していきます。

■DApps総研 概要
名称  :DApps総研
サイト :https://dapps-info.com/
事務局 :BaseLayer株式会社内
事業内容:ブロックチェーンを活用したアプリケーション「DApps」に関するシンクタンク。
     業界ニュースの配信、調査・研究等

■運営会社概要
会社名 : BaseLayer株式会社
所在地 :渋谷区千駄ヶ谷3-14-5 第16スカイビル4階
代表者 :代表取締役 競仁志
事業内容:海外ブロックチェーンの日本向けPR・マーケティング・
     コミュニティマネジメントをワンストップで提供
TEL   :03-5775-1313
MAIL  :info@baselayer.asia
URL   : http://www.baselayer.asia/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る