• トップ
  • リリース
  • 【市場調査第3弾】マーケター必見!気になるあの商品を独自リサーチ テスティー、20〜60代男女を対象に「ノンアルコール飲料」に関する調査を実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社テスティー

【市場調査第3弾】マーケター必見!気になるあの商品を独自リサーチ テスティー、20〜60代男女を対象に「ノンアルコール飲料」に関する調査を実施

(PR TIMES) 2017年05月18日(木)12時17分配信 PR TIMES

〜20歳以上の約6割が飲用経験あり!半数以上がノンアルコールビールとカクテル・サワーを飲用〜

株式会社テスティー(本社:東京都港区、代表取締役:横江 優希、以下テスティー)は、運営するスマートフォンアンケートアプリ「TesTee」ユーザーのうち20〜60代の男女計6,823名を対象に「ノンアルコール飲料」に関する市場調査を実施いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/13425/43/resize/d13425-43-828066-0.jpg ]


<TOPICS>
■20代以上の男女およそ6割がノンアルコール飲料飲用経験あり。認知度は全体の9割以上と判明
■飲用経験のあるノンアルコール飲料1位はビール、2位はカクテル・サワー!
■飲用経験者はノンアルコール飲料に前向きな印象。飲用未経験者が持つ印象は「ジュースとの違いがわからない」
■ノンアルコール飲料を飲む理由は、飲み会などお酒を飲むシーンで雰囲気を壊さず楽しむため

<調査結果概要>
■20代以上の男女およそ6割がノンアルコール飲料飲用経験あり。認知度は全体の9割以上と判明
 まず、20代〜60代の男女6,823名を対象に「ノンアルコール飲料」の飲用経験について調査しました。その結果、57.3%の人が「飲んだことがある」と回答。「飲んだことはないが、知っている」と回答した33.4%と合わせると全体の9割以上の人がノンアルコール飲料を認知していることが判明しました。また、ノンアルコール飲料認知者に「ノンアルコール飲料を知った契機」について尋ねたところ「テレビCM」が65.9%と最も多く、次いで「店頭」32.1%、「WEB広告」14.8%という順番になり、「テレビCM」による情報波及効果の高さが伺える結果となりました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/13425/43/resize/d13425-43-565060-1.jpg ]

■飲んだことのあるノンアルコール飲料1位はビール、2位はカクテル・サワー!
 次に、ノンアルコール飲料飲用経験者を対象に「飲んだことのあるノンアルコール飲料の種類」を調査しました。第1位は「ビール」で68.3%、次いで「カクテル・サワー」が55.2%で第2位、「梅酒」が23.5%で第3位となりました。さらに、「ノンアルコールビール」飲用経験者に飲んだことのある商品を尋ねたところ「アサヒ ドライゼロ(アサヒ飲料)」が64.0%と最も多く、次いで「ALL-FREE (SUNTORY)」が53.3%、「パーフェクトフリー (キリン)」が18.4%となりました。「その他」と回答した人においては「SAPPORO+」「プレミアムアルコールフリー」などサッポロビールの商品名が挙がっていました。
 同様に「ノンルコールカクテル・サワー」について調査すると「のんある気分 (サントリー)」が79.6%と最も多い回答となり、次いで「ゼロカク (アサヒ飲料)」が40.3%という結果になりました。「のんある気分 (サントリー)」と回答した人が最も多く79.6%とおよそ8割もの人が飲んだことがあることがわかりました。次いで「ゼロカク (アサヒ飲料)」40.3%が続く結果に。「その他」と回答した人からは「居酒屋にあったメニュー」という回答が多く集まりました。他と大差をつけて1位となった「のんある気分」は、テレビCMをはじめメディア露出が多く頻繁に目にします。先ほど紹介したとおり「ノンアルコール飲料認知契機」の1位は「テレビCM」ですが、この結果をふまえると「テレビCM」は認知のみならず購入契機にもつながっていると言えそうです。
[画像3: https://prtimes.jp/i/13425/43/resize/d13425-43-445977-2.jpg ]

■飲用経験者はノンアルコール飲料に前向きな印象。飲用未経験者が持つ印象は「ジュースとの違いがわからない」
<飲用経験者・未経験者のノンアルコールに対するイメージ>

[画像4: https://prtimes.jp/i/13425/43/resize/d13425-43-787214-5.jpg ]

 次に、ノンアルコール飲料の飲用経験者と未経験者に「ノンアルコール飲料に対するイメージ」を伺いました。ノンアルコール飲料飲用経験者からは「お酒の気分を味わえる」「手軽に飲める」「健康的」「美味しい」といった前向きな印象が多く集まりました。ノンアルコール飲料飲用未経験者からは「ジュースとの違いがわからない」という印象が最も多く集まる結果となりました。


■ノンアルコール飲料を飲む理由は、飲み会などお酒を飲むシーンで雰囲気を壊さず楽しむため
 ノンアルコール飲料飲用経験者を対象に「ノンアルコール飲料を飲む理由」について尋ねました。最も多かった理由は「場面・雰囲気」で50.3%となり、次いで「味」が21.0%、「美容・健康面への配慮」が11.5%となりました。最も多かった理由の「場面・雰囲気」についてさらに詳細を調査してみると、「場面・雰囲気」と回答した人の内64.7%が「食事時・飲み会時」と回答しました。この結果から、お酒が飲めない事情がある場合でも場の雰囲気を壊さずお酒の席を楽しめるといった理由から「ノンアルコール飲料」を飲む人が多いことが伺えます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/13425/43/resize/d13425-43-771826-4.jpg ]

 さらなる詳細は若年層リサーチによる自主調査メディア「TesTee Lab(テスティーラボ)」にて公開しております。ぜひ、ご覧ください。
https://lab.testee.co/non-alcohol-result

 今後も人気商品や話題の商品にフォーカスを当てた市場調査を定期的に実施予定です。併せて自社商品・サービスに関する共同調査のご依頼も受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

【TesTee Lab記事内、質問詳細】
■ノンアルコール飲料認知度、認知契機
■種類別飲用率、種類別飲用商品、飲む頻度、イメージ調査
■初めて飲んだ契機、飲用理由・場面、選択時の意識
■ノンアルコール飲料とアルコール飲料の関連性、アルコール飲料の飲用率
■今後の意識、飲みたいと思う理由、飲みたいと思わない理由

<調査概要>
調査主体:テスティー
調査方法:スマートフォンアンケートアプリ「TesTee」を使ったインターネットリサーチ
調査対象:10代〜60代男女(TesTee登録会員)
割付方法:20代:2,442サンプル、30代:2,008サンプル、40代:1,621サンプル、50代:622サンプル
     60代:130サンプル 合計6,823サンプル
調査期間:2017年5月10日(水)〜11日(木)

【TesTee(テスティー)の概要】
「TesTee」は10〜20代の若年層ユーザーが充実しているスマートフォンアンケートアプリです。サービスや商品画像を軸としたスプリット型の直感的なプロモーションリサーチに加え、聞きたいことを自由に聞けるチャット型のプロモーションリサーチを行っています。
■対象機器   :iPhone、Androidアプリ
■登録ユーザー数:約52万人(2017年4月末時点)
■ユーザー属性 :
 男女比   男性45%、女性55%
 年齢構成比 10代33%、20代44%、30代13%、40代8%、50代〜2%
 ※登録ユーザー数およびユーザー属性は2017年1月末時点のものです
▼「TesTee(テスティー)」に関する詳しい情報は下記をご覧ください。
 https://research.testee.co/

【会社概要】
年々拡大するネットリサーチ市場において「若年層不足」「スマートフォン対応への遅れ」が業界課題として掲げられています。テスティーはこの課題解決をミッションとし市場のさらなる拡大に挑戦してまいります。
■会社名 :株式会社テスティー
■所在地 :東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル12F内
■設立  :2014年5月
■代表者 :代表取締役 横江優希
■事業内容:
 スマートフォンアンケートアプリ「TesTee(テスティー)」の開発・運営
 チャット型リサーチツール「Fast Sonar(ファストソナー)」の開発・運営
 10代・20代の若年層へのリサーチ結果を紹介する「TesTee Lab(テスティーラボ)」の運営

※本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット(「TesTee調べ」)の表記をお願いいたします。
※TesTeeは、株式会社テスティーの登録商標です。
※iPhoneは米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※AndroidはGoogle Inc. の商標です。
※その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。


 



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る