• トップ
  • リリース
  • 大分県の企業と産業用ドローン、AI、情報システム等の共同開発を開始します。

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社エンルート

大分県の企業と産業用ドローン、AI、情報システム等の共同開発を開始します。

(PR TIMES) 2017年01月20日(金)14時43分配信 PR TIMES

九州地区の産業用ドローン製造強化と、地域ニーズにマッチした情報システムの構築を推進します。

株式会社エンルート(代表取締役社長 伊豆智幸 以下、「エンルート」)とモバイルクリエイト株式会社(代表取締役社長 村井雄司 以下、「モバイルクリエイト」)は、産業用ドローンの製造並びにAI・情報通信システム等の共同開発において業務提携をしました。
[画像: https://prtimes.jp/i/19742/43/resize/d19742-43-697255-0.jpg ]


エンルートは、昨年8月に大分県大分市に産業用ドローンの開発推進を目的とした研究所開設の立地表明をして、飛行ドローンの自律制御技術を、無人艇や、無人車両に応用し、漁業支援、水難救助、害獣対策、山間部・離島への物流などに活用できるよう研究開発をすすめております。
大分県に本社を置くモバイルクリエイトは、移動体通信事業を中心とし、IoT技術など産業用ロボットのインフラとなる技術を持っております。さらにグループ企業ではドローン事業も展開しております。
エンルートとモバイルクリエイトは、大分発信のドローン事業を展開することについて協業の可能性を模索した結果、製造面においてはモバイルクリエイトのグループ企業、開発面においてはモバイルクリエイトと協業することで両社にメリットが大きいとの結論に至りました。
製造面においてはエンルートが有するUAV(無人航空機)、UGV(無人地上車両)、USV(無人水上艦・水上艇)などの産業用ドローンの製造の一部をモバイルクリエイトのグループ企業が受託することで、大分県を製造拠点としてドローンの機体を供給してまいります。
今後は、ドローンがモバイル通信網につながり、クラウドからの遠隔操作にて自律飛行を行い、ドローンで得られた情報をビッグデータとしてAIが学習することで、様々な分野でのサービス活用が可能となると考えています。エンルートとモバイルクリエイトは、AIおよび情報通信システム等の開発においても協業をすすめてまいります。
そして、さまざまなモノがインターネットにつながるIoT社会における、ドローンと周辺技術を活用した新しいサービスを提供するとともに、大分県を一大拠点としたドローン事業を発展させてまいります。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社エンルート
電話:048-423-0126
メールアドレス:info@enroute.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る