• トップ
  • リリース
  • 本格的なサラウンドをこだわりの音質で楽しめるスピーカーシステム3機種を新発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社

本格的なサラウンドをこだわりの音質で楽しめるスピーカーシステム3機種を新発売

(PR TIMES) 2017年04月13日(木)13時48分配信 PR TIMES

〜ホームシアター向けスピーカーシステム“D-309Xシリーズ”〜

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:荒木 健)は、スリムなトールボーイタイプの「D-309XE」、小型ブックシェルフタイプの「D-309XM」、コンパクトなセンター用の「D-309XC」のスピーカーシステム3機種を発売し、ホームシアター向けスピーカーシステム“D-309Xシリーズ”として提案してまいります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/13593/43/resize/d13593-43-963604-0.jpg ]



商品名  2ウェイ・スピーカーシステム   
型番   D-309XE(B)/D-309XE(D)
希望小売価格(税別) 45,000円(1台)
発売予定時期  4月下旬

[画像2: https://prtimes.jp/i/13593/43/resize/d13593-43-681802-3.jpg ]

商品名  2ウェイ・スピーカーシステム
型番   D-309XM(B)/D-309XM(D)
希望小売価格(税別) 24,000円(1台)
発売予定時期  4月下旬

[画像3: https://prtimes.jp/i/13593/43/resize/d13593-43-107953-4.jpg ]

商品名  センター・スピーカーシステム
型番   D-309XC(B)/D-309XC(D)
希望小売価格(税別) 27,000円(1台)
発売予定時期  4月下旬


各スピーカーは、低音用と高音用のスピーカーユニットで構成されており、低音用のウーファーユニットには、自社開発のN-OMF振動板を採用し、量感豊かな低音再生を実現するとともに、振動板中央部の砲弾型イコライザーにより、音の滑らかさやスピード感を向上させ、クリアな再生を可能にします。高音用のツィーターユニットには最先端技術リングツィーターを採用し、可聴帯域の上限を超える100kHzまでの高域再生を実現することで、微小な音の成分を余すところなく表現します。また、ピアノ仕上げの黒とリアルウッド突き板仕上げの木目の2種類のモデルバリエーションをラインアップしており、お部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

さらに、大口径20cm A-OMFモノコックウーファーユニットを圧倒的にパワフルで正確なスピーカードライブ能力を誇る独自のデジタルアンプ技術「VL Digital」採用アンプ内蔵サブウーファーシステム「SL-D501(B/D)」(別売)と組み合わせることで、重低音の迫力ある5.1chサラウンド再生が楽しめます。

<“D-309Xシリーズ”とサブウーファーシステム「SL-D501(B/D)」の組み合わせ例>

[画像4: https://prtimes.jp/i/13593/43/resize/d13593-43-150048-5.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/13593/43/resize/d13593-43-375851-6.jpg ]


【主な特長】

1) 朗々と鳴り響きダイナミックな音楽性を引き出す自社開発N-OMF振動板採用のウーファーユニット
 ウーファーユニットには、強靭で固有のノイズが少ない不織布の3層コットンをベースに、アラミド繊維と
 ハイブリッド成形した自社開発のN-OMF振動板を採用しており、量感豊かな低音再生を実現します。
 また、振動板の中央部に装備した砲弾型イコライザーにより、周波数特性の乱れを防ぐことで、音の滑らかさや
 スピード感を向上させ、中低域のクリアな再生を可能にします。

2)微小な音までも豊かに表現し生々しい音楽再生を実現するリング型ツィーターユニット
 ツィーターユニットには、最先端技術リングツィーターを採用しており、振動板の内周と外周の中間点を駆動さ
 せるバランスドライブ構造によって、振幅の正確性を向上し、分割振動を抑えて20kHz近くまでのピストン
 モーション領域を実現。 目の前で歌っているかのような生々しい音楽再生を楽しむことができます。

3)内部構造までこだわったキャビネットを採用
 内部構造はエンジニアが試聴による音質検討を重ね、オンキヨー独自のノウハウを注ぎ込みました。D-309XE
 のキャビネットは、バスレフダクトや桟(さん)、吸音材の配置などを最適化。またD-309Xシリーズは
 前モデルからネットワーク基板を見直し最適化しています。

4)音質劣化を防ぐ金メッキ真鍮削り出しターミナルを採用
 スピーカーターミナル部には、導電性に優れる金メッキの真鍮削り出しタイプを採用し、接点における信号の
 伝送ロスを防ぎ、経年変化による信号伝導力の劣化も抑えます。D-309XEではバイワイヤリング仕様を採用
 しています。

5) その他の特長
・ピアノ仕上げの黒とリアルウッド突き板仕上げの木目の2種類のモデルバリエーションをラインアップ
・「D-309XE」、「D-309XM」※は、2chステレオ再生用のスピーカーとしてもお使い頂けます。

※ 「D-309XE」及び「D-309XM」を使った2chステレオ再生には、「D-309XE」「D-309XM」がそれぞれ2台
  必要となります。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る